ビズリーチに登録すべき人と上手に使いこなす3つのポイントまとめ

転職エージェント

ビズリーチに登録すべき人と上手に使いこなす3つのポイントまとめ

投稿日:

 

転職希望者
転職でさらにキャリアアップして、キャリアを積み重ねていきたい!

これは、ある程度同じ会社でキャリアを積めるところまで積んだ人から転職相談を受けた時によく聞く言葉です。

同じ会社でのキャリアアップには限界があり、これ以上はキャリアを積むことができない天井にまでたどり着いてしまうことがあります。

そんな人たちに向けて、優秀な転職エージェントである、ビズリーチへの登録をおすすめしています。

なかなかどのような会社であっても、キャリアを積むことはそう安易にできるものではありません。

つまり、こんなキャリアの積み方を経験している人達は、優秀な人材です。

そんな人達に向けて、なぜビズリーチを紹介しているのか。この記事ではビズリーチに登録すべき人と使いこなすポイントをまとめます。

転職でキャリアアップしたい人。今の現状に満足できない上昇志向の人などはぜひ参考にしてください。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

ビズリーチとは?他の転職エージェントとの違い

転職希望者
ビズリーチは他とは何か違います。

私が転職相談の際に、優秀な転職エージェントとして、ビズリーチへの登録をおすすめした際に、よく心配そうな顔で、このように言われます。

ビズリーチは他の転職エージェントとは違うので、違うと感じて正解です。

ビズリーチは、主な利用方法として、登録して自らのキャリアを選んでくれる企業からのスカウトと、ヘッドハンターと呼ばれる転職エージェントの担当者からのスカウトを待つことになるので、他の転職エージェントとは違い、自分が希望する転職先を転職エージェントが探すわけではなく、転職エージェント側からのスカウトを待つところが、まず大きく異なるのです。

さらに、ビズリーチで用意される求人自体が、ハイキャリア向けのものばかりなので、ハイキャリアに特化した転職エージェントというサイトの特性も異なっています。

今まで、ハイキャリアの転職は、主にヘッドハンティングが中心となって行われてきました。優秀な人材は引き抜きでないと集まらないとの考えがあったからでしょう。

そこでビズリーチはここに目をつけました。ビズリーチに、ハイキャリアを持つ人に登録してもらい、ヘッドハンティングできる人材を選べるように企業側へ打ち出したのです。

さらに、転職希望者側も、機能制限さえ解放すれば、自らが求人に応募することも可能となっています。

これは革新的なサービスのため、ハイキャリアの人材とハイキャリアの人材が欲しい企業の双方に大変人気を博しているのがビズリーチです。

ですが、転職エージェントとはいえども、やはり基本的にビズリーチで主に転職に成功したハイキャリアの人達は、ヘッドハンティング。つまり、ビズリーチ内でのスカウトにて転職に成功した人ばかりなので、主な利用方法として、登録して自らのキャリアを選んでくれる企業からのスカウトを待つという利用方法となります。ここが大きく他の転職エージェントとは異なります。

 

年収が500万以上じゃないと登録できないって本当?

転職希望者
ビズリーチに登録の制限があるのでしょうか?

ビズリーチの批評サイトなどを見た人が受ける印象としてこのような印象を受ける人も多いでしょう。

ビズリーチに登録の制限はありません。

ですが、登録の途中で職務経歴書の審査があります。審査で承認されたら

  • プラチナスカウトの閲覧・返信
  • 公募求人への応募
  • プレミアムステージ(有料プラン)の無料体験

ができるようになります。ビズリーチは転職エージェントではめずらしく「有料」と「無料」のプランがありハイキャリアのために設定されている機能をフルで使うとなると、有料プランに契約し、月会費を支払うことが必要です。

ハイキャリア用に用意されている有料プランはプレミアムステージと呼びます。

さらにプレミアムステージの中でも枝分かれしており、2,980円プランがタレント会員と呼ばれ年収が750万円以下の人用。4,980円のプランがハイクラス会員と呼ばれ、年収が750万円以上の人用のプランが用意されています。

タレント会員 ハイクラス会員
2,980円(税抜)/30日 49,80円(税抜)/30日
年収が750万円以下 年収が750万円以上

このプランに加入しておくことは、ビズリーチを利用する上で転職の成功率に差が出ることを防ぐ意味でも必要となります。

最低でも有料会員は2,980円を12ヶ月。つまり35,760円は必要となるなり、気になればその人に連絡をしてみるというようなスタンスで利用している企業が多いので、動き方自体も緩やかなものとなります。

物理的にいつ連絡があるのかわからないものに、年間35,760円を先行投資として、払える人しか利用できない転職エージェントでしょう。

このようにビズリーチは、ハイキャリアにかなり特化した転職エージェントです。

管理職などのキャリアを持っていない人。年収が500万円に満たない人。このような人達は、無料プランでも、有料プランでも、何も音沙汰無しでしょう。かなりハードルが高い転職エージェントです。

ビズリーチに登録するべき人は、ハイキャリアを持っており、すぐに転職を考えているわけではなく、条件に合ったスカウトがあれば転職を考えるような人が登録するべき人でしょう。

 

登録から採用までの流れとスケジュール

ビズリーチは会員登録をすると、まず大きく分けて、

企業とやりとりを直接するのか

ヘッドハンターを介して企業とやりとりをするのか。

の2通りに流れが分かれます。

最初のきっかけが違うだけで、やりとりをした後は、面接などの選考を行い、内定が出され、内定承諾後に入社という流れになります。

では、肝心な最初のきっかけを少し掘り下げます。

企業とやりとりを直接する場合

企業と直接やりとりする場合に、やりとりする企業を見つける方法は3通りあります。

企業から届いたスカウトに返信か、検索で、掲載されている求人を検索し自分からコンタクトを取るか、求人条件と、職務経歴がマッチした場合に送られる求人案内のメールからコンタクトをとるかです。

企業とのやりとりの後は、企業の選考にそのまま進んでいきます。

ヘッドハンターを介して企業とやりとりする場合

ヘッドハンターを介して企業とやりとりする場合は、まずヘッドハンターが担当する案件に辿り着くまで3つのパターンに分かれます。

ヘッドハンターから届いたスカウトに返信するか、特定のヘッドハンターが保有している案件である、ヘッドハンターが掲載している求人を検索するか、ヘッドハンター自体を検索して、ヘッドハンターへ会うのかという3つです。

この3通りの方法のどれかでヘッドハンターにたどり着いた後は、直接ヘッドハンターと面談を行い、企業の選考に進むという流れです。

 

プラチナスカウトとは

ビズリーチは、企業側か、ヘッドハンターからのスカウトを待つという利用方法が中心です。

実はそのスカウトには、種類があります。「スカウト」「プラチナスカウト」の2種類です。どちらも、企業とヘッドハンターどちらからも届く場合があります。

「スカウト」は通常のスカウトですが、「プラチナスカウト」とはいったいどのようなスカウトでしょうか。

プラチナスカウトとは

転職希望者の経歴などが、求人に適していると感じたヘッドハンターや、ぜひこの人の経歴を自社で生かして欲しいと考えた企業が、面接を確定した上でスカウトをすることです。

ヘッドハンターからのプラチナスカウトだと、稀にヘッドハンターとの面接のみが確約されているだけの場合もあるので注意が必要ですが、役員や社長との面接が確定している場合もあります。

このように、面接を確定している事で、自分に興味があることを明確に伝えてくれるのがプラチナスカウトです。プラチナスカウトが届いた求人は逃さないようにしましょう。

 

実際に転職した人から聞くビズリーチの評判や転職事例

転職希望者
ビズリーチは思いも寄らぬ話が舞い込んできますね!

これは私が転職相談を受け、ビズリーチを利用して転職活動を行うことをおすすめした転職希望者が、転職に成功した時に伝えていただいたビズリーチの感想です。

その転職希望者は、中小企業で管理職を務めており、年収が上がる見込みがなくなってきたことに不満を感じ、内々に転職活動を始めていました。

最初は無料プランのみでビズリーチを利用していましたが、成果がないとのことだったので、有料プランに登録することを勧めました。

結果は、過去のIT関連での功績を評価したベンチャー企業より、プラチナスカウトが届き、即決で面接に向かい、内定を早々と得ていました。

ビズリーチは、基本的に、ハイキャリアが、キャリアアップを狙い転職するものとなるので、自分が納得するような条件さえあれば、今の地位に満足していない人ほど、転職を即決する人が多いように感じます。

さらに、ハイキャリアを持つ人が転職を希望しても、自分だけでは動きにくいことから、ハイキャリア向けに転職活動のきっかけを作っている時点で、ビズリーチの評判は上々です。

ただ、一部ネットでは、ビズリーチの評価を、転職先を紹介してくれなかったと評価している人もいます。

やはり、転職を確約するものではないので、その人がどれだけキャリアを積んでも、時期やタイミングによっては、紹介ができないことも往々にしてあります。

 

上手に使いこなす3つのポイント!

ビズリーチを使いこなすには大きく分けて3つのポイントがあります。

それぞれのポイントを押さえて上手にビズリーチを使うことで、理解が深まり、キャリアアップの転職が望めます。どんなポイントなのでしょうか。

評価は経歴主義の転職エージェントなので経歴は完璧に登録する

会ったこともない人物に興味を抱き、自社の力になって欲しいと企業が考える人材や、ヘッドハンターから、様々な企業に重宝される人材と判断されるための材料は過去の経歴以外にはありません。

過去の経歴がしっかりしていると、よりスカウトが届きやすくなります。

残念ながら、対面で全てのことを行うサービスではないので、ビズリーチは特に、経歴主義です。自分が経歴をそれなりに持っているのであれば、詳しく登録しましょう。

希望を明確に持つ

ハイキャリアがキャリアアップを検討して転職を希望すると、多くの人が漠然とした理由で動いてしまう傾向にあります。

年収や職種などに明確な希望を持っていないと、いざ転職に成功した際にミスマッチをまねく可能性があります。

経歴主義の転職エージェントなので経歴が良ければ良いほどスカウトはやってきますが、スカウトがどれだけ来ても求人を見たときに希望が明確になっていなければまったく見当違いの求人に魅力を感じてしまいます。

いくら経歴が素晴らしくても同じ会社で過去のキャリアを積んだ人ばかりなので、キャリアがいいものを持っている人ほどあまり転職を経験していない傾向にあります。

転職のイロハがわからない状態なので、様々なスカウトに返事をしていくのは危ない利用方法です。

ヘッドハンターなどの信頼できる人に相談をしながら利用していきましょう。

転職先への希望のハードルを安易に下げない

転職先のハードルを下げてまで良いキャリアの人が転職をする必要があるでしょうか。

自分がさらに成長できる。今後は会社を経営したいので知識を得たい。こんな思いがあるなら話は別です。

しかし、現状に満足していないことで、転職を希望しているようであれば、キャリアアップを狙わなければなりません。

安易に転職できるからという理由で、自分の今の条件以下のスカウトが来た場合に、興味を示す事はやめましょう。

 

若手・第二新卒の場合にはビズリーチが運営する「キャリトレ」がおすすめ

ビズリーチはハイキャリア専用の求人を扱っている過言ではない転職エージェントです。

ハイキャリアの転職を狙って、若手や第二新卒がビズリーチを使うなんて話もたまに聞きますが、残念ながら全くスカウトが来ないばかりか、エージェントにも相手にされないので、若手や第二新卒はビズリーチが運営するキャリトレを利用するようにしましょう。

キャリアップを目指し、自分が過去に様々なキャリアを築いてきた自負がある場合、転職を希望するなら、ビズリーチへ登録しましょう。

キャリアアップの機会に恵まれ、今後の人生がさらにより良いものとなるはずです。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.