事前に知って得する20代での転職のコツ

20代

20代必見!転職活動をする前に知っておきたい10個のポイント

更新日:

社会人経験の浅い20代での転職は何かと悩みが多いものです。

会人となり自分の目指すべき理想ができ、新たな一歩を踏み出そうと考えているものの、どこから始めたら良いのかわからず、うまく動けずにいる、そのような20代の方も多いかと思います。

また、特に20代は今の自分の経験に自信が持てないため、事前に準備をしておきたいものの、どのような事に取り組んでおいた方が良いのかわからず、転職活動がなかなか進まない方も多い事でしょう。

20代に限った話ではありませんが、転職の成功の秘訣は事前の情報収集にあります。求人情報だけでなく、転職活動の一般的な知識や、市場の傾向、そしてその対策など、しっかりと情報武装して活動に臨みましょう。

ここでは、そんな20代のあなたが転職活動を始めるにあたり、是非知っておいてもらいたいポイントをまとめてみました。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

20代に人気のお仕事ランキング

20代に人気のお仕事ランキング

異業種に挑戦するなら20代の転職が絶好のチャンス!

需要が拡大
人手不足
未経験でもチャレンジできる
異業種からの転職のしやすさ

などを踏まえて、20代に人気でおすすめのお仕事をランキングでまとめてみました。

 

第1位:営業職

未経験を積極的に採用する企業が多く、20代の若手が有効であり、業界の幅もあります。

営業の基本をマスターすれば、業界を問わず、多岐にわたる活躍が見込めるのも魅力です。

特別な資格も必要ありませんし、何しろ市場すべてが活躍フィールドとなりますので、需要がなくなることもありません。

 

第2位:エンジニア職

こちらも未経験から採用をおこなっている企業が多く存在する職業です。

ひとことにエンジニアといって多種多様な形態があり、募集されている求人のバリエーションも多くあります。

20代であれば習得スピードの早さも見込めるため、一生モノのスキルを手に入れることも可能です。

 

第3位:福祉介護職

圧倒的に人手が不足している業界のため、20代からのチャレンジが喜ばれる職種です。

少子化にともない、介護サービスの需要は年々高まってきています。

また、資格がなくても始めることができますし、資格を習得すると、さらなる活躍が見込める職業です。

 

おすすめの職種はこれ!

おすすめの職種はこれ!

20代では、転職経験も少なく、色々な職種を経験したことがある人はまだ少ないことでしょう。

社会人になってまだ数年の時期に何を経験するかは、将来のキャリアプランニングにとって重要なことです。

「スキルが見える」「スキルが実感できる」

そんなあなたに是非ともおすすめしたい職種は、

ずばり、ソフトウェアエンジニア、プログラマです。

 

エンジニアはこんなお仕事

ソフトウェアエンジニアと一言で言っても幅広いのですが、基本的にはパソコンを使ってアプリケーションを作ることです。

アプリケーションはパソコンやスマートフォン上で使用するものや、洗濯機や自動車などの機械を制御するものもあります。

パソコンの知識やスキルが求められ、平均年収は593.7万円と他の職種よりも少し高め。

 

エンジニアのおすすめポイント

今の社会、色々なものが自動化・アプリ化されていますが、エンジニアの数はとても少なく圧倒的に足りていません。

まさに絶好の売り手市場で、未経験や専門知識がない人を受け入れる研修制度が充実している会社が増えてきています。

また、転職が多い業界でもあるので、転職回数が多い人への偏見がないところも魅力といえるでしょう。

おすすめの職業とはいえ、すべての人に合うとは限りませんが、これからのお仕事選びに是非、参考にしてみてください。

 

未経験でも問題なし!20代にチャンスがある業界

未経験でも問題なし!20代にチャンスがある業界
「異業種に転職したい!」、でも経験がないとなにかと不安ですよね。

どの業界でも未経験を受け入れている企業はありますが、職種によっては偏りがあります。

ここでは特に未経験者、20代を多く受け入れ、雇用慣れしている業界をご紹介します。

 

美容業界

ほとんどが女性なので、結婚や出産などの理由で人の入れ替わりが常にあります。

今現在働いている人も未経験からのスタートが多いため、美意識があれば受け入れてもらえます。

近年では男性のネイリストや、受付スタッフなども増えてきており、男女共にチャンスがある業界と言えるでしょう。

 

ホテル・旅館などの宿泊業界

日本が次期オリンピックの開催地となったことにより、外国人観光客が年々増え、これから必ず成長していく業界です。

そのため求人が多く、専門的なスキルが必要ではないので未経験でもチャンスがあります。

 

飲食業界

正社員でなくても、アルバイトで飲食店を経験したことがある人は多い事でしょう。

その時の経験を生かし、転職をすることができる業界と言えます。

また、飲食業界では学歴や職歴よりも、人物やキャラクター重視で採用する特徴があります。

 

IT業界

未経験の方が先入観や固定概念もなく、知識や技術を吸収してもらいやすいと考える企業が多く見受けられます。

20代の転職には最適な業界といえます。

専門知識がないと転職できないのでは?と思われがちですが、研修制度が充実している企業も多いので、安心して転職できるでしょう。

 

男性・女性別の転職先の選び方

男性・女性別の転職先の選び方

大事な転職で失敗しないためにも企業選びは慎重に行い、見極めなくてはなりません。
特に社会人経験が少ない20代においては、重要なポイントです。

また、男性と女性では企業を選ぶ際に気をつけなければならないポイントが異なります
押さえなくてはならない条件をしっかり確認し、転職を成功させましょう。

 

男性の場合

仕事にやりがいをもてる

自分の軸にあった仕事を探しましょう。

何のために転職するのかどんな仕事をやりたいのか今後のキャリアビジョンはどうするのか

具体化して面接に臨むことで、自分のやりたい仕事ができるかどうかを判断することができます。

 

条件、待遇が明確になっている

自分がやりたい仕事だとしても、条件面に不満があるようだと長く働くことはできません

転職先を選ぶ際、あとでトラブルにならないように、「労働条件通知書」などを発行してもらい、必ず書面で確認するようにしましょう。

雇用条件の明示は労働基準法にも明示が義務付けされているものですので、遠慮なく依頼しましょう。

 

離職率が低い

離職率とはある一定の期間で何人の社員が退職をしたかを比率で表すものです。

つまり、離職率が低い=会社に長く働いている社員が多いということになります。

離職率の低い企業に共通するのが「休日がしっかりと取れる」、「教育制度が充実している」、「年収が高い」など、働く上で重要なところがしっかりしています。

男性は体力がある分、頑張りすぎてしまうこともあるので、前の会社の方が良かった、といったことにならないためにも、転職先の離職率には注目してみましょう。

 

女性の場合

女性に対する配慮がある

女性にとっては人生のライフイベントである結婚・出産をしたあとも長く働けるように、産休・育休が整っているかは必ずチェックしましょう。

生理休暇など女性が活躍するための様々な制度を作っている企業もあります。

福利厚生がしっかりしている会社は、社員のことを大事に思っている会社だと言えます。

 

勤務時間の調整ができる

長くとも法定労働時間8時間である事は当然ですが、それよりも短い時間での労働が可能かどうか。

また、仕事終わりに託児所によるなどする場合に早退が可能かどうか。

女性にとっては、そのような勤務時間の調整が不可欠となります。労働時間の相談ができる企業を選びましょう。

 

仕事にやりがいが持てる

女性も働く時代です。

色々な環境がそろっていたとしても、やはり、仕事にやりがいが持てないようだと長く続けることはできません。

長く安定して働くためにも仕事内容はしっかりと確認しましょう。

 

企業は転職回数をこう判断する!

企業は転職回数をこう判断する!
転職経験がある方が転職を考えた時に最初に気にするのは転職回数です。

転職回数とは、一般的に、「正社員として在籍した企業数 – 1」の回数を指します。

企業の人事は、20代なら3回、30代なら 3~4回で回数が多いと判断します

また、回数が多くなると、書類選考が通過しにくくなるのはもちろんですが、我慢が足りない?またすぐに辞めてしまうのでは?人間関係に問題があったのでは?といった先入観を植えつける事となります。

さらに、回数だけではなく、その期間も重要です。就業期間が長い場合は好印象短い場合は減点対象となります。

転職市場の状況が変わり、キャリア、スキルをアピールする時代となり、転職回数だけで書類選考が通らない事はなくなってきています。

転職回数が多くとも、それぞれの職歴での経験、得たスキル、学んだことを、自身の言葉で話し、ここに至るまでに必要な転職であった事をアピールしましょう。

転職回数がどのように判断されるかを知り、ぜひあなたの今後の転職活動にご活用ください。

 

転職時の年収アップのポイントを解説

転職時の年収アップのポイントを解説

大きな年収アップを狙える時期としては、スキルの磨き具合で成果に大きく違いはあるものの、概ね20代後半が年収アップの一番良い時期となります。

経験をフルに活かす事で年収アップが見込めるため、同業界・同職種の企業への転職が基本となります。

 

ポイント1:幅広く活動する

転職先の企業を探す際、大手企業はもちろんですが、時には、知名度を気にせず、幅広く可能性を求めていくことも重要です。

特に20代の転職では幅を広げて活動する事が有効です。

思いもよらない企業があなたの経験を高く評価してくれる可能性があります。

 

ポイント2:職歴は詳細に記載する

企業がどんなポイントで判断するかはわかりません。

自分ではあまり重要と思っていない事が、その企業での判断基準になっている可能性も大いにあります

20代は経験が少なく書ける事が少ないとは思いますが、些細なことも可能な限り詳細に記載し、職歴は出し惜しみしないようにしょう。

 

ポイント3:見えない報酬も考慮する

内定前に希望年収もしっかりと伝え、年収の計算方法も細かく人事の方に聞きましょう。

福利厚生も見えない報酬となっている企業もありますので、直接的な年収アップとはなりませんが、要チェックポイントです。

最後に、年収アップの捉え方として、現時点でのアップと、その後の評価によるアップの両面から検討する事をおすすめまします。

年収は企業の給与制度評価制度の組み合わせにより、変わってくるところになります。この両面から判断するようにしてください。

 

20代が持っていると得する資格を公開

20代の転職においては、ポテンシャル採用が大半となっています。

そのため、資格を持っているかどうかで結果が大きく変わってきます。

ただ、まずは特別な資格と言うよりも、職種の選択を広げるような資格を持つ方が、今後のキャリアアップにつながってきます。

20代でスタートラインとなる、絶対持っていた方が良い2つの資格をご紹介します。

 

運転免許

もっているだけで仕事の選択の幅が広がり、プライベートでも利用可能で、かつ3ヶ月ほどで取得できるかなり万能な資格といえます。

バスや重機などの特殊な運転は別の免許が必要となりますが、普通免許を持っていることで、そのようなチャンスも得られる可能性が高くなります。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

これからは間違いなくITの時代となります。今はアナログな職種でも、近い将来はデジタル化が進んでくる事は明白です。

そのため、会社でパソコンを利用する機会も増え、パソコンの基本的な操作や、エクセルやワードで資料を作成する事が普通になってきます。

こちらも仕事だけでなく、プライベートでも利用可能なスキルとなりますので、取得しておいて損はしないでしょう。


さらに、一歩踏みこんで、転職時に業界を問わず評価され、柔軟性、将来性をアピールすることができる資格を集めてみました。

 

TOEIC

英語能力だと考えている人も多いかと思いますが、実は企業はこのスコアでその人がどれだけ継続して努力できる人材であるのかを計っています。

500点以上で履歴書に記載できるレベルとなりますが、700点以上がベストです。逆に500点以下は記載しない方が良いでしょう。

 

簿記2級

役立つ求人が多い資格の1つです。

一般企業だと3級でも問題ありませんが、2級を取得していると、税理士、会計事務所の事務員レベルと評価されるため、20代での転職の幅が広がります。

 

秘書検定

かなり狙い目の資格です。社会人としての基礎をしっかりと学んでいる事をアピールする事ができます。

また、準1級以上になると、難易度がかなり高くなり、さらに面接が必須となる試験になってきます。

知識だけではなく、実際に行動ができる人材としてより強く企業に認識してもらうことができます。

 

みんなの成功談・失敗談(20代編)

みんなの成功談・失敗談

成功と失敗は本人の感じ方で変わってくるもので、最後は本人の判断によります。

他人の体験談はあくまで参考として、自身の転職に活かしてください。

 

成功談

経営理念はもちろんですが、経営状態も確認しながら企業の選定をおこないました。

結果、会社の雰囲気も良く、入社後も安心して働けています!

経営と採用は連動して動いていくものだと思いますので、経営のうまくいっている会社は総じて良い会社ではないかと思います。

(Aさんの場合)

 

転職は辞める時から始まっています。明確な退職理由と転職目的がある事で企業に責任感を感じてもらえたのではなかと思います。

(Bさんの場合)

 

20代の転職は、自分の市場価値もわからず、どんな企業の求人があるのかもわからない、そんな状態での活動となっていました。

そんな時、転職エージェントに客観的に評価してもらい、アドバイスをもらえた事で、自身の方向性が定まりとても助かりました。

(Cさんの場合)

 

失敗談

入社して間もなく転職した企業が倒産してしまいました。

経営の状況が悪い会社は個人の頑張りとは関係なく、結果として倒産や廃業となってしまう事があります。事前に経営状態を確認しておくべきでした。

(Dさんの場合)

 

次の事をあまり考えずに前職を退職してしまいました。辞める時に次の目的を定めていないと転職活動があいまいになってしまい、面接でもうまく話すことができませんでした。

おかげで想定よりも転職活動が長引いてしまいました。

(Eさんの場合)

 

色々なサイトや掲示板で情報収集して転職活動をしていましたが、それぞれ事情が異なるためそのまま参考にすることができず、

結局自分にはどんな可能性や選択肢があるのかわからなくなってしまいました。

(Fさんの場合)

 

転職で悩んだら、まずはここに相談!

転職で悩んだら、まずはここに相談!
転職は自身で悩んでいてもなかなか答えが見つからないものです。

そんな時にどこに相談するべきかまとめてみました。あなたの状況に応じて利用してみてください。

 

エージェントサービス

転職のプロに相談でき、客観的なアドバイスを得られる民間サービスです。

基本的に登録は完全無料で、全国に拠点があり、業種や職種に応じた個別説明会も全国で開催されています。

エージェントはあなたのキャリアプランの見直しから一緒になって手伝ってくれます。

その上で、本当にやりた仕事ができる職場を提案してくれます。

 

近くの同僚、先輩

あなたの気持ちや置かれている状況に関しての理解度は高く、親身になってくれる可能性は高いです。

ですが、転職はその会社を否定することであり、相談した同僚や先輩をも否定する行為となります。

場合によっては、嫌がらせや外部への漏洩リスクなども考慮しておく必要があります。

また、転職のプロではないため、的確なアドバイスは得られにくいでしょう。

お互いの顔はみえない点が違いますが、口コミも同様となります。

 

ハローワーク

無料で相談でき、地元求人に関する情報量が多いのが特徴です。

さらに、親身になって相談に乗ってくれる相談員も多く、キャリアに自信がなくても気軽に相談できるという大きなメリットがあります。

ただ、相談員は転職のプロではないため、あなたのキャリアについて具体的なアドバイスを受ける事はできません。

 

エージェントサイトの賢い利用方法

エージェントサイトの賢い利用方法

エージェントを利用することで転職活動がかなり広範囲で展開できるようになります。

また、エージェントサービスは無料で受けられるものがほとんどです。

利用方法を踏まえて、登録だけしてみても良いでしょう。

ここでは転職エージェントを有効に利用する際のメリットを3つにまとめてみました。

 

情報収集をおまかせできる

大企業から中小企業まで、圧倒的な量の企業情報を持っていることが大きな特徴です。

自分でインターネットを検索して得られる情報もありますが、通常では絶対に知ることができない企業の情報はもちろん、通常では入手できない未公開求人情報を持っています。

特に20代の転職活動においては、情報量の多さは選択肢の幅を広げ、判断材料が多くなり、結果として転職を成功させる重要なポイントとなります。

 

レジュメのアドバイスをもらえる

良いレジュメを書くには、自分自身でのふりかえりも大切ですが、第三者観点でのアドバイスがとても有効となります。

エージェントは大勢のレジュメを見ていますので、自分では気づけない特徴や、記載しておくことで優位に働く情報を教えてくれます。

情報量が少ない20代の転職時にはこのアドバイスは大変ありがたい事です。

 

企業との伝達係になってもらえる

20代での転職は、はじめての転職活動である事も多いことでしょう。

そのため、よくある失敗として、面接時に肝心な事を聞きそびれてしまったり、緊張し過ぎて入社意欲をうまく伝えられなかったりする事があります。

そんな時はエージェントに依頼して、企業に聞いてもらったり、意思を伝えたりすることができます。エージェントは当事者ではないため、そんな利用方法もあります。

自分から確認することが苦手な方、または場馴れしていない若手、20代で転職する場合には登録しておきましょう。

 

おすすめのエージェント

「慣れない転職で具体的に何をすれば良いのか分からない!」
そんなあなたにおすすめなのがプロの転職アドバイザーに頼ること。
無料で履歴書・職務経歴書の添削や、面接の対策をしてくれます。
たくさんある転職エージェントの中でも特に20代・第二新卒・既卒におすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビジョブ20's(マイナビジョブ トゥエンティーズ)

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

20代の転職市場を熟知している専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングをしてくれ、
適性診断を用いた客観的な分析であなたにぴったりの求人を厳選してくれます。

キャリアアドバイザーと一緒に相談しながら決め、選考通過率を高めるために応募書類の添削も行ってくれます。
書類作成のコツや、業界・職種を理解する相談会などの無料イベントがあるのが嬉しいですね!

リクルートエージェント

転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手です。

業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握してキャリアプランを考えてくれます。

幅広く求人を持ち、歴史もある老舗なのでメインの転職活動拠点として登録すべきでしょう。

今すぐ転職は考えておらず、相談だけでも登録OKです。

リクルートエージェントの評判まとめ~特徴・口コミ評価・利用のコツ~

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか? また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したい ...

続きを見る

doda(デューダ)

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

口コミで満足度が高いのがdoda。ワーク・ライフ・バランスを実現、未経験からのキャリアチェンジ、評価してもらえる企業への転職など、転職者の要望をかなえる実力派転職エージェントが揃っています。

無料の年収査定サービスや作るのが難しい職務経歴書を簡単に作成してくれるツール、大規模な転職フェアなどあらゆる方向から転職活動のサポートをしてくれる。

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

 

まとめ

20代の転職は、業界の経験だけでなく、社会人経験も少ない中での活動となります。

そのような中で、転職のプロであるエージェントにサポートしてもらうことは、あなたの転職活動をより効率的にすることができます。

ただ、転職活動は自身の将来を決めるとても重要な活動でもあります。すべてをエージェントにお任せしてはいけません。

転職活動の全貌をしっかりと理解し、その上で足りない部分をエージェントに補ってもらうようにすることで、より良い転職活動になってくることでしょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.