リクルートエージェントの紹介と求人登録・応募・面接の手順

転職エージェント

リクルートエージェントの評判まとめ~特徴・口コミ評価・利用のコツ~

更新日:

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか?

また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したいですね。

転職実績45万件以上という、転職エージェント業界No.1の実績を誇るリクルートエージェント

実際にリクルートエージェントを利用し転職活動を行った方100人以上の口コミ評価を元に、リクルートエージェントのメリットとデメリット、さらに利用の流れと上手な使い方のポイントをまとめました。

それでは早速、リクルートエージェントの特徴を見ていきましょう。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

リクルートエージェントの特徴~他社との違いとは~

新卒採用なども手掛ける人材サービスの大手「リクルート」の転職エージェントであるリクルートエージェント。

リクルートエージェントをはじめとする転職エージェントは、求人募集広告を検索して自分で転職活動を行う転職サイトとは違い、履歴書や職務経歴書の添削・面接対策などのサポートを、費用をかけずに無料で受けることができます。

このようにメリットの多い転職エージェントですが、中でもリクルートエージェントが人気の理由は何でしょうか?そこで、他の転職エージェントと比較した時のリクルートエージェントの強みをご紹介していきたいと思います。

※転職エージェントは、応募者が就職すると、企業が転職エージェントに対して応募者の年収の3割程度を支払うという仕組みのため、求職者が料金を支払う必要はなく、有料になることはありません

他の転職エージェントにはないリクルートエージェントの強み

他の転職エージェントと比較した際の、リクルートエージェントの特徴は以下の通り。

  • 求人数が多い
  • 求人紹介やアドバイスが的確
  • サポート体制が整っている
  • 企業との交渉に長けている

1つずつ順番に見ていきましょう。

求人数が多い

リクルートエージェントの一番の強みは、約30万件という、業界最大の求人数。リクルートエージェントの初回面談で100件以上紹介されたという方もいらっしゃいます。

自分では見つけられなかった案件を紹介してくれた

地方Uターンという条件を満たし、さらに年収アップにも繋がった

他の転職エージェントでは紹介できる案件がないと言われたが、リクルートエージェントでは案内してくれた

というリクルートエージェント利用者の口コミからも、リクルートエージェントは全国の業種や職種をカバーしていることが分かります。

リクルートエージェントであれば、志望の条件に合う案件が見つかる可能性も高く、おすすめです。

求人紹介やアドバイスが的確

リクルートエージェントには優秀なキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

実際に、リクルートエージェントでのキャリアを活かして独立するアドバイザーも数多くいるほど。

しっかり話を聞いた上でアドバイスをしてくれた

希望通りの案件を紹介してくれた

希望と違う場合は理由をきちんと説明してくれた

など、担当者の提案力に満足しているリクルートエージェント利用者の口コミが多くあります。

さらに、リクルートエージェントには、業界ごとに、その業界出身で転職経験がある専門アドバイザーもいるので心強いです。

サポート体制が整っている

リクルートエージェントは、長年の実績から、ノウハウやデータを大量に保有しています。

そのため、リクルートエージェント利用者の口コミには

業界に詳しい社内の人を連れてきてくれた

過去の面接質問例を使って、面接の傾向を事前に教えてくれた

電話で面接練習に付き合ってくれた

など、熱心なサポートに関する評価が多いです。

また、満足度99%の面接力向上セミナーや、企業の詳細や選考のポイントがまとめられたAgent Report、履歴書を作成できるPersonal Desktop(アプリあり)など、リクルートエージェント独自のサポートサービスも充実しています。

さらに、リクルートエージェントでは万が一選考の結果がうまくいかなかった場合も、落ちてしまった理由を教えてくれるので、次回に活かしやすいことも特徴です。

企業との交渉に長けている

企業からの信頼が厚いリクルートエージェントは、内定率が高い・年収交渉が得意と言われています。

リクルートエージェントの利用者からは

他の転職エージェントと比較して面接が通りやすかったと感じる

志望企業に一度落ちてしまったが、担当の方が別部署配置を提案してくれたため再度受け直し、内定できた

という声もあります。

このようにメリットの多いリクルートエージェントですが、利用の際の注意点も。そこで、次の項目では、リクルートエージェントのデメリットを見ていきたいと思います。

口コミ評価から見るデメリット

リクルートエージェント利用者の口コミを元にリクルートエージェントの低評価の理由をまとめると、以下の通り。

リクルートエージェントの注意点まとめ

ココに注意

  • 対応が遅い可能性
  • 担当者の押しが強いことも
  • 親身さに欠ける場合も

対応が遅い可能性

リクルートエージェント利用者の中には「いつでも連絡が取れる状態だった」という方もいる一方で、「連絡が遅かった」という方も。

リクルートエージェントは登録者が多い分、1人のキャリアアドバイザーが複数の求職者に対応します。1人にかけられる労力が限られているため、気になったら自分から問い合わせるなど、自ら働きかける姿勢も大切です。

担当者の押しが強いことも

リクルートエージェントには熱心な担当者が多い分、積極的すぎて営業色が強いと感じる方も。「リクルートエージェントは内定後のクロージングがすごかった」「早く転職するように促された」など、迷っている場合やじっくり考えたいという時に強引な印象を持つこともあります。

担当者にはノルマがあるため、マッチングに積極的ですが、自分の軸を大切に、焦らず判断していきましょう

親身さに欠ける場合も

リクルートエージェントは、多くの求職者を抱える大手であるがゆえ「流れ作業のように感じた」という方も。

また、「未経験で大手事務職を希望していたが、中小企業を勧められた」など、条件に対して市場価値が低いと判断されてしまうと、希望の案件の紹介がない可能性もあります。これまでの仕事などから自分の価値をしっかりアピールすることが大切です。

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントは、担当者のスキルや経験によってサポートの質にはばらつきがあります。そのため、リクルートエージェントなどの転職エージェントを利用する場合は、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 自分の希望をしっかり伝える
  • 担当者との相性が合わなかったら変更を申し出る
  • リクルートエージェントだけでなく、他の転職エージェントも併用する

最後に、リクルートエージェントの登録の流れ上手な使い方のコツをご説明したいと思います。

リクルートエージェント利用の流れと上手な活用のポイント

リクルートエージェントの登録の流れは、具体的に以下の通り。

登録から入社までの流れ

  1. リクルートエージェントのサイトから登録:3分程度で完了
  2. リクルートエージェントから連絡が来る:面談の日程調整・予約
  3. 面談:直接または電話で相談可能
  4. 求人紹介:応募企業向けの書類添削・面接対策あり
  5. 応募・面接:企業とのやりとりはリクルートエージェントの担当者が代行
  6. 内定:リクルートエージェント担当者による年収交渉や入社日調整、退社のアドバイス

 

リクルートエージェントの活用方法まとめ

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも圧倒的な規模で、幅広い地域・業界をカバーしています。優秀なエージェントが担当者になれば転職も成功しやすくなるでしょう。

リクルートエージェントは、他のエージェントと比較する基準にもなるので、転職エージェントを通じて転職活動をされる方はまずはリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

 

また、リクルートエージェントだけでなく、リクルートエージェントと合わせて他の転職エージェント(IT系や経理、海外転勤、外資系など志望業界・職種に特化した転職サイトなど)を2~3社併用することもおすすめ。リクルートエージェント以外におすすめの転職エージェントは、以下のランキングにまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

【転職エージェントランキング】職種別におすすめの登録先を徹底比較!

転職を考える際は、転職活動の心強い味方である転職エージェントの利用をおすすめしますが、知名度を比較してただ有名なエージェントに登録すれば良いというわけではありません。 各エージェントの強みには違いがあ ...

続きを見る

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.