女性が転職に成功するためのコツと選ぶべき転職サイト

女性

女性が転職に成功するためのコツと選ぶべき転職サイト5選!

更新日:

転職に成功するために必要なのは、なんといっても「自分に合った転職サイト選び」です。

すでに転職サイトを利用している人ならわかると思いますが、転職サイトの数はとても多く、サイトによって特化している部分はそれぞれ違います。

特に女性のキャリアには、結婚や出産、夫の転勤など、さまざまなライフイベントがかかわってきます。転職サイトを選ぶなら、そんな女性のキャリア事情に寄り添ったサイトであることが一番です。そこで今回は、女性に人気な転職サイトをご紹介しながら、転職に成功するためのコツを解説していきたいと思います。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

女子に人気な転職サイト6選!

女性に人気の転職サイトで見ておくべきこととして以下2つのポイントが重要です。

・女性に寄り添った求人をたくさん持っているかどうか

・女性のキャリアを考えたサポート・サービスが充実しているかどうか

 

また、これらと合わせて、実際に転職実績がどれくらいあるのかという点もしっかり見ておきましょう。実績のあるサイトは、それだけサポートが手厚く信頼がおけるということになります。

そんな女性にとって理想的な条件をそろえた、人気の転職サイトは以下のとおりです。

  • Woman Career(ウーマンキャリア)
  • リクナビNEXT
  • リブズキャリア
  • ベティ
  • とらばーゆ
  • ウィメンズワーク

では、それぞれの転職サイトのおすすめポイントや特徴を見ていきましょう。

1位 Woman Career(ウーマンキャリア)

Woman Career(ウーマンキャリア)

Woman Careerは、大手転職エージェント「doda」が運営している女性特化型の転職サイトです。

女性のキャリアアップのほか、出産・育児を見据えた転職、資格取得をして新たな仕事にチャレンジするために転職など、条件に合わせて求人を探すことができます。

とくに、転勤なし・産休育児休暇の取得、託児施設完備など、先を見据えた“こだわり条件”に該当する求人も数多く掲載しているのが、Woman Careerの大きな強みです。

Woman Career の 特徴・強み

  • 大手転職エージェント「doda」が運営
  • 産休・育休・託児施設有りなど、子育てと両立できるピックアップ求人が多い
  • 資格取得制度のある仕事が豊富
  • 女性のキャリアアドバイザーが親身になって対応してくれる
  • 20代女性の転職にも強い

こんな人におすすめ!

現在子育て中の方は、今後将来を見据えて育児と仕事を両立していきたい方におすすめです。

資格取得制度のある仕事もピックアップしているので、「今とは違う職種にチャレンジしたい」「働きながら女性に有利な資格を取得したい」という希望も叶えられます。

 

リクナビNEXT

広告やテレビCMなどでもよく目にする、リクナビNEXTは女性に特化した転職サイトというわけではありませんが、数ある転職サイトの中でも規模が大きく求人数・会員数も最大級といわれています。

リクナビNEXTだけの限定求人の数も非常に多く、女性からの支持も厚いのが魅力となっています。たくさんの求人をチェックできるメリットはやはり大きく、登録は済ませておいて損はないでしょう。転職決定数の実績も、ナンバーワンクラスの規模です。

 

リブズキャリア

リブズキャリアは、女性のキャリアのための転職サイトです。転職サイトはたくさんの数がありますが、リブズキャリアのように「女性のため」と特化した転職サイトは少ないので、ぜひ利用を考えておくべきです。

特にリブズキャリアは、年収400万以上の求人を探す女性にはおすすめです。まだまだキャリアウーマンとしてバリバリ仕事をしていきたい女性には、経歴を活かせる魅力的な求人がたくさんあります。

女性が活躍できることをうたっている大企業の求人もあり、転職を機にキャリアアップに挑戦したい人にはぴったりです。

 

ベティ

ベティは、IT求人に特化した女性のための転職サイトです。近年、IT系の職種の需要はどんどん高まっており、転職を機にIT業界にチャレンジする人も多いです。

未経験でも挑戦できる求人も多く、中小企業から大企業へキャリアアップしたい人にもおすすめです。

転職お祝い金(最大10万円)やスカウトメールなどのサービスも充実しています。特にIT業界での経験がある人は、魅力的な企業からのスカウトも多いでしょう。

 

とらばーゆ

とらばーゆといえば歴史も長い転職サイトの1つなので、名前だけなら知っているという人も多いでしょう。

とらばーゆにはアパレルやコスメ、看護師、美容関連など、女性に人気の求人がたくさんそろっています。女性の転職にこだわったサイトなので、「産休・育休取得実績あり」という条件を絞って求人を探すことも可能です。

運営元もリクルートなので、知名度・実績ともに信頼がおける転職サイトです。

 

ウィメンズワーク

エン・ジャパンが運営する女性向け転職サイトといえば、ウィメンズワークです。女性に人気の事務、秘書、受付、人事、経理などオフィスワークを中心として、求人情報を毎日更新しています。

ウィメンズワークに掲載されているのは正社員、もしくは正社員登用ありの求人のみなので、正規雇用の転職を考えている人にはおすすめです。大企業の求人も多数掲載されています。

 

転職サイト・転職エージェント・転職イベント3つの違いは?

転職サイトをチェックしていて、

転職サイト
転職エージェント
転職イベント

この3つの違いについて気になった人は多いのではないでしょうか。

もしくはなんとなく知ってはいるものの、具体的な違いはよくわからないという人も意外と多いでしょう。

転職サービスにはさまざまなものがあります。これまで紹介してきた転職サイト、そして転職エージェント、転職イベントの違いはどこにあるのでしょうか。

転職サイト

転職サイトは、求職者自らがサイト上で求人を探し、企業への応募から面接日の調整まで自ら行なっていくサービスになります。自分の好みや条件に合わせて自由に求人を選択できるため、自由度の高い転職活動ができます。

ただし、自由であるからこそ、全て自分でやらなければならない手間があるのは確かです。場合によっては情報収集に時間がかかったり、自分に合った企業をなかなか見極められなかったりなど、効率の悪さが目立つこともあります。

転職エージェント

転職エージェントは、転職サイトのように転職者向けの求人を紹介してくれるサービスですが、より求職者に対するサポートを行なってくれるのが特徴となっています。

一人一人に担当のキャリアアドバイザーがつくため、求人応募の相談はもちろんのこと、企業との面接日の調整などは基本的にアドバイザーにお願いすることができます。

仕事をしながら転職活動をする人にとっては、アドバイザーのサポートを受けられることは大きなメリットになります。また、転職について知識豊富なアドバイザーのサポートにより、的外れな選考を減らすことができるなど、効率の良い転職活動ができるといえます。

ただその分、自分で好きなように求人を探せるといった自由度は、転職サイトと比べて劣るのが特徴です。

転職イベント

転職イベント(転職フェア)とは、1つの会場に複数の企業が集まり、自社のアピールをするイベントです。大型のイベントの場合、200社以上の企業が参加することもあるため、自分の知らない企業を知るのには良いきっかけになります。また、イベント内では各企業の担当者と直接話すことができるため、各企業の雰囲気を知ることができます。

情報収集の手段の1つとして、転職イベントに参加するのもおすすめです。

転職サイトで仕事を探すときの検索のコツ

転職サイトで仕事を探すとき、検索の方法にこだわることは転職成功率を上げるための第一歩になります。

何しろ転職サイトが掲載している求人情報は非常に数が多いため、希望職種を上から順に眺めるだけでは、条件にぴったり合う企業に巡り会えない可能性があります。

特に女性の転職において、条件にこだわることはとても重要なことです。

ただし、最初から希望条件を絞り込むことはおすすめしません。絞り込み過ぎると、該当する求人も少なくなるため自分に合った求人を見つけにくくなるケースがあるからです。

例えば、

・給与

・残業時間

・経験の有無

・勤務時間

など、働き方においてどうしてもはずせない条件にまずは絞った状態で、希望職種・希望エリアで絞り込んで探してみましょう。そのうえで出てきた求人を、一つ一つ比較しながら見ていくことが重要になります。

また、求人情報はこまめに更新されるため、同じ条件でまた日を置いて検索することも大切です。

転職に成功している人のサイト活用法

転職に成功している人の多くは、転職サイトを複数活用しています。1つのサイトにこだわらず、複数のサイトに登録して求人を見つけていくことも成功の秘訣です。

サイトによって非公開求人や、特化している求人がそれぞれあるため、複数利用した方が成功率が上がります。

また、転職サイトと転職エージェントの併用もおすすめです。転職サイト、転職エージェントにはメリット・デメリットがそれぞれあり、取り扱う求人内容も変わってきます。両手段を併用しながら、転職活動を進めた方が、自分に合った求人を見つけられる可能性はアップします。

女性で転職するのに有利になるおすすめの資格

資格を保有していることは、少なからず転職に良い影響をもたらします。資格がなければ応募できない求人もありますし、特定の資格保有者のみに届くスカウトメールなどもあります。

女性の転職に有利と言われている資格には、以下のようなものが挙げられます。

転職に有利な資格

・ITパスポート

・登録販売者

・ファイナンシャルプランニング技能士(FP)3級

・WEBデザイン技能士

・保育士

・キャリアコンサルタント

・宅地建物取引主任者(宅建)

・管理業務主任者

・通関士

・行政書士

どれも立派な国家資格です。上から順に取得難易度は上がり、より専門的な知識が必要となります。難易度が高い資格ほど、専門分野で活躍できるといえるでしょう。

既婚女性が正社員として転職するのは厳しいって本当?

「既婚女性が正社員として転職するのは厳しい」という話を耳にすることもあるでしょう。それは単純に、企業側の本音として「採用しづらさ」があるからだといえます。

女性が働きやすくなった社会とはいえ、冒頭でもお伝えしたとおり、女性のキャリアには出産や育児、夫の転勤などさまざまなライフイベントが影響します。

企業側は「すぐに辞められたら困る」という思いがありますから、ライフイベントにより進退の影響を受けやすい既婚女性の採用には当然慎重になります。

転職は、求職者の「これから長く働きたい」という意思と、企業側の「長く働いてほしい」という意思がマッチングしてこそ成立するものです。

このため既婚女性が転職の成功率を上げるためには、面接時に自ら、

「育児には区切りがついているので、正社員として長期的に働きたい」

「子どもはいるが2人目の予定はないため、正規雇用を希望したい」

など企業側の懸念を払拭する意思を伝えることがポイントです。

事務職から異業種転職もあり!女性におすすめの職業

事務職は多くの女性が働いている職種です。一般事務、営業事務などのオフィスワークから、異業種への転職も考えている人は多いでしょう。

近年、女性におすすめの職業として注目度が高まっているのは以下のような職業があります。

ITエンジニア

IT業界は今、転職において完全に売り手市場です。特にエンジニア職は非常に需要が高く自身のキャリアや応募する企業によっては高待遇も見込めます。

プログラミングスクールに通えば未経験でもIT知識・スキルを身につけることができます。転職サポートのついたスクールもあるため、何かと有利に働くことは多いです。また、中途採用の際、エンジニアとしての研修を企業が設けていることもあり、この場合はIT業界の経験がなくても挑戦できる可能性があります。

美容・ブライダル

プライベートでもおしゃれに興味がある女性は、エステティシャンやブライダルコーディネーターなどの職種がおすすめです。

業界未経験でも求人を出している企業はとても多く、自分自身の興味を活かせる点はプラスに働くでしょう。オフィスワークで仕事に物足りなさを感じている人にもおすすめです。

クリエイティブ

未経験では挑戦しづらいと思われがちなクリエイティブ職ですが、IT業界の発展の波にあわせて、クリエイティブ業界もかなり未経験OKの求人は増えています。

WEBデザイナーやWEBディレクター、イラストレーター、DTPオペレーターなど、クリエイティブ関連の職種は幅が広く、さまざまなキャリアにチャレンジができます。これを機に、自分のアイデアを活かしてやりがいのある仕事に就きたい人にはとてもおすすめです。

まとめ

女性の社会進出により、女性の転職に特化した転職サイトが近年は増えてきました。男性以上に結婚や出産などのライフイベントが仕事選びに影響するため、女性ならではの悩みに寄り沿った転職活動ができる転職サービスが求められています。

まずは女性向けの転職サイトを複数ピックアップし、あなたに合った求人が見つかりそうなサイトに登録してみましょう。様々な転職サイトを吟味することで、あなたにあった求人に出会うことができ、転職活動がうまく進んでいくはずです。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.