転職にマイナビエージェントを登録するのがおすすめな理由!口コミや評判も

転職エージェント

転職活動にマイナビエージェントがおすすめな理由!口コミや評判も含めてご紹介

投稿日:

転職希望者
転職エージェントがありすぎて、どの転職エージェントを利用したら良いかわからない…!

近年は、転職エージェントが乱立し、転職エージェントを利用したくても、どの転職エージェントを利用すれば良いのかわからないとの相談が年を増すごとに増えてきました。

私はそんな時、特に転職を初めて経験するような人ほど、マイナビエージェントをおすすめしています。

マイナビエージェントは転職エージェントの入門編のような転職エージェントです。

この記事では、マイナビエージェントが転職活動におすすめできる理由をお伝えいたします。

転職活動を始めたいと考えている人、転職エージェント選びに困っている人などはぜひ参考にして、有意義な転職活動を始めましょう。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

マイナビエージェント特徴と強みをご紹介

転職希望者
マイナビエージェントってよく見るけどいったいどんな転職エージェントなの?

マイナビエージェントは、面接指導や履歴書の添削などに力をいれていることから、どこよりも親切な対応をするという特徴を持っています。

さらに、多岐に渡るサービスを展開しているマイナビグループだけあって、転職サイトなど、自社の他サービスと連動したサービス展開を行なっていることに強みを持っています。

マイナビエージェントは、転職希望者に個別に対応する担当者を、キャリアアドバイザーと言っています。そのキャリアアドバイザーは、他の転職エージェントより、格段に親身なことで有名です。

私が転職相談にのっていた転職希望者へ、親身な対応を実際にキャリアアドバイザーは行ってくれています。

こんな事例がありました。当時、その転職希望者は、他の転職エージェントで、紹介できる求人がないと言われ、すがるようにマイナビエージェントに行くと、「確かに紹介できる求人がないかもしれない。だけどこちらも一生懸命探すので、その間面接や履歴書の添削などの対策を一緒にしませんか」と言われたとのことでした。

こんな事例が私の身の回りでも起きているので、親身に対応しているということは、このような姿勢からも、事実だと声を大にして言いたくなるほどです。

実際に、マイナビエージェント自体も、ホームページなどで、親身な対応を行なっている姿勢を打ち出し、強みとして打ち出しています。

マイナビエージェントは、8割の非公開求人を持っているので、マイナビエージェントに頼ると、マイナビエージェント側から、仕事が紹介されずに終わることが考えにくい点も、親切さを感じられる理由の一つです。

そんなマイナビエージェントへは、多くの転職希望者が、他の転職エージェントよりも親近感を持っています。

この、親近感の正体は、親身な対応はもちろん、就職活動の際に、マイナビの新卒採用サービスのサイトをエントリーの際などに利用していた人が多いことも起因しています。

転職エージェントを探したときに「マイナビ」と出てくると、自分が新卒の際に利用した経験から安心感を覚え、思わず気になってしまう人も多いはずです。

マイナビは、マイナビグループとして、新卒採用サイトの運営から、転職サイトの運営。さらにはアルバイト採用サイトの運営など、人材における様々なサービスを展開しています。

マイナビグループとしてサービス間での連携もとっており、他のサービスで出ている求人を転職エージェントで掲載できるように営業が直接交渉するなどで連携を取っています。このような形で、他サービスと連動をする強みを持っています。

マイナビエージェントの口コミや評判

ポイント

マイナビエージェントは困った時の助け舟!

私は、他の転職エージェントを利用することで嫌な思いをした経験を持つ人や、なかなか転職先が決まらないような人にも、マイナビエージェントへの登録をおすすめするようにしています。

マイナビエージェントはその親切さゆえに、困っている人にとって助け舟のような役割を果たしています。

実際に私が転職相談を受けた転職希望者の中で、別のエージェントを何社か利用したものの、全く転職先が決まらず困っている転職希望者がいました。

その転職希望者へ、マイナビエージェントの利用をおすすめし、実際に利用すると、キャリアアドバイザーが親身に対応し、模擬面接を行なった際の問題行動を指摘されました。

その行動を改善することで、企業へ選考に向かうと内定をもらえた。なんて話もあります。このエピソードのように、マイナビエージェントの利用者が、マイナビエージェントに良いイメージを抱くので、評判は上々なものです。

キャリアアドバイザーのサポート内容

ポイント

親切なサポートが売り!

様々な転職エージェントが、丁寧や親切という言葉を使ってサポートの手厚さをアピールしていますが、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーほどサポートが親切な転職エージェントは他にありません。

どんな内容でサポートしてくれるのかをまとめていきます。

条件の調整

内定後に、勤務開始日や、年収の調整などを転職先の企業と行ってくれます。

キャリアアドバイザーは転職希望者、面談を重ねることで関係を築くことを重視しています。

これは、転職希望者が転職先とミスマッチとならないように転職先への希望を全て聞き出して、転職希望者が転職先に求める希望をなるべく叶えるよう、尽力するためです。

そのために、話しやすい雰囲気を作ることをキャリアアドバイザー側が重視しています。

応募企業に合わせたサポート

キャリアアドバイザーは、応募先の企業がどのような人材が欲しいのかを理解しているので、その企業が欲しがっている人材像に転職希望者を合わせて転職を希望している企業の人事が会いたくなるような、履歴書を作れるように支援するなどの対応を行なってくれます。

具体的には、履歴書の添削や模擬面接などで応募先の企業に合わせたサポート。つまり、転職活動対策を行ってくれます。

これまでの実績

マイナビエージェントはこれまでに大手企業への紹介実績もあり、楽天リサーチの2018年1月調べの20代に信頼されている転職エージェントにて1位を獲得するなど、転職エージェントとして積みあげてきた実績が年々増えてきています。

というのも、転職エージェントの実績や信頼は登録者の数。つまりは転職を紹介できる人の母数で決まりますが、その登録者が年々増加傾向の一方です。

つまり、年を追うごとに信頼が増加傾向にあり、どんどんと企業と転職希望者をマッチさせています。

求人数や求人の種類

マイナビエージェントは、掲載求人の2割を公開し8割を非公開としています。

その求人の中には、マイナビエージェントだけの独占求人も存在しています。

マイナビエージェントは、8割の非公開求人を元に転職希望者へ求人を紹介し、その企業へ採用という形が一貫してとられている転職エージェントなので、掲載求人数が正確な数を公開していません。

一部マイナビエージェント外のサイトなどで詳しく数が掲載されていますが、以前のものなので、現在の数字とは参考にならない数字です。

そのため、実際は求人数が多くあるのか、不透明な面もあります。ですが、求人数が少ないというわけではありません。

マイナビグループの強みを生かし、むしろ求人数は他社よりも多く用意されていることが考えられます。

私の元に転職相談に来た転職希望者が軒並みマイナビエージェントを利用し、求人の紹介を受けていることから、それなりに数が用意されていることは間違いないだろうというのも質感としてあります。

 

大手エージェントと比較してみた

転職希望者
リクルートエージェントとマイナビエージェントどっちがいいの?

大手エージェントのリクルートエージェントとマイナビエージェント。この二つは、リクナビとマイナビで新卒採用のサイトでも競い合っていることから、転職エージェントでも対象として挙げられやすい転職エージェントです。

実際に、上記のような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

リクルートエージェントとマイナビエージェント。この二つを比較すると、登録者数と紹介求人数だけ、リクルートエージェントが上回っており、後は大差ないと言えます。

リクルートエージェントは、求人数の多さから、様々なジャンルの求人を用意して、転職希望者の要望を叶えるための選択肢が幅広く用意されています。

しかし、手広く求人を広げすぎているため、職種の専門知識が足りないなど、転職希望者をサポートするという面では、マイナビエージェントに劣っています。

対して、マイナビエージェントは、非公開求人を元にキャリアアドバイザーが対応し、転職者をサポートする形式をとっています。

職種に関しての知識などは、非公開求人を転職者に説明をしなければいけないので、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの方が、心得ている担当者が多くいます。

どちらもマルチに対応ができるものとなっていますが、公開されている求人の多さから言うとリクルートエージェントに分配が上がるので、自分で求人を見たい場合は、リクルートエージェント。

手厚いサポートで転職エージェントから提案を積極的に受けたい場合はマイナビエージェント。

このように自分で必要に応じて自分の要望に近い方の転職エージェントを利用する判断が必要です。

上手く有効活用するためのコツ

マイナビエージェントをうまく活用するコツは、とにかく、キャリアアドバイザーと連携を取ることです。非公開求人の数が多いマイナビエージェントは、キャリアアドバイザーから紹介される求人が、主に取得できる求人情報となります。

これは、捉え方を変えると、キャリアアドバイザーに、自分の要望などを的確に伝えておくと、自分が希望する条件の求人ばかり紹介してもらえるようになる。つまり、自分の要望する求人を選び放題になります。

そうなると、大変有効なものだと感じるでしょう。

上手く有効活用するためには、求人を選び放題にする状態にしていくことが先決です。

そのために、自分の要望をしっかりと理解してもらうために、キャリアアドバイザーと強固な関係を築きあげておきましょう。

マイナビエージェントを使って効率よく転職活動を進めよう!

マイナビエージェントは上手く利用すると、自分の求めている求人ばかりが紹介されるので、効率よく転職活動を行うことができるようになります。

さらに、自分が言いにくいような転職先への年収交渉なども一手に引き受けてくれて、面接対策や、履歴書の添削もおこなってくれる。そんなマイナビエージェントにはメリットしか感じません。

ぜひ、登録をしていない場合は、マイナビエージェントへ登録し、転職活動を成功へ導きましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.