転職エージェントの選び方!失敗しないためのポイントを徹底解説

転職エージェント

転職エージェントの選び方!失敗しないためのポイントを徹底解説

更新日:

転職”を考えて情報収集を始めると、仕事より先にたくさんの “転職エージェント”が出てくることに驚くかもしれません。

「エージェントってよく聞くけど、どうやって選べばいいの?」
「そもそも使った方がいいの?」

そんな疑問が出てきていませんか?

転職エージェントを利用すると

これまでの経験を客観的に整理し、希望を元に仕事を紹介

職務経歴書などの書類の添削や、面接前のアドバイス

企業との間に立ち、面接日程の調整や条件の交渉

などのサポートを、すべて無料で受けることができます。

一人では不安もある転職活動を、二人三脚で進めることができる心強い存在です。

そんな味方をどのように探せばいいのか?

おすすめの転職エージェントと合わせて、選び方のポイントを紹介します。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

転職エージェントの選び方。たくさんある中からどのように選択したらいい?

良い転職をするために、転職エージェントは積極的にうまく活用をしたいですよね。

まず、形態としては大きく二つに分けられます。

総合型転職エージェント

職種、業種を問わず、幅広い求人を扱っています。

多くの求人を紹介してもらうことができる一方で、業界特有の知識には疎い傾向があるため、専門的なスキルをお持ちの方には物足りこともあるでしょう。

専門特化型転職エージェント

地域、業界、職種など、それぞれの専門に特化した強みを持つエージェントです。

担当者がそれぞれの業界出身者や、特化した知識を持っている方が多いため、より詳細な情報を得ることができます。

一方で総合型と比較をすると、取り扱う求人数は多くありません。

 

今回、あなたが転職をするにあたって、実現をしたいのはどのようなことでしょうか。

『まだしたいことがはっきりしていないので、とにかくたくさんの求人を見たい。』
『経験を活かせる分野に特化してスキルを積みたいので、年収アップも視野に入れて転職をしたい。』

希望はひとによって異なるため、「この転職エージェントに登録をすれば、絶対に良い転職先が決まる」というものはありません。

まずはあなた自身、仕事を探す側の準備も大切です。なぜ転職をしたいのか?退職を考えた理由は?給料を上げたいのか、勤務時間を変えたいのか、別の土地へ行きたいのか…それによって、登録をする転職エージェントも変わります。

まずは自分の希望を具体的に持つことで、あなたに“合う”エージェントを見つけやすくなります。

あなたが数年後にどうなっていたいのか?を踏まえて、希望条件をリストアップしてみるのがおすすめです。

 

失敗しないエージェントの選び方!押さえておきたいポイントを徹底比較!

実際に転職エージェントを探してみましょう。

転職サイトや口コミなどで情報収集をしていきますが、主にあなたが希望をする<求人数><特化している分野の有無><サポート体制>などについて見ていきます。

自分の希望に合いそうなエージェントが見つかれば、まずは登録をしましょう。

サイト上で登録が済むと、エージェントから連絡が入り、あなたの担当コンシェルジュとの面談に進みます。

面談では、あなたの希望をしっかりと伝えることがとても大切です。

“合う”仕事の紹介を受けるために、お互いの認識を揃える必要があります。もちろん、まだ転職自体を決めていなくても大丈夫です。

転職をすべきか迷っているこのような点で悩んでいる、なども伝えてください。

逆にここを曖昧にしたままで「とりあえず登録」「聞かれたことだけ答える」といった面談になると、口コミで見るような「自分に合わない仕事ばかり紹介される…」ということになりかねません。

では、具体的に『良い』エージェントとはどのような方でしょうか。

まずはあなたにとって、会話の印象が良いこと。転職活動中は、些細なことでも気になるもの。話をしやすい、親身な対応をしてくれる、というエージェントであれば、困ったときに相談もしやすいでしょう。

また、あなたが働きたい業界の知識や、転職を成功させた実績を豊富に持っていることも大切です。

知識が豊富であれば、未経験の業界であっても働くイメージが持てる説明を受けることができます。

豊富な実績があれば、企業との交渉力も高いでしょう。これまでに支援をした企業や求職者から、転職サイトには載らない情報を得ていることもあり、信頼して任せることができます。

また転職エージェントの収益の仕組み上、自身の実績のために、自分が紹介をした企業への転職を勧めるエージェントは多いと思います。

ただそれにもかかわらず、担当のエージェントが進めた企業ではない、他の企業の転職について相談したときにもアドバイスをくれる方は、真剣にあなたのキャリアを考えてくれるエージェントです。

逆に、希望を伝えたにもかかわらず、全く希望とは関係のない求人を紹介するエージェントもいます。

あなたの希望を考慮せず、転職を急かすエージェントもいるでしょう。

あなたが人生の岐路に立つ選択をする中で、自分自身のノルマ達成を第一に考えているエージェントだと…信頼をして任せるのは難しいですよね。

また、質問をしたことについて曖昧な返答しかない場合は要注意です。

せっかく良い企業と出会っても、エージェントの対応が良くないことで企業側の信頼を得られずに、ご縁が繋がらないこともあります。

更に、こちらから連絡をして丸一日返答がないなど、返答が遅いエージェントも要注意です。

ビジネスマナーがなっていない、上から目線、という方でも優秀なエージェントはいますが、良い転職活動をしたい場合には、余計なストレスを抱えたくはありません。

担当変更をお願いしてもよいでしょう。

なお、面談で伝えた希望がすべて叶うことはありません。場合によっては、スキル不足などの厳しいアドバイスを受けることも。

ただ、それにより別の選択肢が生まれることもありますし、事実をきちんと伝えてくれるエージェントは信頼ができます。

転職エージェントは、あなたを「こんなに良い方なのでぜひ採用してください」と企業へ推薦をする立場です。

「こんなに良い方」と言われるように、あなた自身の社会人としてのマナーも守り、お互いに信頼できる関係性を築き上げましょう。

 

あなたに合うエージェントを選ぶための3つのステップ

前頭でも述べましたが、まずは自分の希望をはっきりさせることが転職エージェントを選ぶためにはとても大事なこととなります。

  1. 何を変えるための転職なのか?を認識する
  2. 叶えたい希望を元に何社か登録をする
  3. 仕事の紹介を受け、相手の対応なども見ながら絞り込む

サービス内容が自分に合うかどうか、使いやすいサイトかを比較・検討してみてください。

最終的に相性がいいエージェント2~3社に絞りましょう。様々な業界・職種を扱う総合型の大手企業から、専門業種に特化した中小企業など、世の中には多くの転職エージェントがあります。

行きたい職種、業種が決まっていれば、総合型ではなく専門特化型の登録数を増やしてみるのもおすすめです。

 

おすすめの転職エージェントランキングTOP3!

これらを踏まえた上で、まずは見ておきたい転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートは人材業界の老舗であり、日本一の転職支援実績がある企業です。

業界最大手でもあり、圧倒的に多くの求人を紹介してもらうことができます。

また、取り扱う職種・業種、利用者の年齢層も幅広いことから、過去の事例を元にした様々なノウハウやアドバイスをもらえるサポート体制も強みでしょう。

リクルートエージェントの評判まとめ~特徴・口コミ評価・利用のコツ~

転職実績45万件以上(2018年3月)という、転職エージェント業界No.1の実績を誇るリクルートエージェント。 「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われて ...

続きを見る

 

dodaエージェントサービス

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

同じく業界大手の企業であり、リクルートエージェントに次ぐ求人数の多さは強みです。

リクルートに募集依頼をしている企業はdodaにも依頼をしている、ということも少なくないため、同時に登録をしてキャリアアドバイザーとの相性を見るという手もあります。

また、書類の添削や面接アドバイスなどのサポートに対しては、良い評判が多いようです。

比較的中小企業や地方の求人も多いため、幅広くいろいろな求人を見たいという場合には登録をしてみてくださいね。

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

新卒採用の最大手『マイナビ』を展開していることから、中途採用向けの求人を企業からもらう機会が多いため、20代・30代の若手向けの求人が豊富です。

全体の求人数としては多くはありませんが、大手企業だけではなく、中小企業の募集も多いのが独自の強みでしょう。

エージェントとしては後発ですが、その分サポート体制にも力を入れています。

転職活動にマイナビエージェントがおすすめな理由!口コミや評判も含めてご紹介

転職希望者転職エージェントがありすぎて、どの転職エージェントを利用したら良いかわからない…! 近年は、転職エージェントが乱立し、転職エージェントを利用したくても、どの転職エージェントを利用すれば良いの ...

続きを見る

 

迷ったときは複数登録した方がいいの?

希望に合わせて、総合型と専門特化型、それぞれに登録をすることをおすすめします。

というのも、大手エージェントには多くの求人が集まります。希望の職種、業種が決まっているのであれば、たくさんの求人の中から選ぶことができるのは最大のメリット。

ただ基本的に、大手エージェントでは企業担当と面談担当とを分業しています。

多くの求人を紹介できる一方で、人によっては情報量の濃淡があることは否めません。

また、一人の面談担当が対応をしている求職者数が多いためか、「対応が遅い」「流れ作業のような雑さを感じた」という口コミがあることも。

一方、個人や少人数で行っている中小のエージェントでは、一人で両方を担当している企業が大半です。

担当者はあなたと面談をしつつ、応募先の企業にも足を運んでいるため、会社の雰囲気や面接官の人柄など、より具体的な情報を直接伝えてくれます。

「親身に相談に乗ってくれた」という声も少なくありません。

知名度が高くない中小規模のエージェントであっても、あなたの希望に合う仕事と出会える可能性は十分にあります。

選択肢を増やすためにも、複数のサイトに登録しましょう。

 

まずは自分に合ったエージェントを見つけて登録し、転職活動をスタートしてみよう!

“自分に合う”仕事を見つけるためには、まずは『何を叶えるための転職なのか?』について自分で考えてみることから。

あなたの希望を実現させるために、転職エージェントは力になってくれる存在です。

まずは“自分に合う”エージェントを見つけて登録し、転職活動をスタートしてみましょう!

よいエージェントと巡り合い、よい転職先とご縁が繋がることを応援しています。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.