内定への近道!転職エージェントを複数登録して比較しよう

転職エージェント

転職エージェントを複数登録するメリットとデメリットは?

更新日:

「転職エージェントは1つで十分じゃないの?」そう思っている人は多いのではないでしょうか?

実は転職エージェントを複数利用することで、様々な企業の求人情報へアプローチでき、いいキャリアコンサルタントの方と巡り合える可能性が上がるなどメリットがたくさん生まれます。

また、複数利用する場合のデメリットもありますので、それぞれ理由を解説していきます。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

複数利用するメリット・デメリット

メリット1

非公開求人・独占案件など様々な企業の求人情報にアプローチ出来る!

転職エージェントを利用する際に注目したいことが、独占案件です。

独占案件とは、その転職エージェントでしか取り扱いがない求人情報です。

企業の戦略上、非公開で求人活動を行っている企業も多く存在し、特定の転職エージェントでしか求人を出していないケースがあります。

そのため、複数の転職エージェントを利用することで各社の独占案件にアプローチ出来る可能性を広げることが出来ます。

 

メリット2

いいキャリアコンサルタントの方と巡り合える可能性が高まる!

やはり人と人ですので、自分と合う合わないというのはどうしても生まれてしまいます。

キャリアコンサルタントの方の実力が十分であったとしても、どうしても自分の思う考え方とズレが生じてしまったり、将来のプランに沿った提案をもらえないケースも生まれてしまいます。

そのため、複数の転職エージェントを活用することで様々なキャリアアドバイザーに出会えるため、自分の合っているキャリアコンサルタントを見つけられる可能性が高まります。

 

メリット3

選択肢の幅が広がる!

様々な転職エージェントを利用することで、様々な求人と触れることが出来るので、自分の選択肢が増えます。

前述した通り、独占案件が存在しますので複数の転職エージェントを利用することで選択肢が狭まり判断を誤ることが少なくなります。

転職エージェントによって、強い業界や逆に弱い業界というのもあるので、各社の特色を把握して利用することがオススメです。

ベンチャー・中小企業に強い転職エージェント、ハイエンドの求人に強い転職エージェント、業界に特化した転職エージェントなど様々な会社があります。

そのため、1社に絞るのではなく、色んな転職エージェントを利用して選択肢の幅を広げましょう。

 

転職エージェントを複数利用するデメリット2つ

デメリット1

手間と時間が増える!

複数の転職エージェントを利用することのデメリットとして、転職活動に必要な手間と時間が増えてしまうことが挙げられます。通常の転職活動は、転職エージェントとの面談、求人情報の検索、応募、面接と多くの時間を要するものです。

複数の転職エージェントを利用すると、その分だけ時間と手間がかかってしまいます。

少なくとも、転職エージェントとの面談は必ず発生しますので、これはどうしても避けられないことです。

限られた時間の中で転職活動を行っている方がほとんどだと思いますので、少しでも手間を減らすために工夫をしましょう。

  • 事前にメールなどでこちらの要望を伝えておく
  • またあらかじめ面談に割ける時間を伝えておく
  • スカイプや電話での面談が可能か聞いてみる
  • 出張面談を依頼してみる

など工夫を重ねることで手間も減らすことが可能なはずです。
当然、エネルギーを要しますがそれ以上のメリットが多いので、工夫を凝らして限られた時間の中で最大限の成果を出しましょう。

 

デメリット2

求人情報に触れる機会が増えるため、迷いやすくなる!

複数の転職エージェントを利用した場合、各社から色々な提案をもらうことになります。

それこそ、色んな業種の提案を受けるでしょうし、各社から異なるアドバイスをされることになると思います。

提案を受けていく中で、最初の転職観からどんどん変化していく可能性もありますそうなると迷いが生じ、転職活動の期間が長くなってしまう可能性もあります。

ただ、様々な情報に触れることで自分にとっての正解を見つけられる可能性も増えるので、意欲的に提案や求人情報を見るように出来ればいい転職に繋がりやすくなります。

 

多い?少ない?掛け持ちは何社がおすすめ?

ある調査によると、転職エージェントの平均利用社数は2.1社です。

転職に成功している方が多くの転職エージェントを利用し、その中から吟味していることになります。

ですので、2社以上は登録し、各社からアドバイスをもらっていく中で登録社を増やすか、また絞っていくのかを判断していく方が良いでしょう。

重複応募に注意!

複数の転職エージェントに登録している場合、重複応募をしてしまうリスクがあります。

掛け持ちしているエージェントから同じ企業に応募してしまっているなどということが稀にあり、そうなった場合その企業からの信頼を失うことになってしまいます。

またそれだけでなく、転職エージェントからの信頼も失ってしまうことにも繋がりかねないです。くれぐれもご注意を!

大手と中小で求人が違う?転職エージェント会社の選び方

まだ業種や職種が定まっていない方は大手の転職エージェントへの登録がオススメです。

ただ、各社独占案件や非公開求人があるので、大手の中でも複数登録することが転職の成功に繋がるでしょう。

また、興味のある業種がハッキリしている場合は、大手だけではなく、中小の転職エージェントにも登録した方がより専門的なアドバイスや求人情報に巡り合える可能性が高まるでしょう。

大手と中小での求人数の違い

まず大手の転職エージェントの特徴としてはなんといっても求人数の多さです。

それに伴い、登録している転職希望者の数も多くなります。中小の転職エージェントは、大手と違い求人数も転職希望者の数も少ないケースが多いです。

 

大手と中小の求人情報の違い

大手転職エージェントは、業種を問わず様々な企業の求人情報を取り扱っているケースがほとんどです。

また、中小の転職エージェントは、業種や専門職に特化しているケースが多いです。IT業界、マーケティング業界、製造業など業界の特化している場合や、人事や営業職など職種に特化している場合、ベンチャー特化、ハイエンド求人特化など様々なセグメントを行っています。

転職エージェントを複数使い成功率を上げよう

転職エージェントを複数使うことのメリットとデメリットは説明した通りです。デメリットも当然ありますが、それ以上に複数社利用するメリットの方が大きいです。

転職での成功というのは人それぞれ異なりますが、自分にとって納得いく転職を出来るかが大事です。

数の転職エージェントを利用することで、より効率的に多くの求人情報に出会え、納得のいく転職が出来る可能性が高まります。

複数利用は当たり前!おすすめの転職エージェント

今までご説明した通り転職エージェントの複数利用はもはや当たり前と言えます。あなたにピッタリの転職エージェントを紹介したいと思います。

大手転職エージェント

大手転職エージェントのメリットはやはり求人情報の数でしょう。また知名度が高い優良企業は大手の転職エージェントを使っている確率が高くなります。まずは大手の転職エージェントを利用するのは最善の方法と言えます。

主な大手の転職エージェントは下記です。

リクルートエージェント

転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数が国内最多です。また、求職者の8割が登録しているという最大手エージェントです。
どの転職エージェントも求人数も豊富で対象としている業界、年齢も幅広くなっています。

リクルートエージェントのリアルな口コミと評判!転職業界トップの実績とは?

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか? また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したい ...

続きを見る

doda

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

dodaは、案件の精査・吟味に定評があります。キャリコンサルタントの方に相談しながら転職先を決めたい方にはお勧めです。会員の層は20~30代の方が多いです。

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

マイナビエージェントは、第二新卒や20代の方の転職に強いエージェントです。人材会社としての実績も多く、手厚いサポートが期待出来ます。

転職活動にマイナビエージェントがおすすめな理由!口コミや評判も含めてご紹介

転職希望者転職エージェントがありすぎて、どの転職エージェントを利用したら良いかわからない…! 近年は、転職エージェントが乱立し、転職エージェントを利用したくても、どの転職エージェントを利用すれば良いの ...

続きを見る

中小エージェントは特化型が多い

①業界特化型エージェント
- IT、医療、建設、金融など業界に特化したエージェントです。

ピックアップ

CREDENCE(クリーデンス)
ショップ店員やデザイナーなどファッション・アパレル業界に特化した転職支援サービスです。ファッション・人材業界出身のキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

 

②職種特化型エージェント
- 経理が管理部門、営業、エンジニアなど職種に特化したエージェントです。

ピックアップ

Geekly(ギークリー)
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを行っており、職種の専門知識やノウハウをもつ、あなた専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングを行い、希望条件や経験スキルなどを理解したうえで、最適な求人をマッチングし、ご紹介いたします。

③外資系特化型エージェント
- 外資系企業に特化したエージェントです。

ピックアップ

ROBERT WALTERS(ロバート・ウォルターズ)
経験豊富なキャリア・コンサルタントがチーム体制であなたをサポート。英語の履歴書、職務経歴書の書き方、面接での立ち振る舞いなど実践的なアドバイス。ストレス対処法、キャリアプランの書き方、市場価値を高める方法などキャリアアップをサポートしてくれます。

④ベンチャー特化型エージェント
- ベンチャー企業に特化したエージェントです。若い会社でバリバリ働き市場価値を高めたい方にお勧めです。

ピックアップ

ProCommit(プロコミット)
プロコミットのキャリアコンサルタントは、履歴書や職務経歴書には書き記すことができない、あなたの内部に秘めたポテンシャルを見出し、その能力を最大限に活かせるスタートアップ/ベンチャーとのマッチングをしてくれます。

⑤エグゼクティブ特化型エージェント
- 高年収の求人に特化したエージェントです。

ピックアップ

BIZREACH(ビズリーチ)
国内外の優良企業と、厳正な審査をクリアした一流のヘッドハンターが、あなたの職務経歴書を見て直接スカウトします。企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れるため、効率的・主体的に転職活動したい方、スカウトを受け取ることでご自身の市場価値を測りたい方には最適なサービスです。

⑥その他
- 第二新卒、女性に特化したエージェントもあります。

ピックアップ

LiBzCAREER(リブズキャリア)
働く女性の活躍を応援する企業や、「女性の気持ちに寄り添える」「経営層に強い人脈を持つ」など厳選されたキャリアパートナーからスカウトを受けることができます。求人の会社にロールモデルとして実際に働いている方のお仕事内容やこれまでその会社でしたことを紹介しているところが魅力的です。

 

まとめ

転職エージェントのメリット・デメリットや良い転職活動を行うための方法を説明しましたが、転職に成功した転職者のほとんどの方が複数の転職エージェントを利用している傾向にあります。

まずは大手中小問わず2社以上登録し、その中で絞っていくことがオススメです。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.