IT

無料プログラミングスクールに通って分かった有料との違いを徹底解説

無料プログラミングスクールに通って分かった有料との違いを徹底解説

無料のプログラミングスクールは、なぜ運営出来るのだろうか?結局どのスクールが良いのか?

実際に無料のプログラミングスクールに通って転職を成功した私が解説します。

有料のプログラミングスクールと無料のプログラミングスクール、どちらが良いか迷っている方必見です。

特に、「本当に無料で学べるのか?」あるいは「おすすめのプログラミングスクールはどこか?」といった点まで詳細にご紹介致します。

また、無料といっても、転職が成功しないと無料にならないスクールもあるので注意しなければなりません。

このページではこういったお悩みに対して、有料スクールとの違い、それぞれのメリット・デメリットを1つ1つ詳細にご紹介致します。

このページを見れば、失敗しないであなたが選ぶべきプログラミングスクールはどこが良いのかが分かるようになります!

  • この記事を書いた人

森川 可南子(もりかわ かなこ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。
27歳の時に未経験でプログラミングスクールを経てエンジニアに転職した経験から、おすすめのプログラミングスクールをご紹介していきます。

本当にタダで学べるのか?チェックすべき注意点

本当にタダで学べるのか?チェックすべき注意点

なぜ無料で運営ができるのか?これはみなさん気になるところですよね。

私も気になったので実際に個別説明会に行って聞いてきました。

まず、無料スクールには2種類あります。

ひとつは無料タイプで「授業料などすべて無料のスクール」、もうひとつは返金タイプの「最初に授業料などを払うが、転職が成功したら全額返金のスクール」です。

どちらのプログラミングスクールにしろ、無料(返金)になる理由は同じで、そのプログラミングスクールを卒業した人を企業へ就職させたら、企業からプログラミングスクールへ紹介料が入ります。

その紹介料はかなり高額で80万円前後、中には100万円近いこともあります。

この仕組みにより、世の中には無料のプログラミングスクールがいくつも存在するのです。

ただ注意点があり、どの企業にも自由に転職していいわけではなく、そのプログラミングスクール経由で紹介された企業でないといけません。

スクール選択のポイントにもなりますので、事前にチェックしておきましょう。

 

有料スクールとの違いとメリット・デメリット

有料スクールとの違いとメリット・デメリット

有料と無料のプログラミングスクールそれぞれのメリットデメリットを確認しましょう。

無料プログラミングスクールのメリット

ココがおすすめ

  • 無料
  • 転職に特化している

無料

何と言っても授業料が無料なところです。

転職をしないと返金にならないタイプと初めから無料のタイプがあります。

初めから無料のタイプはフルタイムで学習しないといけないところもあるので、その場合はある程度生活費を貯めてから入学した方が良いでしょう。

転職に特化している

無料のプログラミングスクールは提携している企業に卒業生を紹介することで紹介料をもらって運営をしていますので、プログラミング言語やカリキュラムが転職しやすいものに特化されています。

有料のプログラミングスクールやコースは学びたいだけの人だったり、自分で転職先を見つけたい人用になっていますので、転職に特化しているというわけではありません。

 

無料プログラミングスクールのデメリット

ココがダメ

  • 生活費を稼ぎにくい
  • 無料がゆえに脱落しやすい

生活費を稼ぎにくい

無料のプログラミングスクールは平日フルタイムで学習をする必要があるところが多く、働きながらの学習が難しい場合もあります。

短い期間でプログラミングの知識を身につけなくてはいけないので、土日も課題の予習や復習をする時間をとると、働く時間は限られてきてしまいます。

結局、通学期間分の生活費をある程度貯めておかないといけない人には有料スクールでも費用は変わらない可能性があります。

無料がゆえに脱落しやすい

これは私が通っていた無料プログラミングスクールでも起こったのですが、やる気がない人やサービスに満足できない人は辞めていきます。

一番困るのは来たり、来なかったりする人です。チームでオリジナルECサイトを作る課題があったのでその人に割り振ったタスクだけ終わらなくなるのです。

ですが、脱落者が増えるにつれて残った人は少数精鋭になっていくのでチームの結束は固くなり、協力して課題をクリアしていくので、転職面接ではその時の頑張った熱量を伝えて合格することができました。

 

有料プログラミングスクールのメリット

ココがおすすめ

  • サービスの質が良い
  • 転職をする必要がない
  • 誰でも入学できる

サービスの質が良い

受講者が収入源の有料のプログラミングスクールは、やはり受講者の満足度が重要になってきます。

そのため、サービスの質が良くサポートも手厚いです。

チャットでいつでも質問できたり、基礎をしっかり学べたりなど対応しているプログラミング言語も幅広く、ゲーム系(Unity)やAI(Python)など無料のプログラミングスクールにはない分野が学べます

転職をする必要がない

プログラミングを学ぶことが目的の場合、転職をすることが条件になってしまう無料スクールはやめた方が良いでしょう。

そもそも、勉強して実際にプログラミングをやってみないとあなたが本当にプログラマーを職業としたいのかどうかなんて分からないものです。

まずは習い事としてプログラミングを習う目的の人は有料プログラミングスクールがおすすめです。

誰でも入学できる

転職を目的としていない有料プログラミングスクール(有料コース)は誰でも勉強することができるので、30代、40代の方は有料のプログラミングスクールがおすすめです。

ですが、GEEK JOBのようにもし転職が成功した場合は授業料を返金してくれるスクールもありますので、まだ決まってはいないけど将来転職を視野に知れている人は無料体験会などに参加して事前にチェックしましょう。

 

有料プログラミングスクールのデメリット

有料ということはデメリットではなく、自分の投資のための金額なら惜しむ必要はないですし、もし転職するのであれば授業料の元は取れるので問題ありません。

正直、デメリットと言えるものはないのですが、あえてあげるとしたら「転職しづらい分野もある」ことです。

転職しづらい分野もある

先ほどメリットとしてあげたゲーム系やAIなどのコースは未経験では転職がしづらく、未経験OKの求人はほとんどありませんし倍率も高いです。

プログラミングスクールを卒業した私の友達はゲーム志望でゲーム会社にたくさん応募しましたが、内定をもらうことができず、結局Web開発の会社に就職しました。

それでも自分が作ったアプリで起業したり、今の職業に役立つものを作ったりとやり方はいろいろあります。

そのプログラミングスクールの卒業生がどんな形で学んだことを生かしているのか、個別相談で聞いてみても良いかもしれません。

 

無料で学べるおすすめプログラミングスクール一覧

それではここで、無料で通えるプログラミングスクールをまとめましたのでご紹介します。

0円スクール

0円スクール

対象コース名
  • 初心者コース
  • 開発コース
対象者
  • 18歳以上35歳以下の方
  • 1年以内にIT業界に就職・転職意思のある方
  • やる気のある方
プログラミング言語 Java / HTML / JavaScript / jQuery / CSS
学習スタイル 通学(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台)
料金タイプ 無料

こんな人におすすめ

しっかり勉強してから転職したい

こちらのプログラミングスクールは途中で辞めても違約金もかからず、保証金(デポジット)もない完全無料のスクールです。

月曜日から金曜日の9:30~18:30まで(札幌のみ9時~18時)開講しており、週16時間以上学習することを原則としています。

ただし、現場で使える技術を習得するには週5で3か月間通うことが目安だそうです。

午前授業・午後授業と完全予約制で受講でき、教室には開発に必要なPCも用意してあります。

エンジニアとしてとても好感を持ったのがカリキュラムに「仕様変更・追加」があるところです。

実プロジェクトでは必ずと言っていいほど起こる仕様変更や仕様追加の対応方法を事前に知っていると転職面接でも印象に残るのではないでしょうか。

GEEK JOB

GEEK-JOB-ギークジョブ-|プログラミング学習を、いつでも、どこでも

対象コース名
  • スピード転職コース
対象者
  • 20代の第二新卒
  • 社会人経験者向け
プログラミング言語 PHP/Java/Ruby
学習スタイル オンライン学習
料金タイプ 無料
ただし提携先企業に転職した場合のみ

こんな人におすすめ

20代だけでなく30代以上も

転職活動が初めての人

GEEK JOBは無料でオリジナルECサイトの作成まで学べて、転職サポートもしてもらえるプログラミングスクールです。

転職メンターに評判があり、何度も模擬面接をしてくれるなど手厚いサポートがあります。

プログラミング初心者は60日間の学習が必要ですが、週30時間の学習時間を確保できるなら働きながら学習を進めることができます。

GEEK JOBからの紹介で就職するのであれば、大学生も利用可能です。

30代、40代の方は有料のコースで学んで、もしGEEK JOBからの紹介で就職できたらコース料金を全額キャッシュバックしてもらえます。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

対象コース名
  • 転職コース
対象者
  • 22~28歳の東京都内
  • フルタイム勤務可能な方
プログラミング言語 Java / Ruby
学習スタイル オンライン学習
料金タイプ 転職成功で受講料金は無料

こんな人におすすめ

仕事をしながら勉強したい

侍エンジニア塾は入学金+授業料の10%をデポジット(預り金)を最初に支払いをすれば、無料で学習をはじめられるプログラミングスクールです。
転職に成功すれば、授業料はそのまま払う必要がなく、なおかつ最初に払ったデポジットも返金され完全無料状態になります。

転職ができなかった場合は授業料は後払いになります。

完全マンツーマンレッスンであなたの目的や生活スタイルに合わせたカリキュラムをオーダーメイドで作成してくれます

自分の担当になった講師はずっと変わらないので、講師によって良しあしが出てしまうという口コミがありました。

プログラマカレッジ(プロエンジニア)

プログラマカレッジ

対象コース名
  • 個別研修コース
  • 平日5日間コース
  • 週3夜間コース
対象者
  • 20代の第二新卒・フリーター
プログラミング言語 HTML / CSS / JavaScript / Ruby / Java / PHP
学習スタイル 通学(半蔵門)
料金タイプ 無料

こんな人におすすめ

一緒に頑張る仲間が欲しい

プログラマカレッジは違約金もかからなく、デポジットもないので完全無料でプログラミングを学べます。

基本は通学で月初めに他の受講者と同時に学習開始になるので、一緒に学ぶ仲間・ライバルと学習がすすめられます。

一部口コミでは講師の質の低さがつぶやかれていますが、就職率が96.2%と営業の力が強く、転職にはさほど影響していないようです。

内容は企業研修に近く、朝会や進捗報告などがあるので転職後に実際に働いているような感覚でプログラミングを学べます。

 

さいごに

有料と無料のプログラミングスクールの違いの解説や、無料で通えるプログラミングスクールについて紹介しました。

あなたに合ったプログラミングスクールを選ぶ基準が見つかりましたでしょうか?

目的や好みによりどちらのプログラミングスクールが良いかは変わってきます。

どのスクールも無料の相談や体験会を開催していますので、どんどん参加してぴったりのプログラミングスクールを探してください。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.