転職エージェント

実際に利用した転職エージェント6社の評判|失敗しない5つのコツ

実際に利用した転職エージェント6社の評判|失敗しない5つのコツ

転職エージェントには悪い評判も良い評判もあって本当に登録していいのか迷ってしまいますよね。

この記事では転職エージェントの実際の評判・口コミを独自のアンケートやSNSで調査して比較しました。

また、登録後にあなたに合わない転職エージェントだったと分かった場合にやるべき効果的な対処法そうならないための防衛策もいくつかご紹介します。

この記事を参考にしてあなたのピッタリの転職エージェントを見つけてください。

  • この記事を書いた人

森川 可南子(もりかわ かなこ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。
その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

転職エージェントによくある評判

転職エージェントによくある評判

では、転職エージェントには実際どんな評判・口コミがあるのでしょうか。

転職エージェントのアンケートを募集すると、どの転職エージェントでもよく投稿される意見・口コミがあります。

転職エージェントの基本的なサービスが同じなので似てしまっているのが要因です。

ここではそんなよくある評判をご紹介します。

よくある悪い評判

押しが強く、自分のペースを乱される

転職エージェントは登録者が就職すると、採用企業から就職者の年収の3~4割の報酬を受ける仕組みです。

これが担当者の営業実績になるため、あなたのスケジュールを考慮せずに早く転職をすすめようとしてくることがあります。

 

希望とは違う求人を紹介された

20代後半/女性

持っていない資格必須の業種や家から2時間以上かかる求人を何度も紹介してくれるので、本当に転職者のことを見ているのかと疑問に思いました。

面談をした意味は正直なかったとおもっています。

dodaエージェントサービスを利用

コンサルタントのヒアリング力が足りておらず能力不足が伺えます。

新人のコンサルタントが担当になってしまうケースもありますので、希望に合った求人を紹介してほしいとハッキリ伝えましょう。

 

連絡が遅い/来ない

転職エージェントは毎月の営業ノルマがあるので、企業に採用されやすそうな人材から優先的に提案を進めていく傾向があります。

この場合は「すぐ転職しそうにない人」のレッテルが貼られている可能性があります。

 

求人を紹介してもらえなかった

20代後半/女性

事務職を希望し、利用しましたが、「該当する案件がありませんので見つかり次第ご連絡します。弊社の力不足で申し訳ありません」という返答でした。

その後3ヶ月ほど待ちましたが、連絡はありませんでした。

マイナビエージェントを利用

あなたが求める会社の条件と、転職エージェントが持ち合わせている求人情報がマッチしない場合は「紹介できる求人がない」と言われてしまいます。

20代が得意な転職エージェントもあれば40~50代の管理職を得意とする転職エージェントもありますので、あなたの状態や希望条件からしっかり転職エージェントを選ぶ必要があります。

このように転職エージェントを利用する際は

幅広い職種で求人数が多い
大手総合転職エージェント:1~2社

あなたの転職目的や志望業界に強い
転職エージェント:2~3社

に登録し、相性の良い担当者を探すことがおすすめです。

良い評判

悪い評価もありますが、それでも転職エージェントを利用するメリットの方が多いのが事実です。

ここで良い評価を確認しましょう。

非公開の求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、転職サイトや企業の採用ページには掲載されていない「非公開求人」の情報を保有しています。

非公開求人とは、人気が高い企業などは応募が殺到するためこっそりと企業がエージェントに依頼をする求人情報。

非公開求人は給与が高かったり、重要ポジションだったりという特徴があり、これらは転職エージェントに登録していないと見ることはできません。

このような非公開求人は珍しいことではなく、転職エージェントは大量の求人情報を持っているため、思ってもいなかった人気企業の求人を見つけることができます。

 

履歴書・職歴書の添削をしてもらえる

20代前半/男性

転職サイトの中では比較的、転職を考えている人に対して多くの求人を出してくれているため転職を考えてくれる人にとってはいい転職サイトであるといえます。

履歴書など添削もしてくれるため転職を全力でサポートしてくれるため転職をしっかりと考えている人にとってはいいサイトであります。

マイナビエージェントを利用

転職活動で重要なことでありながらも、最も手間がかかることのひとつに「履歴書と職務経歴書の作成」があります。

この履歴書と職務経歴書は会社ごとに作成する必要がありますし、どういったことを書けばいいのか悩む方も多いでしょう。

しかし、転職エージェントではあなたが作成した履歴書と職務経歴書をプロの目から見て、どのように書けばいいのか添削をしてくれます。

客観的に添削してもらえることで自分だけで書いた人よりも有利になるため、書類審査が通りやすくなるといったメリットがあります。

 

給与交渉・日程交渉を行ってもらえる

転職活動のなかで、企業との面接交渉や内定後の給与交渉など、企業とのやりとりは多く発生します。

企業に務めながらだとなかなかスムーズにいかなかったり、給与交渉がしにくかったりといったことがありますが、転職エージェントが代わりに行ってくれるので、非常に楽に進めることができます。

特に給与交渉など、少しでも良い条件で転職するには転職エージェントを利用するのが最良の選択だと言えます。

こういった書類作成や入社関連の手続きに加え、条件交渉までも引き受けてくれるためストレスなく転職活動を進めることができるのは大きな魅力です。

 

面接対策を行ってもらえる

20代後半/男性

マイナビエージェントは求人数が多くて質も高い印象で、こちらの希望に合った求人をたくさん紹介してもらうことができました。

担当者の方はとても親身になって真剣に取り組んでくれていたので安心でしたし、面接対策などのサポート面も充実していたので助かりました。

最終的にはマイナビエージェントで転職できたで、大きな不満は特になく満足することができました。

企業によって面接の内容や、どういう人を採用するかは大きく違います。

転職エージェントでは、多くの求職者のサポートを行っているため、その企業ではどういった人が採用されているのかなどの傾向がわかります。

蓄積された実績をもとに、企業別に面接対策を行ってくれるため、求職者にとって非常に心強い味方になります。

 

外からでは分からない面接企業の内情を教えてもらえる

転職エージェントでは、今までに多くの転職者をサポートしてきたノウハウやデータがあります。

そういったデータをフル活用し、自分ひとりでは調べても分からない面接企業の内情を知ることができるのも大きなメリットです。

気になる業績はもちろん、離職率や社内にはどういった人がいて、どんな雰囲気なのかなど気になることはどんどん聞いてみるといいでしょう。

では、次に実際の転職エージェントの評判を見てみましょう。

評判の良い大手総合転職エージェントランキング

総合型転職エージェントランキング 1位

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのレーダーチャート

おすすめポイント

  • 豊富な非公開求人
  • 経験豊富なキャリアアドバイザー
  • 良質な転職サポート
  • 年収アップの実績
  • 転職活動をサポートするスマホアプリ

求人案件25万件という業界最大の転職エージェント

ある程度条件を絞っても紹介される案件が多く、さらに他の転職エージェントと比較する上でサービスの質の基準を知ることができるためおすすめです。

「まずは登録する」という方が多い、おすすめの転職エージェントです。

 

総合型転職エージェントランキング 2位

dodaエージェントサービス

dodaエージェント

おすすめポイント

  • 転職サイト・転職エージェントを併設
  • 豊富な非公開求人
  • 親身で密度の高いサポート
  • 活気がある転職フェアに参加できる

リクルートエージェントに次ぐ、業界No.2の大手転職エージェント。

あまり知られていませんが「doda子」でおなじみのCMは転職サイトのdoda。こちらで紹介しているのは人材紹介のdodaエージェントサービスです。

転職サイトは自分で求人をさがして、自分で応募するスタイルですが、dodaエージェントサービスを申し込むと、専任のキャリアアドバイザーが書類選考に始まり面接から採用までをトータルでバックアップしてもらえます。

「すぐに転職するわけでもないけど、いい求人があれば」という人は転職サイトのdodaに登録し、転職活動が本格化してきたらdodaエージェントサービスに申し込むのが良いでしょう。

 

総合型転職エージェントランキング 3位

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント総合評価

おすすめポイント

  • 面接指導や履歴書の添削などに力をいれている
  • 親切な対応をする
  • 自社の他サービスと連動したサービス展開
  • 8割の非公開求人を持っている
  • 未経験・第二新卒に強い

マイナビエージェントは、業界・職種別に専任制のチームを編成しているため、業界や職種についての深い知識と理解を強みとしています。

それにより、面接指導や履歴書の添削に細かく対応できることから、どこよりも親切な対応をするという特徴を持っています。

さらに、多岐に渡るサービスを展開しているマイナビグループだけあって、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」など、自社の他サービスと連動したサービス展開を行なっていることに強みを持っています。

 

では、ここから希望の職種や目的別におすすめの転職エージェントを紹介します。

 

ITエンジニア向けのエージェント

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、ITやWEB業界に特化した転職エージェントです。

転職決定人数ナンバーワンと実績も高く、IT系の転職を考えるなら登録を考えておきたいエージェントです。

IT系の転職サービスとは銘打っていても、結局のところ検索できる職種はかなり限られてしまうところは多いです。

しかしワークポートはエンジニアやクリエイター関連の職種はもちろんのこと、営業やコンサル、WEBマーケターなどもカバーしています。

10年以上の歴史がある人気かつ老舗の転職エージェントでもあるため、人材会社としての信用度も高いのがポイントです。また、未経験からIT系にチャレンジしたい人へのサポートも積極的に行なっています。

40代後半/男性

業界の口コミと職歴書の書き方のサポートが充実
1番役に立ったのは同業種の転職者の口コミと履歴書の書き方でした。

実際には自分の業界の人脈で転職をしましたが職歴書の書き方などは本当に参考になりました。

実際には使いませんでしたが模擬面談などもサポートが手厚くあったと思います。

求人数は普通だと思いますが業界によって非常に知恵業界もあるように感じました。転職先の業界によっては非常に有利だと思います。

20代後半/女性

サポートの質が満足度の根幹
‪社員の方の質が大変よく、丁寧かつ迅速に対応いただきました。

就職先に関しても、私の希望や現在の状況に合った、就職先をピックアップしてくださり、本当に沢山の企業で働くことができる可能性があると、提示してくださいました。

前の就職先で自分に対する自信を無くしかけていたのですが、自信になりましたし、純粋に嬉しかったです。‬

 

 

管理職・ハイキャリア向けのエージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ハイキャリア向けとして有名な転職エージェント。口コミでも「条件を満たす案件が多い」と満足度が高くおすすめです。

ただし、条件に満たない場合は登録できない場合もあるため、年収500万円以上で、国内大手やグローバル企業への転職を考えている方におすすめの有名転職エージェントです。

40代前半/女性

担当企業や業界のこともよく理解していて、説明が明確で丁寧で安心できた。

また候補者・企業とのマッチングセンスも良い。

どういう理由でこの企業を勧めるのかなども納得できた。

複数のコンサルタントと話をしたが皆対応が良かった。

20代後半/男性

他にもいくつか転職エージェントに登録をしていましたが、他社と違い、専属のエージェントがつかない、という点が非常に良かったです。

エージェントによる相性の良し悪しが全く反映されないので、様々なエージェントの方から多種のご提案をいただいて、選択肢が広がりました。

また的確なアドバイスもあり、全体的に質の高さを感じました。求人紹介数は的確で、数が無駄に多くないのも良かったです。

 

女性におすすめのエージェント

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは転職活動において、とにかくサポートが親身との評判が高く、非常に女性に人気のある転職エージェントです。面接対策が非常に丁寧で、未経験分野に挑戦する際にもしっかりアドバイスをしてくれます。

パソナキャリアには女性のキャリアアドバイザーが多いため、特に女性からの評判が高く、利用しやすいとの声がよく見受けられます。

求人数も約4万件と数は非常に豊富です。もちろんキャリアを活かしてステップアップしていきたい人のために非公開求人もしっかりと用意してあります。

20代後半/女性

サポートが良かった
総合的にとても良かったです。特にサポートがしっかりしていて、親身に相談に乗ってくれたり、こちらの希望や今後の考えなどをしっかり考慮した上で案件を紹介して下さいました。

案件に関してもとても豊富で良かったと思います。定期的にサポート連絡が入り、気にかけて下さっている感じがして相談もしやすかったです。

40代後/女性

自分にぴったりの職業
初めは短期のバイトかパートを希望していて田舎にも関わらず、自分にぴったりの職業を探して提案してくださいました。

先方にもよく言ってくれていたのかわかりませんが、スムーズに仕事をすることができました。

徐々にスキルアップするような仕事も頼まれるようになりとても楽しいです。

 

 

あなたに合わなかったときの対処法と防衛策

あなたに合わなかったときの対処法と防衛策

転職エージェントに登録して「さぁ、ここから転職活動やるぞ!」と思っても、対応の悪いコンサルタントに当たることもあることが分かりました。

そこで、ここでは悪いコンサルタントが担当になってしまったときの対処法とあなたへの優先順位が低くならないための防衛策をご紹介します。

悪いコンサルタントが担当になってしまったときの対処法

担当コンサルタントを変更する

担当変更方法は以下の3つです。

  • 電話
  • メール
  • 問い合わせフォーム

注意ポイント①

どの転職エージェントも担当者を何度も変更することができない事が多いです。

悪いところを一度注意して、それでも良くならなかったら変更を申し出ましょう。

注意ポイント②

変更を申し出る際には必ず理由を添えましょう。

正当な理由で変更を申し出ているということと、次に担当になるコンサルタントには変更理由になったところを気を付けてもらうためです。

 

あなたへの優先順位が低くならないための防衛策

あなたの担当になった転職エージェントがたくさんの求職者を抱えている場合は、あなたへの対応が遅くなったり、紹介する求人が少なくなる可能性があります。

そこで担当を変更するのはちょっと待ってください。求職者をたくさん抱えている人は、すごく仕事ができるからという理由も考えられます。

その人に転職をサポートしてもらうためにもあなたの優先順位が高くなるようにするコツがあります。

履歴書・職務経歴書を詳細に書き込む

せっかくのスキルや仕事をした経験を簡単に書いてしまうと、「この人はスキルが低いのではないか?」「やる気がないのではないか?」と思われてしまう可能性があります。それを防ぐためにも書類はなるべく詳細に書きましょう。

もし、うまく書けない場合はコンサルタントとの面談時に相談してたくさん書けるようにアドバイスをもらいましょう。

複数登録する

この記事の冒頭部分でも紹介しましたが、転職エージェントは複数登録するのがおすすめです。

複数登録することで担当も複数つくことになりますので、相性の良い担当者を探すことができ、その転職エージェントしか持っていないような求人を両方から紹介してもらえるからです。

意欲見せる

転職エージェントの熱量低下を回避するためには、面談の際にあなたの転職への温度感をしっかりと伝えることが必要です。

ポイント

  • 転職時期は3か月前後先など、早めのタイミングであること
  • 転職は確実にしたいというスタンスを伝えること
  • 連絡は迅速に対応し、面接日の調整も積極的に行うという思いを伝えること

などというポイントを押さえて面談に臨めば、担当エージェントも高い熱量で、たくさんの求人を紹介してくれることでしょう。

転職サイト併用

転職サイトも同時に登録しておくことで、転職エージェントでは出会えない求人を見つけることができます。

転職エージェントは転職サイトも運営していることもあるので、転職サイトで自分で探した求人を転職エージェントに推薦してもらって募集にエントリーするという形もとれます。

運営元が同じの転職サイト

運営会社 転職エージェント 転職サイト
リクルートキャリア リクルートエージェント リクナビNEXT
パーソルキャリア dodaエージェントサービス doda
キャリアデザインセンター type転職エージェント @type

 

まとめ:担当のコンサルタントによりけり

まとめ:担当のコンサルタントによりけり

実際の評判を見ていただくと分かりやすいのですが、どの口コミも転職エージェントに対するものというのではなく、その人の担当になったコンサルタントに対する評価がほとんどです。

なので転職エージェントを選ぶポイントは「求人が多い」、「あなたの希望の職種に強い」エージェントを選んで、担当のコンサルタントが合わない場合は変更を申し出るという方法が一番おすすめです。

少しめんどうな印象になるかもしれませんが、サービスは完全無料です。

合わなかったら担当を変更すればいいだけなので転職をすすめるためにはまず気になった転職エージェントに登録してみましょう。

あなたの転職が成功することをお祈りいたします。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.