転職エージェントはうわべの評判だけを見るのはNG

転職エージェント

転職で本当に役立つ転職エージェントの見極め方。うわべの評判だけを見るのはNG

更新日:

転職エージェント 評判

「転職のためにできるだけ評判の良い転職エージェントを利用したい」と考える人は多いでしょう。

しかし多くの転職エージェントがある中で、どこを選べばいいのかわからない、という方もいるのではないでしょうか?

転職は非常に大きな決断となるので転職エージェントは慎重に選びたいところです。

本記事ではいくつかの転職エージェントの評判や口コミを比較し、おすすめの転職エージェントの紹介と

実際に転職エージェントを利用する時の選び方やメリット・デメリットを解説していきます。

大前提として、転職エージェントは費用がかからず無料で利用できるので「複数の会社に登録してみる」というスタンスをベースに、本記事を参考に考えてみてください。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

評価・口コミを徹底比較!おすすめの転職エージェント

一部ですが、主な転職エージェントの口コミ、評判をご紹介します。

 

リクルートエージェント

30代・男性

こっちの立場になったキャリアアドバイスをもらえて、求人提案のときも伝えた条件に沿った案件を紹介してくれた。

面接の日程もうまく調整してくれて、急な仕事で変更したいときにもすぐ対応してくれて本当に助かりました。

ただ内定を辞退したときは、何度も連絡をしてきたのだけが少しネック。

28歳・女性

細かい対応などに応じてくれて、紹介される企業がほぼ希望条件どおり!数も無理なく確認できるぐらいでした。

全体的には対応スピードが少し遅かったのだけ、もう少し早ければなと思いました。

忙しいのである程度は仕方ないと思うのですが…。

32歳・男性

首都圏から地方にという条件だったので、年収面では諦めようとしていたのですが、今と同じレベルをキープできる求人を複数出してくれたので落とさずに住んだ。

最終的には地域も問題なく、年収面でも100万近く上がったので頭が上がりません。

 

doda

29歳・男性

いくつかの転職エージェントに登録していましたが、最後はdoda一本で絞りました。面談がかなり長くなったのに嫌な顔ひとつせず、自分に適した案件ばかりあげてくれるので他で探すのをやめ、その時間を対策に使えて効率の良い転職活動ができたと思います。

もっといいところに行きたいとなったら、時間をかけて探す方針ではないようなので他の転職エージェントを使ってもいいのかもと感じました。

31歳・女性

働きつつ、家事も行いつつの転職活動だったので時間を調節するのが大変でしたが、すべてサポートしてくれて助かりました!

できるだけ私の時間に合わせた日程を組んでもらえて、面接が終わった頃合いに電話もくれるなどサポートの手厚さも良かったです。

26歳・男性

情報量は圧巻!非公開求人も多いし、メールなどで常に情報をチェックできるので利用しやすい。

多くの業種を知りたいといえばそれだけ豊富な紹介もしてもらえて、大変参考にできました。

 

マイナビエージェント

24歳・男性

学生時代の就職活動ではリクルートやマイナビを利用していました。同じぐらい使いやすくて見やすく、とても良かったです。

メールが頻繁にきますが、自分の好みやマッチングした仕事を探してきてくれるので不快ではありませんでした。

28歳・男性

マイナビエージェントでは、担当者の人が1対1で対応してくれたことや、SNSを使って直に会えないときでも進捗や職場を紹介してくれ、マイペースに転職活動ができたこと。

内定が決まったときは、自分のことのように担当者の方が喜んでくれました!

悪かった点では、面接の練習が直前になり、少々焦ったことです。

ですがそれでも面接の際のポイント、言い方など細かいアドバイスをくれたのが嬉しかったです。

20代・女性

マイナビで一番よかったのは、履歴書や職務経歴書を送ってくれるとすぐチェックしてくれて、「こうすればさらに良くなります」と的確なアドバイスをしてくれたところ。

応募して書類で落ちることはほぼなかったので、プロに相談して正解でした!

 

パソナキャリア

28歳・女性

とっても丁寧な対応で気持ちよく転職活動ができました!

面接対策も何度もしてくれたし、評判が良かったのも納得です。

27歳・男性

面接のアドバイス、書類の添削、条件の交渉など細かくサポートしてくれて感謝しています。

電話口の方に質問しても丁寧に答えてくれるので、会社としての質が良いと思います

 

評判の悪い転職エージェントの見分け方

では転職エージェントの評判を見極める基本として、まずは無料登録後の対応を見ることです。

なぜかというと、転職エージェントの良し悪しは会社で決まるのではなく、担当者で決まるからです。

費用がかからないとはいえ最初からすべての転職エージェントに登録するわけにもいきません。

転職が気軽になるにつれて、転職エージェントの数も増え続けていますから。メールの対応だけでも大変になってしまいます。

そこでまずは登録をするのか、しないのかにおいて転職エージェントの見極め方をご紹介していきます。

 

まずは転職エージェントの口コミや評判を一通り見る

登録するにあたっては良い口コミも悪い口コミも一通り目を通しましょう。

見るべきポイントは「★いくつ」などではなく、書いてある感想や内容です。

★の数は人によってつけ方がわかれるところなので正確な評価とは言えません。

例えば私なんかも何かの商品のレビューをするときに、実際には普通に良かったくらいの感想でも、「将来に期待して★5つ」と入れることがあります。

人によっては「質も対応も良かったけど、サイトが使いにくいから★を減らした」といったつけ方をする人もいるので、★の数はあまり参考にしなくてよいでしょう。

転職エージェントの口コミや評判を見る際には、コメントの内容を重視しましょう。

特に担当者の対応などが目安になります。

「全くマッチしていない求人を無理やり紹介してくる」「1社で内定が出たらすぐにそこに入れようとする」といった評判が多い場合は、対応が雑なケースが考えられるのでいったん保留にしておくのが無難です。

転職エージェントの会社そのものが、ノルマ達成だけを考えて無理やり進めているケースか、コンサルタント(担当者)が自身の営業成績ばかり気にしているケースが考えられるからです。

とはいえ、上記のような会社はあまりないので、あくまで悪い評判しかない転職エージェントを発見した時の目安にしてください。

 

反対に、「希望に沿った質の良い案件を出してくれる」「自分では想像できなかったプランを提案してくれた」といった口コミや評判があるのであれば、かなり期待してよいでしょう。

転職エージェント自体が持つ案件の豊富さ・良質さもさることながら、担当者の実力を登録前でも判断しやすい基準となります。

「模擬面接をしてくれる」や「連絡時間をちゃんと考慮してくれた」「相談がある時はすぐに面談を入れてくれる」なども会社の方針やコンサルタントの人柄をはかれるポイントになるので見ておいてください。

口コミ、評判を見るとついつい悪いものに目が行きがちですが、大切なのは良し悪しではなく評判の内容を読み取ることが大事です。

 

転職エージェントの実績や規模を確認する

転職エージェント会社によって得意とする案件が異なってくるので、あなたにあった実績が多いかどうかという基準になります。

また会社の規模が大きいほど口コミや評判の数も増えていきます。大きくなるほど悪い口コミも増えてしまうので、全体像をしっかり捉えることが重要です。

女性の担当者を希望する場合には、サイトで確認できることもあるので、こちらも前もってチェックしてから登録することをおすすめします。

 

転職エージェントに登録してからの連絡が早いかどうか

転職エージェントに登録して、最初の連絡がどれだけ早いか・1回目の面談がすぐに設定できるかどうかは評判を判断するうえで大きなポイントとなります。

これは初回の連絡が早いほど、優秀な転職エージェントである可能性が高いためです。

登録したか忘れたころに連絡が来ても、もう利用する気になんてなりませんよね。

連絡が早ければ早いほどその後の転職活動がスムーズになりますし、対応が早い転職エージェントはそれだけ仕事も早く、採用までの道のりを現実的にプランニングできます。

また初回の転職エージェントとの面談をすぐに設定してくれるかも、連絡時にまず確認しておいてください。

あなたの悩みや希望条件など細かな相談ができ、素早く転職情報を集めることができます。

これは実体験になりますが、最初の連絡が早い転職エージェントはその後の対応が早かった会社が多く、連絡が遅い会社は実活動をできるまでにかなり時間がかかってしまいました。

求職者の立場になって考えてくれる転職エージェントほど連絡が早い傾向にあるのでこちらも目安にしてください。

 

転職エージェントは会社ではなくコンサルタントとの相性で決める

インターネットに書いてある評判だけで決めてしまうと、他に眠っている優秀な担当者を逃してしまう可能性があります。

転職エージェントの利用料は無料なので、利用するだけならコストはかかりません。

最初は大まかでいいのであなたに合いそうな転職エージェントに登録してみて、実際に会った担当者を以下の基準で判断してみてはいかがでしょうか。

 

転職エージェントを決める時は会社の評判ではなく実際の『担当者』で決める!

あなたの転職をサポートしてくれるのは転職エージェント会社でなく、あなたの担当者が1から10までの対応を行ってくれるので、担当者がどれだけ優秀かを見極めることが重要です。

担当者も人なのでたまたまその日の体調が悪かったなど必ず該当するとは断言できませんが、数日を通して印象が悪い場合には担当替えをしてもらっていいと思います。

では、実際に利用して「こんな担当者はやめておくべき」見極めポイントをお伝えします。

面談をしない、話を聞かないエージェントはダメ

一番わかりやすく、かつ重大な判断ポイントです。

費用が無料だからといって電話やメールだけで済ませ、面談の機会すら設けないエージェントは注意が必要です。

随所で面談の機会を作ってくれるか、どれぐらい時間を割いてくれるかを気にしておきましょう。

面談時にも、あなたの転職の要望や条件を聞いた上で、希望に沿ったプランを一緒に考えてくれているか?また、あなたに合った別の可能性を見つけてくれるか?

話の中でこういった発言や行動が見えるかが判断基準となります。

さらに言えば、可能なら模擬面接などを行ってくれる担当者だとより良いでしょう

面接も企業によって形式や質問内容が異なるため、それらにしっかりと対応できる準備をしておけるに越したことはありません。

特に転職が初めての方や、フリーターや未経験からの転職では考えられる質問も変わってくれるので、とても心強い味方となります。

 

返信が遅い、内容がわかりにくいエージェントも避けたい

必ずとは言い切れませんが、返事が遅いエージェントは仕事も雑になりやすい傾向にあります。

というよりこれは転職エージェントだけの話ではなく、どんなビジネスシーンにおいても言えることではないでしょうか。

「返事は迅速かつ丁寧に」を徹底できる人は、仕事を見てもおおむね出来が良い人であることがほとんどです。

エージェントにおいても、返信が早く丁寧な担当者ほど質の高い対応をしてくれる可能性が高いです。

メールの文章がわかりにくい、といった項目も、どれだけこちらのことを考えてまとめているかが読み取れる一つの指標となりますので、こちらもポイントとして抑えておきたいところです。

 

紹介してくる求人の質や量をチェックする

こちらの判断基準としては、大きく2点あります。

・最初から紹介してくる数が多い

・希望に沿った求人かどうか

しっかりと面談で話し合いができていない段階にも関わらず、最初からとにかく多くの案件を紹介してくる担当者は注意が必要です。

こういったケースの場合「たくさん受ければ1社は受かるだとう」というような考えで紹介していることがあり、求人の質をきちんと考えてくれていない可能性があります。

募集要項上では転職の条件に当てはまっているようでも、実情は全くそぐわない会社だったなんて事態になりかねません。

最重要ポイントは「自分の条件に沿った案件を持ってきてくれているか」です。

優れた担当者であるほど、話を聞いて条件だけでなく人生設計や目的、家庭環境といった項目を考えての求人提案をしてくれます。

さらには「少しハードルは上がりますが…」という前提のうえで、少しレベルが上でも十分目指せる範囲の案件を紹介してくれることもあります。

案内してくれる求人の質は、転職エージェント担当者の腕によって大きく左右されるものなので、最終的な担当者の判断は求人内容でチェックしましょう。

とはいえ、求人が希望にマッチしてないからダメなエージェントとなるわけではありません。なぜかと言いますと、

・ベテランの担当者であるほど、登録者自身も見えていないアピールポイントや弱点が見えていることがある

・単に経験が少ない

特に、こちらが思ってもみなかったところで企業にアピールできる可能性を見つけてくれるのは、転職エージェントを利用するうえで大きな利点となります。

第三者の視点から判断してくれるため、新しく視野を広げる良いチャンスとなります。

この点については、希望にマッチしていない求人だと思った時に「どうしてこの案件をオススメしてくれるのですか?」と聞けばわかります。

しっかりした担当者ほどこういったケースも多いので、もし面談や返信の条件を満たしているのであれば希望に合わないからといってすぐにエージェントを担当替えするのはもったいないです。

 

また経験が浅い担当者の場合も、よほど急いで転職ということでもないのなら、少し様子を見てもいいでしょう。

優秀な担当者ほど抱えている案件(担当求職者)が多く、空きが出ない可能性も考えられます。

その反面まだ経験年数が浅い転職エージェントの担当者は、担当している人員も比較的少なく、なによりその分熱心に対応してくれるケースが多いのです。

時間を大きく割いてくれる分、二人三脚で良い転職を実現しようと尽力してくれますので、じっくりと転職を考えたい方なら、経験の浅い担当者でも納得のいくまで転職活動を行うことができます。

また転職エージェントの会社側としても新人にも業績を上げてもらいたいと考えるので、たまにですが優先して良い求人案件を回してくれることもあるそうです。

とはいえ最終的には人対人の対応になるので、最後まで迷った場合には「自分と合う担当者かどうか」を基準にするとよいでしょう。

 

できるだけ多くの転職エージェントで良い担当者を見つけておく

ご紹介した項目を参考に、なるべく複数の転職エージェントで自分に合った担当者を見つけておいてください。

どれだけ良い担当者がいても、やはり転職エージェント会社によって得意としている業界や分野、職種がわかれます。

さらに優秀なコンサルタントの中でも、得意なジャンルは差がありますので、最初に聞いてみるのもおすすめです。

エージェント会社によって持っている案件も分かれるので一カ所ではなく複数の転職エージェントであなたにピッタリの担当者を探すことからスタートしましょう。

 

エージェントとの面談内容で紹介される求人が変わる

いざ転職エージェントに登録して面談を行うとなった場合、面談時にも覚えておきたいポイントがいくつかあるのでご紹介します。

面談の内容により、エージェントが提案する求人が変わってくるのでぜひ参考にしてください。

そもそも転職エージェントとの面談は何のためにやるのか?

初めての方はここからだと思いますが、面談は求職者と転職エージェントの担当者がより深く理解を共有するために行います。

この人にはこの仕事や企業がオススメできる、という今後の転職活動の方針を決めるために必須で、より良いサポートをしてもらうためにも欠かせません。

まず勘違いする人も多いと思うのですが、決して面接ではないので「背伸びしてカッコつけたりしない」ことが転職エージェントとの面談です。

 

担当者が面談で見たいのは、求職者のスキルや過去の履歴だけではありません。

その人の人柄であったり求める人生プランや家庭とのバランスであったり、不安に思っていることなどを面談の中で聞いていきます。

その中で、自身に合ったより良い求人・案件を紹介するのが転職エージェントの仕事なのです。

カッコいいことを言って着飾る必要はありません。

とにかくあなたが思っていることをできる限り伝えることが大切です。

ただし否定的なことばかりだと担当者も困ってしまいますので、「正直働きたくない」といった愚痴になってしまいそうなことは言わないようにしましょう。

 

エージェントとの面談で提案される案件が変わる?面談で失敗しないポイント

インターネットを見ていると「面談で出される求人が変わる」という話がありますが、これは事実だと思っていいでしょう。

担当者は職歴や条件だけでなく、面接時の全てを見たうえで案内する案件を判断しています。

ですので、面談の際には話す内容をスムーズに伝えられるように事前にまとめておきましょう。

実際の面談時は、このような流れで行われます。

面談の流れ

  • 自己紹介
  • 過去~現在の経歴や従事している仕事の内容
  • 転職を希望する理由、キャリアプランなど
  • 転職で希望する条件などの確認
  • 求人の紹介

まずは自己紹介から入ります。最初は緊張するでしょうから、世間話から入る担当者が多いようですね。その後が話しやすくするためにもここは気楽に楽しんでいきましょう。

次に現在の仕事の状態や転職理由、希望条件などを話していきます。

この時ははっきりと、嘘などつかずに自分の考えを伝えるようにしてください。

「良くないことを話すと変な求人しかこないのでは…」と不安に思うかもしれませんが、そこが転職エージェントの使いどころです。

あなたが転職をする際に「不利になる項目」と「有利になる項目」をハッキリさせることができて、面接時に使用する職務経歴書を作る際などに非常に役に立ってくれます。

また正直に伝えることで担当者の方でもメリットがあります。

求職者が自分では発見できなかった強みを見つけることができ、より求職者に合った案件を探しやすくなります。

このように面談の内容によって、担当者から提案される求人は変化しますので、よりマッチした案件に出会うためにも時間をかけてでも面談をしっかり行うようにしてください。

他にも、こんな項目を伝えておくとより自分に合った求人を見つけやすくなります。

・地域を限定する場合は、よりハッキリと具体的に

・これだけは絶対に譲れない条件、柔軟に対応できる条件

・病気があれば正直に伝えておく

特に病気については、「不利になるかも」ということは考えずに正直に伝えておいてください。

きちんと伝えていなかったばかりに、入社しても体調に合わせた仕事の調節ができずに結局退職してしまった、というケースも起こっています。

担当者も病気のことを踏まえたうえで案件を選んでくれますし、企業に伝えにくいのであれば上手くフォローして伝えてもらうことも可能です。

 

さらに面談時にはここに気をつけるべし!

面談は面接ではないと言いましたが、それでも肝に銘じておいてほしいのが「転職エージェントとの面談は採用面接の0段階である」ということです。

より良い面談をするためにも、以下のポイントも参考にしてみてください。

 

服装は普段着でOK!ただし清潔感のある身だしなみを

基本的に転職エージェントとの面談時は私服で問題ありません。オフィスカジュアルであればさらにいいでしょう。

ただアクセサリーをつけすぎている、不潔に感じる、女性であれば濃い化粧をしているなどは印象を左右するポイントになるので、面談時から意識しておきましょう。

普段から派手だといざ面接で適応したスタイルで挑めるか、もチェックされます。

爪やヘアカラー、服の汚れやニオイなど、身だしなみは印象に影響する大きなポイントとなります。

 

また面接の際のスーツの着こなしなどが不安な場合は、面談をスーツで行ってチェックしてもらうのもおすすめです。

さらにアパレル関係での転職を考えているのであれば、普段着の着こなしはさらに適性をジャッジするポイントになるので重要視しておきましょう。

 

面談時の態度も節度あるものを

転職エージェントの担当者は、「企業に自信を持って紹介できる人物かどうか」も同時に判断しています。

印象が悪いとそのレベルに対応した求人しか紹介されない可能性もあるので、社会人として節度ある態度で臨みましょう。

例えばですが「現在フリーターでも誠実に仕事をこなし、話し方もしっかりしている人」と「正社員として長く働いているが不真面目で、態度も悪い人」ならどちらを採用したいと思うでしょうか。

採用面接するのもエージェント担当者も人ですから、当然ながら印象の良さも大切です。

「良いと思った人には良い企業に転職してほしい」と思う気持ちは、人の心に絶対に存在します。

偉そうな態度ではなく、こちらも心ある対応をしておくのが大切です。

 

お礼メールや、キャンセル連絡はしっかりと

社会人のマナーとして、ホウレンソウが問題なくできることは印象付けておきましょう。

キャンセルを悪く思う人もいるかもしれませんが、仕事をしている身であれば忙しいのは当然なのでキャンセルするだけで印象が悪くなることはありません。

キャンセルする場合は「できるだけ早く、正直に」を心がけましょう。

担当者にも予定があるので、連絡が早いほど助かりますし、予定の変更をスムーズに行えます。

別日に入れたい場合はいくつか候補をこちらから出し、対応してもらえるか聞くとやる気をアピールすることに繋がります。

万が一時間を過ぎてから連絡する場合でもできるだけ早く、素直な理由を述べて連絡してください。

また転職エージェント担当者も人、返信が早いやお礼メールなどをもらうと嬉しくなります。

常々の感謝の気持ちを伝えるためにも、お礼や返信は素早く行い、印象アップにつなげていきましょう。

まずは登録!評判が良い大手エージェントランキングTOP3

最後に、迷ったらとりあえずここに登録!オススメの大手転職エージェントを3つご紹介します。

第1位:豊富な求人数と対応が良い転職エージェント『リクルートエージェント』

転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント

業界でも最大手、トップクラスの求人数や登録数を誇っています。採用実績数もトップクラスの水準を誇っているため、実際に採用する企業側からも評判がよく、常に案件が増え続けていると言える転職エージェントです。

中でも案件数は10万件以上となっていて、約8割が非公開求人として持っているから驚きです。

求職者側としても、リクルートエージェントは細かく企業情報などを教えてくれるので条件を比較しやすく、さらにマッチング率も高く評価が高いのが特徴。

コンサルタントも丁寧にサポートしてくれるので、転職初心者の方から多くの求人を見たいという方までどんな人でも利用しやすい転職エージェントです。

メリット

・求人数が多く、質が高い

・外資系案件もありハイクラス転職にも向いている

・企業との信頼関係があり、直接交渉なども対応してくれる

・面接対応などサポートが優れている

デメリット

・詳細な対応が遅いこともある

・時間をかけて比較したい時は不十分に感じることも

リクルートエージェントのリアルな口コミと評判!転職業界トップの実績とは?

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか? また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したい ...

続きを見る

 

第2位:若い世代にオススメの転職エージェント『マイナビエージェント』

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

今最もノリにのっている転職エージェントです。IT系や事務職に特に強く、中小企業の求人や20代に向いた求人が多いことも特徴です。

転職が初めての人が利用する割合が多いので、初心者でも丁寧にサポートしてもらえるので安心して利用できます。

事務職の案件も得意としているので、家庭と両立した事務職を探している、20代女性がこれからキャリアを積めるように、といった相談にも親身にのってくれます。

転職サイトのマイナビ転職も展開しているので、両方を上手に活用するという手もあります。

メリット

・20代の転職に強い

・転職未経験でも丁寧にサポートしてくれる

・転職サイトのマイナビ転職もある

デメリット

・30代以上、ハイクラスの求人希望の場合は不足に感じる

・サポートが細かいので、のんびり転職活動したい人には不向き

転職活動にマイナビエージェントがおすすめな理由!口コミや評判も含めてご紹介

転職希望者転職エージェントがありすぎて、どの転職エージェントを利用したら良いかわからない…! 近年は、転職エージェントが乱立し、転職エージェントを利用したくても、どの転職エージェントを利用すれば良いの ...

続きを見る

 

第3位:高収入案件をメインにしたいならこの転職エージェント『doda』

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

転職サイトと転職エージェント、そしてスカウトの3展開しています。

約10万件を超える案件数を誇り、質が高いのが特徴です。

プロの目線で絞った上での提案を求めている方におすすめです。

dodaはまずコンサルタントが厳選した上で紹介してくれるのが、リクルートエージェントとは違うポイントです。

自分に最適な求人を選びにくい場合は、まず相談して選別してもらう利用方法がおすすめです。

メリット

・大手企業や比較的高収入な案件が多い

・非公開求人が多い

・海外への転職にも強い

デメリット

・非公開求人は早期になくなりやすい

・返信が遅いこともある

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.