転職エージェントのワークポート(workport)とは!?どんな人におすすめ?特徴や評判をご紹介

転職エージェント

転職エージェントのワークポートとは!?どんな人におすすめ?特徴や評判をご紹介

更新日:

転職希望者
IT業界に転職したいのですがワークポートってどうなんでしょうか?

最近は、転職相談でもIT業界志望の転職希望者ばかりなので、IT業界を志望する人が、飽和状態になるのを心配してしまうぐらいです。

ですが、実際には、継続的にIT業界からの求人は存在しています。

そこで私は、IT業界を希望している転職希望者には、IT業界の求人は、現在も用意されていることを伝えたうえで、転職エージェントとしてワークポートを利用することをおすすめしています。

IT業界志望ならワークポート。いったいなぜ指定しているのでしょうか。

今回は、ワークポートについてこの記事で掘り下げていきます。

転職エージェントがわからない人。業界特化型の転職エージェントを探している人はぜひ参考にして、有意義な転職活動を過ごしていきましょう。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

ワークポートとは?

転職希望者
ワークポートって聞いたことないけど大丈夫?

ワークポートは、他の転職エージェントとは違った独自の強みを持っている転職エージェントです。

大手に比べると、知名度がそこまであるわけではないので、ワークポートを紹介すると、転職希望者が私に伝えてくれるのが上記の言葉です。

そりゃ知名度がないと心配になりますよね。

説明をしないとわからないと思います。ワークポートとは、いったいどんな転職エージェントでしょうか。

 

ワークポートはIT業界に特化している、業界特化型の転職エージェントではないので、一見すると、様々な職種を取り扱い、様々な職種に精通しているコンサルタントが在籍している、一般的な転職エージェントと比べて劣っていることはありません。

しかし、採用実績の企業一覧に大きくカプゴンなどが掲載されていることでわかるように、結果的に得意な紹介ができる業界が、IT業界やゲーム業界となっている転職エージェントです。

さらに、エンジニアスクールを無料で開催しており、未経験であっても、IT業界へ紹介できるように、転職エージェントであるワークポートが人材をIT業界向けに育成をしている姿勢もあります。

 

みんなが知りたい強みや特徴

転職希望者
ワークポートって業界特化の転職エージェントではないのでしょうか?

転職希望者
結局IT業界に特化なんてどこにも書いていないので、ワークポートの強みがわからないです。

ワークポートは、IT業界以外にも精通している転職エージェントなので、IT業界に強いと公式に宣伝を強くおこなっているわけではありません。

そこで、ワークポートをIT業界志望の転職希望者へおすすめすると、上記のような疑問を私はぶつけられてしまいます。

転職エージェントは、乱立しているので、他とは違う独自性を持つことによって、他の転職エージェントとの差別化を図っています。

その独自性こそが転職エージェント自体の強みや特徴となりますが、今回のワークポートも、その多様化の中の流れで、他の転職エージェントとは違った独自の強みを持っている転職エージェントです。どんな強みや特徴を持っているのでしょうか。

ワークポートの強みは、取り扱い求人にあります。

実は、総合型転職エージェントと自分達のこと称していますが、取り扱い求人の半数以上が、ゲーム業界とIT業界の求人で締めています。

業界特化型ではないにも関わらず、このように取り扱い求人に傾きがあるのもなかなか珍しいものです。しかし、その傾き自体は、ワークポートの強みと変わっているので、

必然的にIT業界やゲーム業界に関連するような仕事を求める人からの評判が上がり、IT業界やゲーム業界を目指す際にはワークポートがおすすめということに成り代わります。

特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

実は意外かもしれませんが、リクナビNEXTが作成している、最も多くの転職希望者を転職成功に導いたエージェントとして、6年連続で1位を獲得するなど、取り扱い求人の業界に偏りがあるにも関わらず、実績もしっかり持っていることが特徴です。

通常は、取り扱い求人が偏ってしまうと、転職者を就職させることができる求人の母数も下がることになるので、転職希望者へ、多くの求人を紹介できないようになります。

しかしながら、ワークポートはその逆境のような環境を乗り越えて最も多くの転職希望者を転職成功に導いたエージェントとして君臨しているので、求人と転職希望者をマッチさせている、信頼ができる転職エージェントと言えるでしょう。

 

ワークポートはこんな人におすすめ!

転職希望者
どの転職エージェントが自分にとっておすすめ?

こんな疑問を持ってはいないでしょうか。転職エージェントは本当に数がたくさんあるので、結局どれが良いのか分からなくなってしまいますよね。

しかし、転職エージェントは洋服と一緒で、自分に似合う。つまり、自分と相性の良い転職エージェントを選ばなければ、その意味は発揮しません。

そこで、ワークポートを利用すると、効果的な人がどんな人なのかを挙げていきます。ワークポートの利用を検討している人は、どれかに当てはまったら、利用するべきでしょう。

IT・ゲーム業界に興味がある

ITやゲーム業界に興味がある人や、希望している人はワークポート一択です。取り扱い求人の約半数以上ITやゲーム業界の求人が用意されています。

そして、その求人の中で、ワークポートも、他の転職エージェント同様に、非公開求人としている求人が、全体の7割から9割あります。

つまり、この非公開求人数が7割以上あるにも関わらず、全体の半数以上がITやゲーム業界の求人で占められているので、他社では見つからない、ITやゲーム業界の求人が存在する可能性もあります。

未経験での転職を希望している

ワークポートは様々なセミナーを開くことや、求人を出している企業と交渉するなどして、他業種に未経験で転職をすることを強くサポートしています。

自分達の強みとして、ホームページで公称しているほどです。

書類選考を突破するために応募書類の書き方を伝授してもらいたい

ワークポートは、書類選考に突破するための応募書類の書き方も伝授している転職エージェントです。

特に、未経験の業界では、どのような人材が求められているのか分からないとは思いますが、求めている人物像に少しでも近づけた応募書類を作成する必要があります。

その際に、ワークポートは、書類が通過するために、いかに応募書類を応募企業好みに近づけるかを手伝ってくれるということです。

キャリア・年収UPしたい

キャリアアップ年収アップを狙う場合にもワークポートはおすすめです。最も多くの転職希望者を転職成功に導いたエージェントとして、6年連続1位の実績を持っています。

これは、未経験で異業種に転職する人も、同業種でキャリアアップする人も、全て含んだ数字です。

つまり、未経験で異業種に転職する人。同業種でキャリアアップする人。このどちらかが、不満足な結果を得てしまうことが多くなれば、6年連続の数字は達成できません。

6年連続最も多くの転職希望者を転職成功に導いたエージェントの結果は、どちらの側にも満足してもらえているので、得ている結果なので、キャリアアップや年収アップしたい場合にも有効だと言えます。

面接対策をしてもらいたい

私の経験上、中途採用の採用担当者が1番重要視しているのは面接です。

面接がまともにできないような希望者は、どんなに魅力的であっても、不採用としている傾向にあります。面接は非常に大事なものなのです。

そんな面接への対策を、ワークポートはおこなってくれます。

面接対策をしてもらっている人。そうでない人。転職活動をする際には両者に大幅な違いが生まれます。

面接対策をしっかり受けたい場合には、ワークポートにて、最も多くの転職希望者を転職成功に導いたエージェントとしての面接対策を受講しましょう。

 

実際に利用した人の評判と口コミ

実際に利用した人の評判や口コミはどのようなものがあるのでしょうか。

私が転職相談を受けていた、転職希望者の中に、実際にワークポートを利用し、内定を勝ち取った転職希望者がいますので、事例としてご紹介いたします。

Aさんは30代前半の前職がSEの男性でした。SEという経験を利用できる職業ならば何でもいいので、キャリアアップを目指したいということでした。

しかし、キャリアアップを大手転職エージェントで狙うには、はっきり言えば、キャリアがもう少し欲しい人材でした。

そこで、大手は難しいとの判断で、ワークポートを紹介。

ワークポートではコンシェルジュが、キャリアアップを狙い、登録後に即座に仕事を紹介。

この紹介の早さにはAさんも驚いていましたが、迅速な対応をおこなうことによって、Aさんはすぐに、気になる求人を見つけることに成功しました。

それから、面接が苦手なAさんに面接指導をおこなうなどのサポートをしっかりとおこなったうえで、見事に、気になった求人を出していた企業に内定をもらえたとのことでした。

このように、迅速に動いたうえで、しっかりと内定受託までサポートをおこなっている側面があるので、IT業界専門のような口コミや評判が多い転職エージェントではありますが、迅速な対応で、転職者の希望を叶える転職エージェント。それがワークポートでもあります。

 

他社では転職エージェントと呼んでいるのに対し転職コンシェルジュと呼ぶワケ

転職エージェントごとに、エージェントは呼び名が変わります。

その呼び名が、ワークポートは「コンシェルジュ」となっていますが、これにはワークポートなりのこだわりがあるようです。

通常、エージェントは、希望を叶えることができる求人を、カウンセリングのうえで用意していく中で、どうしても、事前に用意されたものにそって対応したり、経験に基づいて対応したりしてしまいます。

しかし、ワークポートのコンシェルジュは違います。

1人1人違う対応をしなければならない。つまり、その人に合わせたやり方で進めていかなければならないとの考えで、転職者をサポートしています。

つまり、エージェントのように、転職を斡旋するという意識ではなく、その人のやり方にそった提案をしたうえで、転職先を紹介していく。

こういった、ワークポートの個人に対してのサポートの姿勢を表した意識を表した名称となっています。

 

eコンシェルって何?

ワークポートには、eコンシェルという、独自のツールを持っています。

このツールは、おすすめの求人が表示されたり、求人への応募状況の確認ができるなど、他の転職エージェントが、わざわざ、メールなどで連絡をとっておこなっていることを、一覧できるようにしているツールです。

忙しい転職希望者にでも、eコンシェルがあることによって、情報を漏れなく渡すことができています。

 

登録・面談・求人紹介~採用されるまでの流れ

登録から採用までの流れはどのようになっているのでしょうか。

まず、ホームページからワークポートへ登録すると、面談の日程相談の連絡が、メールか電話にて入ります。そのうえで、近くにあるワークポートの事務所に出向き、コンシェルジュと面談をおこないます。コンシェルジュは、その面談で大まかな希望を把握するので、希望が把握できたら、コンシェルジュが求人を見つけ次第可能な限り紹介していく流れが基本です。

そのうえで、気になった求人があれば、コンシェルジュ経由で求人に応募。

応募と同時に、面接や書類選考の対策をおこなっていき、内定までこぎつけて、晴れて、入社という流れとなります。ここは、他の転職エージェント同じような流れです。

 

転職にはワークポートを利用し、効果的サポートを受けながらスムーズに転職を成功させよう!

転職活動は、運やタイミングとはよく言いますが、希望の企業が、自分が転職を希望している度に、求人を出しているとは限りません。

ワークポートはコンシェルジュがどのような場合でも、個人に合わせたサポートをおこなってくれるので、場合によっては、志望企業に働きかけてくれるなんてサポートもおこなってくれます。

どこまでも個人に合わせたサポートをおこなっているワークポート。

非常に素晴らしい転職エージェントと言えるので、IT業界やゲーム業界を志望する人は、この手厚いサポートを受けながら、スムーズに転職を成功させていきましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.