30代向け転職サイトを比較したおすすめランキング

30代

30代向け転職サイト・転職エージェントのおすすめランキング!

更新日:

30代の方の大半は、社会人として働き始めて10年近く時間が経っているのではないでしょうか。

1つの会社でずっと頑張ってきたけど、このままここで働き続けていいのか

新しい業種や仕事に挑戦したいけど、年齢的にも難しいかも

そんな疑問や懸念を抱いている方に向けておすすめの転職サービスをご紹介します。

30代での転職を成功させるためにも、サイト選びやエージェント選びは入念に行いましょう。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

おすすめ!30代のための転職サイトランキングTOP5

30代の転職では、それまでの社会人実績や特別な資格が必要とされるケースが少なくありません。

それらの経歴は転職者自身の財産であるとも言えるのです。

一方で、これから全く未経験の職種、業界に挑戦することもできるのが、30代という年齢です。

ここでは、掲載数や情報の質から独自にランキングし、各転職サイトの傾向をご紹介します。

1位 dodaエグゼティブ

マネージャークラス、部門責任者などのある程度高い役職への転職が多数掲載されています。

1つのサイトから求人掲載型の転職サイトと転職エージェントの2種類が使えるのも魅力です。

2位 マイナビ転職

若年層から30代、40代までを幅広くカバーし、さまざまな職種、条件の転職情報が掲載されているのがマイナビ転職の強みです。

未経験でも歓迎というような掲載も多く、今の働いている仕事とは全く別のことをやってみたい、という転職希望者にもおすすめできます。

転職で確実に待遇を良くしていくと考えると少し物足りないかもしれませんが、ひとまずは登録しておいて損のない転職サイトと言えます。

3位 エン転職コンサルハイクラス

30代から40代程度のミドル層をターゲットとしたサイトで、掲載数が多い特長があります。

第二新卒の転職サイトである「エン転職」よりも待遇面が優れている分、必須スキルなどが多く設定されている企業を複数チェックすることができます。

4位 キャリコネ転職

大きい会社への転職を希望するなら、キャリコネ転職がおすすめです。

口コミなどの情報も充実しており、事前に会社の雰囲気を感じやすいという点も高く評価されています。

ただし、掲載数がそこまで多くはないので、他のサイトとの併用で活用するほうが理想的な使い方でしょう。

5位 BIZREACH

BIZREACHは主に40代以上のハイキャリア転職に強みを持っていますが、30代でも十分な実績と経験があれば、十分に利用可能な転職サイトです。

業界内での経験が厚く、特別なスキルや資格がある場合は、BIZREACHへの登録はおすすめします。

おすすめ!30代のための転職エージェントランキングTOP5

転職サイトとあわせて検討したいのが、転職エージェントです。

転職エージェントでは、転職希望者の職務経歴や経験などを軸に最適な転職活動を後押ししてくれます。

自身の強みが何か、また業界の求める人物像がはっきりしないという方でも、安心して転職活動ができます。

1位 RECRUIT AGENT(リクルートエージェント)

求人の質、量ともに業界最大クラスの転職エージェントです。

さまざまな職業、希望に応じた情報を持っていますので、とりあえず相談してみたいという程度でもかなりの情報を得ることができるでしょう。

 

2位 JACリクルートメント

外資系などに強みがある転職エージェントですが、近年ではほかの業種でも幅広い取り扱いを行うようになっています。

質、量ともに申し分なく、ハイキャリアへの転職を目指せます。

 

3位 パソナキャリア

幅広い求人を取り扱うパソナキャリアでは、30代の転職も強く後押ししてくれます。

条件等をしっかり自分で決め、「第二新卒とは違う、スキルを活かした転職がしたい」などの情報を事前にアドバイザーと共有することで、よりスムーズな転職活動ができます。

 

4位 プロフェッショナルバンク

ハイクラス、専門性の高い職種に焦点を当てた転職エージェントです。

30代での転職活動実績が非常に高いこともポイントの1つです。

他のエージェントに比べると対象企業がそこまで多くはありませんが、確実な年収アップを目指すのであれば、登録をおすすめします。

5位 MS-JAPAN

管理部門に特化した転職エージェントです。

多くのさまざまな分野の求人を扱っているのに対して、MS-JAPANは部門とポジションでかなり絞りこまれていますので、使いやすい人とそうでない人がはっきり分かれてしまうと思います。

管理部門での転職を考えている方は、ぜひ登録しましょう。

女性・30代におすすめの転職サービス

上記でご紹介したようなサイトは、従来の男性管理職者をイメージして作られたサービス、という印象を強く受けます。

もちろんこのようなサービスを利用して転職する女性も多いと思いますが、より女性に向けた転職サイト、女性をメインターゲットに据えた転職サービスも存在するのです。

女の転職 type

首都圏を中心としたハイキャリア転職に強みのあるtypeが母体となっています。

掲載数はtype同様そこまで多くはありませんが、条件のいい求人がそろっており、検索の方法もわかりやすくまとめられています。

マイナビAGENT ウーマンウィル

女性のキャリアアドバイザーも多数在籍しており、女性が活躍できる企業を多数紹介できる転職エージェントです。

マイナビAGENT自体は20代、第二新卒に強みを持っていますので、スキルを活かしたキャリアアップを目指す時は、はっきりとそのように伝えておくのがいいでしょう。

転職サイトを選ぶ時にチェックすべき4の比較ポイント

転職サイトはたくさんありますが、どのようなサイトを選ぶのが最もいいのでしょうか。
いくつかの観点をご紹介します。

掲載求人数はある程度多いほうがいい

転職サイトに掲載されている求人数は、多ければ多いほど選択肢が増えますので、多いに越したことはありません。

掲載求人数が多い転職サイトを最低でも1つは登録しておくことをおすすめします。

希望地域に強みがあるか

全国からまんべんなく求人を集めている転職サイトと、特定の地域に特化した転職サイトがあります。

特に30代の転職では、三大都市圏(東京、大阪、名古屋)を中心とした求人が非常に多いため、それ以外の地方での転職活動をする場合は、注意が必要です。

希望職種に強みがあるか

ハイクラス転職では、転職サイトごとに強みのある職種が違う場合があります。

例えば営業スキルを活かした転職を、と思っている人は、営業スキルを求めている求人を多く取り揃えている転職サイトを狙うのが理想です。

実際に転職サイトのホームページに行って希望職種の項目を見ると、多くの場合、その職種の求人総数が表示されていますので、それを参考にしましょう。

「似たような求人タイプの転職サイトを複数登録する」というのは優先度が低め

転職サイトを複数登録するのは面倒、と思われる方もいるかもしれませんが、いくつかの転職サイトを登録しておくことをおすすめします。

それは、希望する仕事をうまく見つけ、そこにたどり着くためです。求人の件数が多くても、希望する就労条件に合った求人がなかなか出なければ、そのサイトはあまり活用できません。

また、ハイクラスに絞りすぎている場合、面接や面談で不採用とされてしまうこともあるでしょう。

あなたの市場価値を知るために転職エージェントに登録し、多数の求人がある転職サイトで情報を集めながら、ステップアップを目指せる職を別のサイトでも探していく、というような動き方が理想になります。

逆に言えば、これらの切り分けの中で同じ区分に入るような転職サイトは「1つあれば十分」ということにもなります。

求人掲載数が非常に多いサイトを2つ登録しようと迷っている場合は、どちらか、より自分に合っていると思うサイトを登録しましょう。

登録した後で操作性の悪さやミスマッチを感じた場合に、もう1つのサイトにも登録すればいいでしょう。

転職活動はどうやって成功させるのか?

30代での転職は、それなりに覚悟のいることです。

すでに家庭がある方は、特に収入面での不安も大きいでしょう。

「今のキャリアには不満があるけれど、次のステップで失敗してしまったらどうしよう」と考えると、なかなか踏み出しにくいかもしれません。

しかし、成功事例をいくつか見ていくと、共通する項目があります。

胆力がある

転職者を採用する側の企業も、30代前半後半問わず、30代の 転職者は「ある程度の経験者」で、かつ「野心がある人材」と見ているケースが多く見受けられます。

特にハイキャリアへの転職の場合は、確実に過去の実績を考慮しています。

こうした方は、若手の手本となり上司を支える中堅どころであり、どこの企業も強く欲している人材です。

だからこそ、途中で投げ出すのではなく、プロジェクトを完遂させるような強い意志を持った方が求められています。

「肝が据わっている」というような人材は、重宝されやすいと言えるでしょう。

面接時は正直に、かつポジティブに

転職の面接時などには嘘偽りなく正直に答えるようにしましょう。

企業の人事もプロですから、軽率な嘘やハッタリは、簡単に見破られます。

転職を決意したきっかけや、転職後にやってみたいプロジェクトや業務などを明確にして、それに対して自分がどう貢献できるかをアピールしてください。

自分を採用することで企業にどのようなプラスがあるのかを、人事に具体的にイメージしてもらえると、採用率が高まります。

ただし、あまり質問されていないことまで喋りすぎないほうがいい場合もありますので、場の空気感を見てうまく対応しましょう。

決して驕らないこと

もしハイキャリア転職を目指しているのであれば、特に注意したいのが「大きく出すぎないこと」です。

もしこれまでに非常に大きなプロジェクトに携わっていたとしても、新しく転職して入った会社では入社1年目の新人になります。

役職付きで入社したとしても、必要以上に尊大な態度を取っては、人間関係がうまくいかなくなってしまうでしょう。

面接や面談の際に過去の経歴やスキルをアピールすることは必要ですが、それを鼻にかけたような態度は取らないように気をつけましょう。

やりたい仕事をする!未経験でも採用されやすい業界

最も引く手数多なのは、人手不足が深刻化しがちなIT業界です。

ITエンジニアの仕事は、大まかに分けて「システムエンジニア」「プログラマー」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」の4つあります。

システムエンジニアは、顧客からの依頼に合わせてシステムをどのように作っていくかを決定します。

プログラマーは、システムエンジニアの考えた設計に基づいてプログラムを実際に作成する仕事です。

サーバーエンジニアは、プログラマーが作ったシステムを動かすためのコンピュータの設計、構築などの環境づくりに携わります。

ネットワークエンジニアは、コンピュータをネットワークにつなげる準備や環境をつくる仕事です。

これらは専門性が強く求められるだけでなく、拡大し続けるインターネット社会のインフラとして必要不可欠な産業です。

それにもかかわらず、比較的激務とされることが多かっため、避けられがちな業界ですが、近年のIT業界は働き方革命を率先して取り入れている会社が多く有給などが取りやすい環境になっています。

こうした一般的な業界イメージと各社の実態がどこまで一致しているかを事前に調べられるのも、転職サービスのメリットです。

転職サイトでは口コミが、転職エージェントではアドバイザーが、それぞれ企業の様子を求職者に教えてくれます。

ITエンジニアという業種に興味がある方は、転職サービスを活用した転職をおすすめします。

まとめ:30代の転職はあなたの人生設計に大きく影響します

30代での転職は、今後の人生設計に大きな影響を及ぼします。

40代以降で新しい職種、業界に参入しようとしても難しく、またマネージャーなどのある程度高い地位を確立させるためのステップとしては、ここが1つの正念場であるとも言えるからです。

幅広い求人を取り扱った転職サイトや、親身に相談に乗ってくれる転職エージェントを活用していきながら、理想的な転職を目指しましょう。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.