転職サイト

実際の利用者の口コミを比較!評判の良い人気転職サイトをご紹介

転職活動を始める人の多くが、まず最初に利用を検討する転職サイト。

転職サイト(求人サイト)は、誰でも気軽に自分が見たいと思った企業や求人の情報を入手できるとても魅力的な転職サービスです。

ですが、その数や種類が豊富すぎてどの転職サイトを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、実際の利用者の口コミで評判の良かった人気転職サイト(求人サイト)をご紹介していきます。
口コミサイトやTwitterなどから実際の利用者の声を調べ、それぞれの特徴やサービス内容などを比較した結果、総合的に満足度の高かった転職サイトを厳選しました。

また、どの転職サイトを使おうか悩んでいるあなたのために、転職サイトの選び方や併せて利用してほしい転職サービスと口コミサイトについてもお伝えします。
是非最後まで読んでみてください。

この記事で分かること

● 実際の利用者からの評価が高い転職サイト
● 各転職サイトの評判と口コミの内容
● あなたに合った転職サイトの選び方
● 転職サイトとの併用におすすめな転職エージェント
● 会社の情報収集におすすめな企業口コミサイト

  • この記事を書いた人

山内 彩菜(やまうち あやな)

事務用機器・医療機器などを取り扱うリース会社に営業として新卒入社。 数多くの企業を見て回り業務をこなす中でIT業界へ興味を持ち、晴れて未経験からSEへ転職。 転職を実際に体験したからこそお伝え出来ること、お伝えしたいことを配信させていただきます。

転職サイトとは

転職サイトとは

人気の転職サイトをご紹介する前に、転職サイトがどんな転職サービスなのかについて少し触れておきます。
転職サイトを効果的に活用していくためにも、おおまかな特徴を把握してきましょう。

転職サイト(求人サイト)とは?

転職サイト(求人サイト)は、希望条件を満たす求人を自分で探し応募から面接まで進めていくスタイルの転職サービスです。

特徴 ・24時間いつでもどこでも無料で利用できる
・自分のペースで転職活動を進められる
・自分のこだわりの希望条件で様々な企業と求人の情報を探せる
・応募したいと思えばどんな企業へも応募できる
注意点 ・求人探しに時間がかかる
・求人探しから入社までの全てを自分で対応する必要がある
・応募先企業の内部情報を得にくい

転職サイトでは、自分が見たいと思う求人を転職者自身で検索し、比較検討してから応募することができます。

よりニーズに近い求人を探せる点や、応募する企業を選ぶ際の自由度が高い点がメリットとして挙げられます。
そのため、求人情報や企業情報を自分の目で確認しながら調べたい人にとって有効な転職サービスと言えます。
また、今すぐにではなくいずれ転職したいと思っている人にとっても利用しやすい転職サービスです。

しかし一方で、求人への応募や面接日程調整、履歴書・職務経歴書の作成や面接対策などを、応募する各求人ごとに自分で対応しなければなりません。

また、どんな求人を求めているかが明確でないと、大量の求人を絞り込めず求人探しに時間がかかってしまう可能性が高いです。
そのため、転職の軸(求人を選ぶ際に重視する条件)をしっかり持っている人におすすめな転職サービスです。

 

転職サイトで転職を進める流れ

転職サイトを利用して転職する場合、大きく分けて2つの流れで進めていくことが可能です。

直接
応募型
・希望に合う求人を自分で探す
・転職先を自由に決められる
スカウト型 ・経歴やスキルを登録し、企業や提携エージェントからスカウト(求人)をもらう
・どんな企業に求められているか分かる

進め方の1つは、応募したい求人を自分で探して自発的にエントリーするやり方です。
もう1つは、経歴やスキルを登録しておき、そのスキルを求める企業や提携している転職エージェントからスカウトを受け取るというスカウト機能を利用するやり方です。

自分でエントリーする方法は、言葉の通り自分で積極的に求人を探して応募するやり方で、アルバイトに応募する際や就職活動などと同じような流れなのでイメージしやすいかと思います。

一方、スカウト機能を利用する方法は、自分から積極的に求人を検索する必要はありません。
予め登録しておいたあなたの経歴やスキルに興味を持った企業からスカウトを受け取り、もし希望条件を満たすものがあれば応募するという流れになります。

また、このスカウトは企業からだけではなく転職サイトと提携している転職エージェントからも受け取ることができます。
その場合、転職エージェントが保有する非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

ただし、すべての転職サイトにスカウト機能がついている訳ではないので、スカウト機能を活用してみたい場合は登録の際に注意が必要です。

 

口コミ高評価!人気転職サイトランキング

では、実際の利用者から高評価を得ている転職サイトを、その口コミと共にランキング形式でご紹介していきます。
Twitterや口コミサイトでの評判を比較して、特徴やサービス内容などをまとめてみましたので、そちらも一緒にお伝えしていきます。

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

 

特徴

求人数44,000件以上※2020年9月7日時点
● 登録会員数910万人超
● IT・通信系と不動産・建築系求人が多い
転職者の約8割が利用
20代~40代の利用者が多い
● スカウトサービスあり
● アプリあり

 

業界最大手だからこそ求人数が他のサイトと比較してダントツで多く、毎日求人情報がどんどん更新されていくので、自分の条件に合う求人を見つけやすいと思いました。
あとサイトのシステムも使い勝手がよく、求人数が多くても自分の欲しい情報だけを見つけやすいと感じました。
転職は短期集中的に決めたいと思っていて、目標通りに3カ月以内に採用をもらう事が出来たので、利用して良かったです。
みん評-やどかりさんの投稿より引用

 

特に私が便利に感じたのは「スカウト機能」です。
職務履歴書等の情報を登録することで、企業採用担当者からも探してもらえるサービスです。
私は資格や今までの実績を色々登録したのですが、そこに目をつけてオファーしてくれる企業と出会えました。
最終的にはスムーズに納得のいく転職活動をすることができました。
みん評-ジロウさんの投稿より引用

 

 

第一位にランクインしたのは、リクナビNEXTでした。

リクナビNEXTは、総合人材サービス業界大手リクルートのグループ企業であるリクルートキャリアが運営する転職サイトです。

圧倒的な求人数の豊富さと、転職活動をバックアップしてくれる充実したコンテンツ、そして業界最大手という知名度が人気な理由のようです。

取り扱う求人数は業界トップクラス。
掲載企業の業種が広範囲で中小企業の求人も多く扱っているようです。
認知度が高いこともあり、20代~40代と幅広い年代の人が利用しています。

また、スカウトサービスの評価も良く、それが転職に繋がったという口コミもありました。
その他、独自サービスが便利だったという口コミやスマホのアプリも使いやすかったという口コミも多かったです。

自分自身の強みが見つかる『グッドポイント診断』、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップができる『レジュメ完成度診断』など、転職が初めての人だけでなく転職を検討している全ての人にとって役立つコンテンツも充実しています。

これらのサービスをフル活用すれば効率的な転職活動ができること間違いなしです。

 

 

doda(デューダ)


doda

 

特徴

求人数94,777件(公開求人59,335件)※2020年9月3日時点
● 会員数約545万人
● IT・通信、建築・不動産、機械系メーカー求人が多い
20代~35歳までの利用者が多い
● スカウトサービスあり
エージェントサービスあり
● アプリあり

 

ほぼ全ての大手転職サイトに登録しましたが、求人数に関してはリクナビに次いで多かったです。
ただdodaと他サイトとの一番の違いはdodaはエージェント経由の応募が非常に多く、全体の9割ほどがエージェント経由での応募になっています。
みん評-巣穴のモグラさんの投稿より引用

 

・大手が多い。優良企業からオファーがきた。
・オファーにブロック機能があり便利だった。
検索機能で条件がかなり詳細に設定でき、自分が求める求人に絞りやすかった。
みん評-あずきさんの投稿より引用

 

自分が気付いているつもりで気付いていない、志望動機や転職理由の不足箇所、綻びを的確にアドバイス、指摘してくれました。また、本番の面接前に模擬面接を設定してくれ、下準備と対策を行った上で第一希望の面接が受けられました。
その際にはいわゆるノウハウだけでなく、企業の人事担当者の裏話のような内容も聞けたので、結果的には利用して正解だったと思います。
その後、希望先から内定をもらうこともでき、入社実績をもとにしたアドバイスは具体的で助かりました。改めて情報を掴んでおくのは重要なことだと感じました。
Jobmarkより引用

 

第二位にランクインしたのは、doda(デューダ)でした。

dodaは、人材紹介サービスを提供するパーソルキャリアが運営する転職サイトです。
もともと転職情報誌として1,989年からスタートしたサービスで、これまでに培ってきた求人企業との関係性はとても強く、対象地域も全国を網羅しています。

エージェントサービスの質の高さ非公開求人の多さと、リクナビNEXTに次ぐ業界大手ならではの初めての転職者向けサポートサービスの充実度が人気の理由のようです。

dodaは、転職サイトとしてのサービスだけでなくエージェントサービスを併用することができるため、キャリアアドバイザーによる非公開求人の紹介やキャリアコンサルティングなどを受けることができます。

今すぐにではないが転職を検討している段階では転職サイト機能で自己分析や情報収集を進め、本格的に転職活動をスタートする段階になったらエージェントサービスに申し込むという使い方ができます。

キャリアアドバイザーのサポート力が高いという口コミや、スカウトやオファーの件数が多いという口コミが多くありました。

スカウトサービスやエージェントサービスなどの求人を紹介してもらえるサービスが多いことや、診断・書類作成ツールが業界内で比較しても大変充実していることから、効率的に情報収集や転職準備を進めることができます。
このように、大手ならではの強みを生かしたサービスが多いのが特徴の1つと言えます。

適正年収を算出できる『年収査定』、どんな働き方が向いているかを診断できる『キャリアタイプ診断』や職務経歴書を作成できる『レジュメビルダー』などのコンテンツは、利用者からの評価も極めて高いので、上手く活用するのがおすすめです。

 

ビズリーチ


ビズリーチ

 

特徴

求人数92,000件※2020年9月7日時点
全体の1/3以上が年収1000万以上の求人
転職成功者の8割以上がスカウト経由で転職
● 年収600万以上で転職意欲のある人に支持される転職サービスNo.1※シード・プランニング調べ
● 有料プランあり
● スカウトサービスあり
● アプリあり

 

おすすめできる点は何より収入が高い求人が多い事。
食品メーカーの求人を探しておりましたが、以前よりも年収が高い求人が多く、他の転職サイトでは出てこないような案件ばかりでした。
Jobmarkより引用

 

即戦力に特化した求人サイトなので、やはり同業界への転職には有利かと思います。
スキルシートの記載項目が細かくて時間がかかりますが、リクナビやエン転職と比べると求職者の希望条件のニーズを正確に把握している印象を受けます。
スカウトを送ってくるエージェント会社も手当り次第に誰にでも紹介のオファーを送ってくる感じでもありませんし、こちらも無駄なオファーがたくさん来ないのはいい事だと思います。
案件としてはコンサルタントや製薬医薬関連、通信業界もよく見ます。
年収500万円以上くらいのスペック、スキルがないと登録しても意味は無いかと思います。
Jobmarkより引用

 

活動中は1ヶ月2,980円の費用はかかったが、スカウトメールが届く件数やその中身に関してはとても優れていた。
テレビCM等でサイトの認知度をアップさせた結果なのかもしれないが、他の一般的な転職サイトとは情報の有益度が異なっていた。
様々な業界の求人を薄く広く掲載しているのではなく、比較的深く掲載しているので、各業界に特化した専門転職サイトと比較しても見劣りしない情報を得る事はできた。
スカウトとのやりとりもスムーズで、通常応募とは違うアドバンテージを持って転職活動に当たれる。
Jobmarkより引用

 

第三位にランクインしたのは、ビズリーチです。

ビズリーチは、ハイクラス案件に特化した転職サイトです。
高年収案件を多く扱っているため30代以降のビジネスパーソンの利用率が高く、年収600万円を超えるユーザーに支持される転職サービスNo.1の獲得実績があります。

ハイクラス・高収入案件の豊富さヘッドハンターの質が高いことで、確かなキャリアアップが実現できることが人気の理由のようです。

ビズリーチの求人は全体の30%が年収1000万円超の求人となっており、他の転職サイトにはない高収入案件が豊富です。
ビズリーチに登録する際の年収入力欄を見てみると500万円が基準年収になっているようでした。
そのため、あくまで目安ですが年収500万円以上の人にはとても有効な転職サイトと言えるでしょう。

また、ビズリーチの利用者の多くがスカウトサービスを利用しており、その満足度は業界内でもトップクラスだと言われています。
優良企業や優秀なヘッドハンターから直接スカウトを受け取れるため、より質の高い自分にマッチした求人を見つけることができます。

ビズリーチには2つの会員ステータスが設けられています。
スタンダードステージという無料プランとプレミアムステージという有料プランです。

もちろん無料で利用することもできるのですが、会員ステータスによって利用可能なサービスの幅が異なります。
転職活動の可能性をさらに広げたい人はプレミアムを活用してみるといいでしょう。

一定以上のポジション、年収額の案件が多いので、ある程度ハイクラスな情報が欲しい人や本気でキャリアアップしたいと思っている人におすすめです。

 

 

自分に合ったサイトの選び方

自分に合ったサイトの選び方

 

転職サイトを使って転職活動を進めていく場合、転職成功率を上げるために重要なのが、自分に合った転職サイトを選ぶということです。

口コミで評価の高い転職サイトをご紹介しましたが、実際の利用者からの評判が良くても、それがあなたに最適な転職サイトであるとは限りません。
なぜなら、各転職サイトごとに強みとなるサービスやサポート内容が異なるからです。

転職サイトはどこも同じようなものだと思っている人も多いですが、各社それぞれの特徴があります。
転職サイトごとに取り扱っている求人や得意とする業種・職種も様々ですし、独自サービスを提供しているサイトなどもあるため言葉通り多種多様なのです。

そのため、あなたが転職サイトに求めるものが何かによって選ぶべき転職サイトが変わってきてしまいます。

以下に、自分に合った転職サイトを選ぶためのステップをまとめてみました。

1.転職で実現したいことを認識する
2.各転職サイトの強みや特徴を把握する

転職で実現したいことを認識する

自分に合った転職サイトを選ぶために、まず自己分析をしてみましょう。
自己分析とは、自身のこれまでの経験やキャリアを振り返り、興味・関心・こだわり・向き不向きなどを認識することです。

それによって、何ができるのか・何がしたいのか・他者から何を求められているのかに気づくことができます。
つまり、キャリアプランを考えることで、何を実現するために転職したいと思っているのかを理解することができるのです。

その結果、転職サイトを選ぶ際に、どんな転職サイトであれば自分の希望を実現できるのかという見方ができるようになります。

各転職サイトの強みや特徴を把握する

転職で実現したいことが把握できたら、各転職サイトの特徴を調べてみましょう。
何に強みを持ちどんな傾向のあるサイトなのかを把握することで、自分の要望にあった転職サイトを選択することができます。

転職サイトの特徴を把握するために見ておきたいチェックポイントをまとめてみました。

転職サイトに求めるものは?

・求人数/求人の質
・強みのある業種や職種/年齢層
・サポートサービスの充実度
・使いやすいか/見やすいか?
・どんな独自サービスがあるか?

 

求人数/求人の質

求人数は、特にサイトごとに違いがはっきり出てくるポイントです。
必ずしも多ければいいというものではありませんが、取り扱っている求人数の多さはそれだけ企業から信頼されているという証です。

出会える求人数が多いと、その分転職の可能性も広がるので1つの指標にしてみるといいでしょう。

また、求人の内容についても確認しておきましょう。
仕事内容・労働環境・給与事情・福利厚生などがしっかり分かる内容の求人票かどうかや、どんな内容の求人が多い傾向にあるかは要チェックです。

 

強みのある業種や職種/年代層

求人数の次にサイトごとに違いがはっきり出るポイントが、強みのある業種と職種です。

特定の業種や年代層向けに特化しているサイトでなくでも、扱っている求人に何かしらの傾向があるはずです。
もし見たいと思う業種や職種が決まっているのであれば、どんな業界への支援に強みを持つのかを把握しておくといいでしょう。

 

サポートサービスの充実度

転職サイトの中には、応募書類の作成や面接日程の管理が簡単にできたり、スカウトサービスを提供してくれるサイトもあります。

転職活動中はやらなければいけないタスクが沢山あるので、基本的にはそれらのサポートサービスをフル活用するのがベターです。
効率的に転職活動を進めていくためにも、どんなサポート機能があるかをチェックしておきましょう。

 

使いやすいか/見やすいか?

どんなに便利な機能が提供されていても、サイトが見づらいと見たい求人を探せなかったり時間がかかってしまったりと、ストレスを感じてしまいます。

サイトごとに、求人検索条件に指定できる種類の豊富さや検索条件を保存できるかどうかなども異なっているので、そういった操作性の部分も確認しておくといいでしょう。

また、アプリが配信されているかどうかも確認しておきたいポイントの1つです。

 

どんな独自サービスがあるか?

適性診断や市場価値診断などのコンテンツを提供している転職サイトが多いので、独自サービスの有無とその内容も確認しておくといいでしょう。

それらの多くは自己分析や業界・企業分析などにとても役立つものが多いです。
転職準備の際などに活用して、自身でもよりストレスフリーな転職活動を進めていける環境作りをしてみましょう。

 

転職成功率UP!転職エージェントを併用する

転職成功率UP!転職エージェントを併用する

さらに転職成功率を上げるために、転職サイトと転職エージェントの併用をおすすめします。

両者はそれぞれの弱みを補完する関係にあります。
そのため、どちらか一方を利用するよりも、両者を併用して使い分けることでより転職成功率を上げることができるのです。

まずは、転職サイトと転職エージェントの違いについて見ておきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違いとは

転職サイトと転職エージェントの最も大きな違いは、キャリアアドバイザーによる手厚いサポートサービスを受けられるかどうかという点です。

以下に、それぞれのサービスのポイントをまとめてみました。

転職
サイト
・24時間いつでもどこでも無料で利用できる
・自分のペースで転職活動を行える
・求人を探すタイミングや応募企業を自分で決められる
転職エー
ジェント
・キャリアの相談ができる
・面接日程の調整や年収交渉などを代行してもらえる
・応募書類や面談などの選考対策をしてもらえる
・非公開求人を紹介してもらえる
・業界や企業の内部情報を教えてもらえる
・プロの視点から転職のアドバイスをもらえる

 

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーやキャリアコンシェルジュという転職のプロが転職支援の担当についてくれます。
上記のようなサポート支援を受けることができるため、悩みを相談したりアドバイスをもらいながら転職活動を進めていきたい人にはおすすめの転職サービスです。

一方、転職サイトを利用する場合は、基本的に転職活動に関することは全て自分一人で行わなければなりません。
その反面、自分のペースで進めていくことができるため、自由度の高い転職活動を行うことができるという特徴があります。

そのため、キャリアアドバイザーからの積極的なアプローチを受けたくない人や、まだ転職しようか悩んでいる人にとっては使いやすい転職サービスと言えます。

 

転職サイトとの併用におすすめな転職エージェント

では、転職サイトとの併用におすすめな転職エージェントをご紹介していきます。

もし、利用してみて自分に合わないなと感じたら、すぐに利用をやめてしまって大丈夫です。
どんな転職サービスでも、自分と相性がいいものとそうでないものとがあります。

そういった意味で、複数の転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。
転職サイトと同じく各社それぞれに強みとするものが異なっているので、特徴を見極めていくことが自分に合った転職エージェントを選択するために重要です。

複数登録をおすすめするワケ

● 相性のいいキャリアアドバイザーに出会える
● 各エージェントの強みを活用できる
● より多くの非公開求人に出会える

 

より詳細な転職エージェントのランキングをチェックしたい場合は、「転職エージェント・転職サイト徹底比較!おすすめランキング完全版」をご覧ください。

 

おすすめ転職エージェント

・リクルートエージェント
├全ての世代
└幅広い業種・職種の求人を沢山見たい人
・doda
├20代~30代
└充実したサポート体制でバックアップしてほしい人

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績・求人数共にNo.1の大手総合型転職エージェントです。

業種・職種を問わず幅広いコネクションをもっており、転職活動をするにあたってまず登録しておきたい転職エージェントと言えるでしょう。

取り扱っている求人案件の対象年代層も多様なため、転職エージェントの利用を検討している人すべての人におすすめします。

 

doda

dodaエージェント

おすすめ転職サイトでご紹介したdodaは、転職サイトと転職エージェント2つの機能を持っています。

dodaのエージェントサービスは、リクルートエージェントに次いで業界No.2の大手総合転職エージェントです。
転職に関する情報提供を積極的に行っており、多くの人が苦労する業界研究や自己分析におけるサポート体制も充実しています。

今すぐにではなくいい求人があれば見てみたいという人は転職サイトのdodaに登録し、本格的に転職活動をスタートする段階になったらdodaのエージェントサービスに申し込むのがおすすめ活用法です。

 

さらに実際の利用者の口コミで評判の良い転職エージェントをチェックしたい場合は、「実際の利用者の口コミから評判の良いおすすめ転職エージェントをご紹介!」もご確認ください。

 

入社後ミスマッチ防止!企業の口コミサイトで情報収集する

入社後ミスマッチ防止!企業の口コミサイトで情報収集する

転職が成功したかどうかは、転職先へ入社した後の満足度によって決まります。

転職先の会社で活躍できていたり、前職で感じていた不満が解消されたりしていて初めて転職が成功したと言えるのではないでしょうか。
その点において、転職を成功させるためには企業選定がとても重要であることが分かります。

企業情報を入手する手段としては、求人票、転職エージェントや企業のホームページなどが挙げられます。
しかし、これらの手段ではどんな人が働いているのかやどんな労働環境なのかなど、リアルな内部情報が得られる可能性が低いです。

そこで活用したいのが、企業の口コミサイトです。
現社員や元社員が書き込んだ企業の口コミを閲覧することができます。

そのため、求人票やホームページなどからは見えてこない給与や仕事の内容、人間関係やカルチャーなどの内部情報までリサーチすることができるのです。

転職サイトや転職エージェントの求人情報と共に参考に見ておくといい企業の口コミサイトをご紹介していきます。
どんな情報が欲しいかによって使い分けてみてください。

 

転職会議 OpenWork(旧Vorkers) enLighthouse(旧カイシャの評判) キャリコネ
口コミ 300万件以上 990万件※口コミ+評価スコアの保有件数 320万件以上 記載なし
ユーザ 700万人以上 約290万人 年間5000万ユーザ 記載なし
会員登録 必須 必須 必須 必須
全口コミ閲覧条件 ・無料会員登録後48時間
・口コミ投稿(39日間/1口コミ)
・口コミパス購入(税別980円/39日間)
・会社評価レポートに回答
・OpenWork経由で提携転職サイトに登録
・有料プログラム登録(税別1000円/月)
・口コミ投稿(期限半年間) ・口コミ投稿(期限1年間)
・ID一括登録サービス
(キャリコネとキャリコネニュースに同時)に登録
運営ポリシー ・目視確認
・アカウント停止対応
・口コミ削除対応
・目視審査
・不適切投稿の非掲載対応
・不適切口コミの報告機能有り
・500文字以上
・コピー&ペースト不可
掲載なし ・目視確認
・不適切投稿の非掲載対応
・不適切投稿の通報機能有り
・450文字以上
・コピー&ペースト不可
その他特徴 ・口コミ掲載企業約17万社
・フリーター登録可
・口コミ修正可(申請要)
・口コミ削除不可
・アルバイトや派遣社員は会社評価レポート回答不可
・ポイントプログラムで貯めたポイントで閲覧期間を延長可
・口コミ削除不可
・女性視点の口コミ
・全国70万社の企業情報をデータベース化
・口コミ削除可
・登録企業数62万社
・具体的な年収情報が分かる
・口コミ削除可(申請要)

 

口コミの充実度で選ぶなら転職会議!

転職会議は、口コミ投稿数・登録ユーザ数ともに国内最大級規模の企業口コミサイトです。
無料会員登録後48時間だけは口コミ投稿しなくても口コミを閲覧することができます。

企業評価項目は12項目と他の企業口コミサイトと比較しても多いので、詳細な口コミを沢山見たい人におすすめです。

企業比較機能の充実度で選ぶならOpenWork!

OpenWorkは保有する口コミと評価スコア件数が990万件と、業界の中でも最大の情報量を誇る企業口コミサイトです。

競合他社との比較ができる点や、業界内でのランキングも確認できる点が最大の特徴と言えます。

そのため、業界内でのポジションが気になる人におすすめです。

女性視点の充実度で選ぶならenLigthhouse!

enLigthhouse(エン ライトハウス)は、利用者が勧めたいサイトNo.1を獲得した実績を持つ企業口コミサイトです。

年間5000万ものユーザが利用していることから、利用者からの信頼が厚い口コミサイトと言えます。

また、女性視点で会社の評価を調べることもできるため、女性の働きやすさを知りたい人におすすめです。

 

年収情報の充実度で選ぶならキャリコネ!

キャリコネは登録企業数が62万件以上で幅広い企業の情報が集まっている企業口コミサイトです。

キャリコネには口コミサイト比較機能があり、キャリコネと転職会議・OpenWork・enLigthhouse(旧カイシャの評判)の4社の口コミ情報を比較することができます。

また、月給だけでなく残業代・時間外手当・通勤手当・賞与なども含んだ具体的な給与明細をみれるので、詳細な給与事情を知りたい人におすすめです。

企業の口コミをどこまで信じてもいいか

口コミサイトでの評判を参考にする際に気になるのが、信憑性ですよね。

一般的に、口コミサイトに投稿される口コミはネガティブな内容のものが多くなってしまう傾向にあります。
口コミは少なからず個人の主観が含まれてしまいますし、何かしらの不満があり転職した人が書き込みをすることが多いためです。

それは逆に、個人の主観が入り込みずらい客観的な事実の部分であれば信頼性のある情報の可能性が非常に高いということになります。

「残業が〇時間以上だった」「産休育休を取得できた」など、具体的な数字が示されているものや事実が述べられている部分を参考にするのは問題なさそうです。

また、どんな内容の口コミがどれだけあるのかということに着目して見ていくことも信頼性を高める1つの方法です。

口コミは、内容をそのまま鵜呑みにするのではなく、その傾向を見ていくことが大切なのです。

まとめ あなたにとって最適な転職支援サービスを見極めよう

まとめ あなたにとって最適な転職支援サービスを見極めよう

いかがでしたでしょうか。
転職が決して特別なことではなくなってきている現在、転職活動を支援してくれるサービスは数多く存在しています。

だからこそ、どのサービスを何のためにどう利用するのかを意識して行動する必要があります。

あなたにとって最適な転職支援サービスを見極めて、満足度の高い転職を実現しましょう!

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.