リクナビNEXT(リクナビネクスト)の口コミ評価を紹介

転職サイト

リクナビNEXT(リクナビネクスト)の特徴~他社との違いと評判~

更新日:

多くの転職サイトランキングで1位を獲得、会員登録880万人転職希望者の8割が利用しているリクナビネクスト。

人気の理由や、どのように活用すると転職活動に効果的かという点が気になる方も多いのではないでしょうか。

逆に、デメリットも知った上で登録したいという慎重な方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、このページでは、実際にリクナビネクストを利用し転職活動を行った方の口コミを元に、リクナビネクストの特徴をメリットとデメリットに分けてまとめました。

まずは、リクナビネクストを利用することのメリットから見ていきましょう。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

【メリット】リクナビネクストのおすすめポイント

リクナビネクストは「cmで見たから」「新卒の時に利用したから」などのブランドイメージが登録のきっかけになっている方も多いですが、実際に利用すると、次のような優れた特長があります。

 

リクナビネクストのおすすめポイント

ココがおすすめ

  • 求人数が多く案件が豊富
  • サポート機能が便利

1つずつ詳しく見ながら、リクナビネクストをおすすめする理由をご説明していきましょう。

求人数が多く案件が豊富

リクナビネクストの強みは、何と言っても業界最大級の求人数です。30,000件以上の求人に加え、毎週水・金曜の更新日の新着案件は、約3,000件。

実際に、リクナビネクスト利用者からも、求人数に関する高評価の口コミが多いです。

リクナビネクストの口コミ

他の転職サイトでは自分に合う求人が見つからなかったけど、リクナビネクストにはたくさん掲載されていた。

リクナビネクスト経由の選考はスキルよりも人物重視だと感じ、未経験でも転職しやすいと思った。

リクナビネクストは他の転職サイトよりも大手企業の掲載が多かったと感じる。

このように、リクナビネクストでは、大手企業から中小企業まで幅広くカバーしていることが分かります。

リクナビネクストは特に営業・IT案件が得意と言われているものの、事務職や販売職などあらゆる業種・職種に対応していて、海外勤務や在宅可能などの希望条件にかなう案件も豊富。世代や男性・女性を問わずおすすめの転職サイトです。

一方で、リクナビネクスト利用者の中には「求人数が多すぎて絞れない」という方も。リクナビネクストは求人数が多い分、ある程度自分の志望条件を固めて利用するとより効果的でしょう。

 

サポート機能が便利

リクナビネクストは転職サイトであるため、転職エージェントのような面談・相談はありませんが、自ら転職活動を進める上で便利な機能を無料で利用できます。

ここでは、リクナビネクストのサービスであるオファーメール(スカウト)機能グッドポイント診断レジュメ完成度診断についてご紹介しましょう。

 

オファーメール(スカウト)機能

リクナビネクストには、大きく分けて「オープンオファー」「プライベートオファー」という2種類のスカウト機能があります。

企業がリクナビネクストの登録者に対して応募歓迎の意思を示すもので、特にプライベートオファーは、書類選考が免除される場合も

リクナビネクスト利用者の口コミでも

リクナビネクストでは、非公開求人をプライベートオファーしている大手企業もいる

リクナビネクストの提携エージェントから非公開求人を紹介されることもあり、転職活動のプラットフォームとして、登録しておいて損はない

という声があるため、活用すると良いでしょう。

スカウトを受けた企業から必ずしも採用されるとは限りませんが、どのような企業から興味を持たれているかが分かりやすく便利です。

中には、自分の市場価値を知るために、転職後もリクナビネクストを退会せず、定期的にスカウトメールをチェックするという方も。

ちなみに、リクナビネクスト利用者の中には「同じようなスカウトメールが頻繁に来る」という方もいらっしゃいますが、不要な場合は機能をオフにすることが可能です。

 

グッドポイント診断

自分の強みを知ることができる自己診断ツールです。

実際にこの機能を利用したリクナビネクスト利用者からは「診断結果のコメントを使って職務経歴書や履歴書の自己PRを作成することができて楽だった」という口コミも。

30分ほどで診断でき、履歴書作成や面接対策に活用できます。

 

レジュメ完成度診断

作成した履歴書の抜け漏れを確認できる、リクナビネクストのレジュメチェックサービス。チェック項目にはい・いいえで答えるだけで、履歴書のブラッシュアップが可能です。

リクナビネクストでは、これらのサービスを全て無料で提供しています

何故かというと、リクナビネクストのビジネスモデルは、リクナビネクストが指定している広告枠の価格に対して、企業が費用を払う仕組みだから。

そのため、求職者(リクナビネクストの登録者)は、応募の有無や採用・不採用の結果に関わらず、リクナビネクストに料金を支払う必要はないのです。

以上を踏まえて、リクナビネクストの特徴をまとめました。

 

リクナビネクストはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 一般的な求人を一通り見ておきたいという方
  • 他の転職サイトを見て「条件に合う案件が少ない」と感じた方
  • スカウトをメインで転職活動を進めたいという方
  • どんな企業が自分に興味を持つのかが知りたいという方
  • 自分で履歴書のチェックや自己分析を行いたいという方

このように、メリットの多いリクナビネクストですが、今度はデメリットも見ていきたいと思います。

 

【デメリット】押さえておくべき注意点とは

リクナビネクスト利用者の低評価の口コミなどを元にすると、リクナビネクスト利用時の注意点は以下のようにまとめることができます。

リクナビネクストの注意点

ココに注意

  • 転職活動が勤務先にばれる?
  • 希望の案件が見つからない可能性も

転職活動が勤務先にばれる?

リクナビネクストのオファーメール機能に登録していて、現在勤めている企業がリクナビネクストのスカウト機能を利用している場合、人事担当者が履歴書・職務経歴書を閲覧できるため、転職活動をしていることが分かってしまう可能性があります。

そもそも企業側には、氏名・生年月日・性別・メールアドレス・電話番号・住所などの個人情報は公開されませんが、事業内容や職務内容から特定できる場合も。

ただし、リクナビネクストの場合は、スカウトサービスをオフにする社名を非公開するレジュメ公開ブロック設定(勤め先や関連会社、取引先など、履歴書を閲覧できない企業を登録する)などができるため、基本的には問題ないでしょう。

 

希望の案件が見つからない可能性も

「未経験や若手向けが中心で、ハイクラス募集が少ない」という方や、逆に「大卒で正社員経験がある人向き。高卒で派遣経験という自分はハローワークに問い合わせた方が良いと思った」「地方の求人が少なかった」など、リクナビネクスト利用者の低評価口コミの中には「希望の求人がなかった」という声があります。

転職サイトには「総合型の大手転職サイト」と「特化型サイト」があり、リクナビネクストは総合型にあたります。一般的に「転職サイトは大手1~2社+特化型2~3社の利用がおすすめ」と言われているため、リクナビネクストと併用して、未経験に強い転職サイトやハイクラス専門など、自分のニーズに合った転職サイトを利用するとバランスが良いでしょう。

 

リクナビネクスト活用のポイント

  • スカウト機能利用の際は設定を慎重に
  • 他の転職サイトと併用しながら利用する

最後に、リクナビネクストの利用の手順を確認していきましょう。

リクナビネクストの登録手順と活用方法

それでは、リクナビネクストの利用の流れをご説明しましょう。

 

リクナビネクスト利用の流れ

  1. リクナビネクストのサイトから会員登録(5分程度)
  2. 履歴書・職務経歴書の作成
  3. 求人検索
  4. 応募
  5. 面接
  6. 内定

リクナビネクストでは、会員登録をせずに求人検索も可能ですが、会員になることで応募や非公開求人へのアクセス、スカウト機能の利用ができるため、登録をおすすめします。

また、履歴書・職務経歴書を登録するとスカウトメールが届きやすくなり、興味のある求人が掲載された時もすぐに応募できるため、履歴書・職務経歴書は、リクナビネクストへの会員登録後、早めに作成すると良いでしょう。

 

リクナビネクストの上手な利用方法

リクナビネクストは、業界最大手の転職サイトとして、転職サービスの基準になる転職サイトです。

転職活動では、転職エージェントや複数の転職サイトを併用する方も多いですが、その場合も、リクナビネクストと比較することで、自分に合った転職サービスが分かりやすくなるためおすすめです。

転職活動の第一歩として、まずはリクナビネクストに登録してみましょう。

 

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.