30代

30代は転職エージェントを活用せよ!成功体験多数のおすすめ転職方法とは

更新日:

転職エージェント 30代

30代で転職を検討しているあなた。

「何からはじめたら良いのか?」「30代で転職って遅いんじゃないか?」など

頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

しかし、現代ではどの企業も人手不足が深刻化しています。

「仕事を一から教えるより、社会経験のある30代をとりたい」と考える企業も数多く存在しています。

本記事では、3社で人事系キャリアの中で役職も経験し、自身も転職エージェントにお世話になった経験から

『30代におすすめの転職エージェント』『30代の転職状況の事実』についてお伝えしていきます。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

目的別おすすめ転職エージェントをご紹介

30代での転職を成功させるにあたって目的別に利用がオススメの転職エージェントをご紹介します。

自分なりにいろいろ比較して最適なエージェントを選んでください。

豊富な求人と大手に強い転職エージェントを利用したい『マイナビエージェント』

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。

30代の転職実績は20代ほど多くありませんが、近年は30代の転職にも強くなってきています。

特筆すべきは業界トップクラスの求人数。

さらにおよそ8割が非公開求人ということもあって、倍率を心配せずに転職活動をしやすいというメリットがあります。

大手の求人数も非常に多いので、キャリアアップやキャリア形成を目指したい30代の転職に強い転職エージェントです。

サポートも手厚いので採用成功率を上げる要因となるでしょう。

転職活動にマイナビエージェントがおすすめな理由!口コミや評判も含めてご紹介

転職希望者転職エージェントがありすぎて、どの転職エージェントを利用したら良いかわからない…! 近年は、転職エージェントが乱立し、転職エージェントを利用したくても、どの転職エージェントを利用すれば良いの ...

続きを見る

 

初めての転職で手厚いサポートを受けたい『パソナキャリア』

【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報サイト

【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報サイト

業界別に専門のキャリアアドバイザーがついているので、転職に関する知識が全くない、不安な点が多く充実したサポートをしてほしいという方におすすめです。

転職はしたいけどまだ明確な目的が決まっていない、といった方に親身に相談に乗ってくれるでしょう。

転職エージェントのパソナキャリアとは!?どんな人におすすめ?特徴や評判をご紹介

転職希望者パソナキャリアって評判良いって聞いたけど本当? 転職希望者パソナキャリアは使えるって聞きました! ここ最近本当に、転職エージェントの話をすると、パソナキャリアについて逆質問を受ける機会が増え ...

続きを見る

 

30代の利用者が多い、キャリアチェンジを考えたい『doda』

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

転職エージェントサービスならdoda(デューダ)。dodaの専門スタッフが、非公開求人を含む10万件以上の求人から、あなたにぴったりの求人をご紹介します。【完全無料サービス】

dodaの30代以上の利用者割合は、実に35%以上。

数ある転職エージェントの中でも、30代以上の転職サポートになれているエージェントでしょう。

また、キャリアタイプ診断も対応しているため、30代でのキャリアチェンジを考えている転職希望者の方はぜひ利用するのがおすすめです。

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

 

30代未経験でも年収アップしたい『type』

転職エージェントならtype転職エージェント|納得感のある転職を

転職エージェントならtype転職エージェント|納得感のある転職を

首都圏特化型にはなりますが、異なる業界への転職や、それに伴う年収アップを得意とする転職エージェントです。

利用者のうち、約7割が年収アップしたという実績を持っています。

中小企業との強いパイプを持っているため、大手へのこだわりがないのであれば大きく力になってくれます。

転職活動にType転職エージェントを使用すべき理由!メリット・デメリットを徹底解説!

転職希望者そんな転職エージェントは聞いたことないですね。本当に大丈夫なのでしょうか? 私は、有効な転職エージェントとして、Type転職エージェントを転職希望者に紹介しています。 皆さんはType転職エ ...

続きを見る

 

転職はこれからのキャリアや人生を考え直すタイミング

まずお伝えしておきたいのは、決して30代の転職はマイナスではないということです。

それは20代の頃とは違い、「このままこの仕事を続けてどうなるか」がよく見えるようになっている時期だからです。

若い時の転職希望の理由として多いのが以下です。

  • 給料、年収が低い
  • 人間関係がうまく構築できない
  • 業務内容に不満がある

それに対して数年単位で仕事を経験し、ある程度社内の状態も理解している30代では、キャリア形成の道やライフワークバランスがよく見えるようになります。

そのため、勢いで転職するのではなく明確な目的を持って転職活動を行えるというメリットがあるのです。

 

30代で転職エージェントの利用は難しい?メリット・デメリット

一般的に、年齢を重ねるほど転職は難しくなると言われています。

「30代になると採用してくれる会社はほとんどない」というイメージが浸透していますが、本当にそうなのでしょうか?

実は人材紹介会社のアンケートによると、35歳以上を対象にした求人が増えていくという回答が9割近くにのぼる結果となっています。


出典:エン・ジャパン

この傾向は今後も増加していくと言われており、実際に転職成功者の平均年齢も上がり続けている結果が出ています。

つまり30代での転職はイメージほど難しいことではなく、むしろ今後はさらにチャンスが増えていくでしょう。

 

30代で転職のメリット・デメリット

メリット

  • 即戦力としてのニーズが高い
  • マネジメント能力を期待できる

1から教育をする必要がなく、むしろ実務経験があるため即戦力として活躍を期待できることから30代の人材を欲している企業は多くあります。

ビジネスマナーはもちろんのこと、交渉力やプレゼン能力、保有している知識などがあり即戦力となってくれます。

30代後半であれば、採用側としては幹部候補の1人としての期待もかけたいため、マネジメント経験があるとさらに採用が近づくポイントとなります。

デメリット

  • 未経験職への転職が不利になりやすい
  • 体力や吸収力が心配

未経験職への転職は、20代ですと採用してから育てる「ポテンシャル採用」をしている企業が多いですが、30代は即戦力として期待されているため未経験だとデメリットになってしまいます。

また、どうしても30代という年齢が20代の体力や吸収力といった面では劣っていると判断されてしまうハンデもあります。

 

30代女性の転職に持たれるイメージ

採用側がどうしても気になってしまうのが女性ならではの結婚や出産などのライフイベントです。「結婚や出産で辞めてしまうのではないか」と心配されてしまうことも少なくありません。

女性が社会で活躍が浸透してきた現代でも、女性は結婚や出産で退職してしまうというイメージが残っているため、将来のライフプランをしっかり設定していることをポジティブにアピールして採用側を安心させてあげると良いでしょう。

 

キャリアチェンジ・年収UPは可能?

30代でのキャリアチェンジは、一般的に35歳ぐらいまでと言われています。

その理由はほとんどが「キャリア形成のため」です。

採用する企業としても、「今後の会社の中枢を担っていく人材を育成したい」と考えますから、未経験者の場合は若いほど良いという考えを否定することはできません。

とはいえ未経験職へのキャリアチェンジでも、これまでの経験やスキルが活かせると考えられる場合には、一概に35歳までしか不可能ということでもありません。

ただ自力でそういった会社に偶然出会うことは非常に難しいので、強いパイプとなってくれる転職エージェントを活用することが必須と言えます。

 

30代から転職での年収アップ・ダウン

30代での転職は年収が下がるイメージも強いですが、必ず年収が下がるということはありません。

以下の厚生労働省が発表した「転職による労働賃金の変化」をまとめたものを見ると、30代でも5割近くが転職により年収が上がったという事実がわかります。

出典:厚生労働省「転職者の労働条件(賃金・労働時間)の変化

ただし、うまく転職活動をできないと反対に年収が下がることもあります。

実際に先ほどの表を見ても年収が下がったという人も3割ほどいます。

「転職で年収が下がる30代の人」の傾向ははっきりしており、事実私が関わった中でも以下のような場合は年収ダウンとなってしまっていたことが多いです。

30代の転職で年収が下がってしまうパターン

自己の市場価値を確認していなかった

同じ30代・スキル・実績を持つ人がどのような評価をうけているのかを知り、あなたの適正年収を知っておくと、オファー面談の際に低い年収を提示されても自信を持って交渉できるでしょう。

キャリアプランができていなかった

どのような仕事をし、どのような人生を歩むかが決まっていないと、企業側はあなたと一緒に働くイメージがつきずらく、どう判断してよいのか分からなくなってしまいます。

転職先の情報をしらべていなかった

企業のホームページなどで公開しているような誰でも手にはいるような情報は事前にしらべておきましょう。面談で話についていけないと、評価を下げられてしまう可能性があります。

未経験の業種へ転職してしまった

実務経験がない職種に転職する場合は企業があなたを指導し、育てることになりますので、お給料はあまり高くならないでしょう。

30代からの転職で年収を上げる方法は?

これまでのキャリアと同じ職種や業界を選ぶ

同職種、あるいは同業界への転職が成功率をあげるポイントです。

実務経験もあり即戦力として年収アップにおおいに期待できます。

面接や選考時でしっかりと即戦力として活躍できる!ということをアピールしていきましょう。

最近ではスキルはもちろんですが「コミュニケーション能力」を重視する企業も多くなっています。

転職活動時にはコミュニケーション能力もアピールしていきましょう。

 

異種業界なら年収水準の高いところを狙う

転職で業界を変える場合は、年収の水準が高い業界を狙っていきましょう。高い確率で年収UPを狙えます。

医薬品や商社、金融、証券業界が高めなので候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

転職サイトではなく転職エージェントを活用する

年収アップしたい場合に限らず、30代で転職を考える場合は転職エージェントを利用するのが良いでしょう

転職サイトは気軽に求人を探せる一方で、30代の転職にはあまりおすすめできません。

転職サイトは求人の数が非常に多く誰でも見れる分、応募者数の数が莫大になり転職が困難になる可能性があります。

その点、転職エージェントでは30代にピッタリのサービスがそろっています。

自己分析など転職活動のサポートをしてくれる

一般公開されていない非公開の求人を紹介してくれる

年収や雇用条件の交渉を行ってくれる

転職エージェントは転職サイトと同じく無料で利用できるにも関わらず、これだけのサービスまで対応してくれます。

まず転職活動の壁となる自己分析もサポートしてくれるので、あなたが企業にアピールできるポイントは何か、どのような企業が合っているのかを知ることができます。

あわせて情報収集も行ってくれ円滑な転職活動が可能になります。

一般公開されていない求人を紹介してくれるのも大きな強み。

転職エージェントに非公開の求人が多くある理由は、企業は転職エージェントを通してその企業に合ったオススメの人材の方が採用に繋がりやすいというメリットがあるからです。

しかも転職エージェントの求人であれば、転職サイトなどよりも細かく企業の情報を知ることができます。

また職務経歴書などの資料作成をサポートしてくれたり、面接の対策や雇用条件を代わりに交渉してくれたりと、転職で大変だと感じるところをサポートしてくれます。

 

おすすめの業界・職種・仕事【転職エージェント編】

では、30代の転職でおすすめの業界や職種、仕事についてご紹介していきます。

転職が成功しやすい業界

建築業界

東京オリンピック開催に向け、今やどの企業も仕事はあるのに人がいない人材不足に悩まされています。

またベテランの職人が高齢化で退職せざるをえない時期を迎えることも視野に入れ、より多くの人材を求めています。

 

製造業界

採用時には特別なスキルや能力が求められないことが大半のため、特に未経験者でも転職しやすい業界です。

輸送用機器や繊維系の企業は、大手であることが多いため給与面・待遇面でもホワイトな会社が多いことも特徴にあげられます。

平均残業時間が短いため、ライフワークバランスを考えて転職活動したいという方におすすめでしょう。

 

運輸業

ネット販売市場が拡大をする一方で、人手不足に直面しているのが運輸・運送業です。

運転免許があれば未経験でも即実務可能なため、キャリアチェンジとしても30代での転職が成功しやすい業界です。

 

専門商社

ほとんどが営業職としての募集になり、社会人マナーさえあれば未経験の方も狙い目です。

コミュニケーション能力に自信がある、などアピールできるポイントを持っていれば成功率は高いといえます。

 

接客業

すでに自社や自店舗での接客マニュアルが用意されている場合が多いので、入社後の研修を受ければすぐにでも活躍しやすい業界です。

また過去にアルバイトでも接客をしたことがあるとなれば、フリーターや正社員の職歴がなくても30代でも転職活動が有利になります。

 

介護、福祉業界

介護、福祉も人手不足が目立つ業界です。高齢化社会が進むにつれて、今後はさらに人手が足りない状況になっていくでしょう。

給与が安いイメージの業界でもありますが、人手不足や政府の主導などで今後は給料が上がっていく期待もできます。

また仕事をしながら資格取得が可能なので、キャリアアップを考えていきたい方にもおすすめです。

 

IT業界

専門学校や情報系大学出身でないといけない印象ですが、最近では異業種から採用し、研修を行っている会社が増えてきています。

また、IT業界は働き方改革に対応するのが早く、労働力不足を解消するために積極的に採用を行っています。

 

転職が成功しやすい職種・仕事

公務員

最近では民間での実務経験がある、経験者枠という募集が増えているため、まさに30代でも充分狙いやすい転職先候補です。

ただ、もちろん公務員試験を通過する必要があるので、転職に必要な資格の受験対策が必要となります。

 

営業

非常に多くの会社で募集しており、未経験でも歓迎が多いのが営業職の特徴です。

人とコミュニケーションを取るのが好きという人にはおすすめです。

コミュニケーション能力やその人の性格、行動力といったことを重視されることも多いので、中途採用が一番現実的な職種でもあります。

 

プログラマー・ITエンジニア

業界でも紹介したようにどこも人手不足なため、経験がある人材はIT会社同士でひっぱりだこというほど、即活躍できる人材をどの企業も欲しています。

実際に携わったコンテンツや開発したプログラムなど実力を認められさえすれば、採用が決まりやすいです。

また未経験者歓迎の企業もあるので、初めての業界でもチャレンジできます。

 

管理・事務職

30代で転職の場合は、基本的に経験者が求められる職種です。

しかし経験がある人にとっては、非常に有利に転職できるのが大きなポイント。

特に女性の割合が高い事務職では、結婚や出産などで休職や退職をすることがあるため新たな人材を確保したいというケースが一定数起こるそうで、時期を見極めれば転職しやすい職種でしょう。

管理職ではマネジメント能力とコミュニケーション能力の高さを活かせることをどれだけアピールできるかがポイントになります。

 

30代で転職に成功した人が実践した3つのテクニック

 

①自己分析・情報収集を徹底的に行う

基本的に30代での転職では、「即戦力であるかどうか」が求められます。

そのため、自分のこれまでの経験や活用可能なスキルをしっかりと伝えられるようにしておくことがポイントです。

自己分析の方法が分からない場合は、シートを活用したり転職エージェントを利用してサポートしてもらいましょう。

また転職先の情報や社風は、しっかりとチェックしておくことです。

これまでのキャリアとは違う企業になじめるかどうか、事前に確認しておかなければ入社してもうまく立ち回れないケースもあります。

 

②30代の転職ではより面接を意識する

どの企業採用でも見られるポイントを抑えて、対策を立てましょう。

・即戦力になれるのか

・会社に合うのか

この2点はどの採用面接でも一番重視されます。

とくに志望動機での受け答えや、ビジネスマナー、考えの深さなどで判断されやすいので、より意識した回答をできるように準備しておく必要があります。

また会社に合うという面では、あなたの性格や人柄が伝わるようなエピソードなどを準備しておくとよいでしょう。

 

③転職エージェントを利用する

先にもお伝えしていますが、30代での転職ではより成功率を上げられる転職エージェントの利用がおすすめです。

  • 書類審査での通過率があがる
  • 他にはない求人を知れる
  • 自己のキャリアを第三者の目線で判断してくれる
  • 代理で手続きを行ってくれる

こういったメリットがあるうえに、働きながら1人で転職活動するのは大変なので受けられるサポートは多いに利用しましょう。

 

転職エージェントの選び方と注意点

まずは、自分が希望する業界や職種に対しての求人が多いエージェントを最優先に選ぶのがポイントです。

分野に絞って専門に行っている会社もあれば、大手なら業界などによって担当が分かれているケースがほとんどです。

エージェント会社が得意とする分野に適していないと、なかなか転職が成功しないので慎重に選んでください。

また、会社によっては実績を発表しているところもあるので、30代の転職者が多いかといったポイントも確認できるとよいでしょう。

 

ワークライフバランスを重視したい人がチェックすべき就職時のポイント

仕事とプライベートの両方を充実させるために転職の際に確認しておくべきポイントをお伝えします。

  • 急な残業がないか
  • 充実した制度があるか
  • 業種、職種で選ぶ

急な残業の有無はチェックしておきたいポイントです。

事前に残業が発生する可能性があることが伝えられていればいいのですが、仕事のあとに予定を入れていても急に残業を頼まれることもあります。

「企業で働いている知人に聞く」

「口コミ情報を見る」

「転職エージェントに聞く」

といった方法があります。

一番信頼できるのはその企業で実際に働いている人に聞くですが、あまりないケースだと思うので

転職エージェントに聞いてみるのが一番早く信頼もできる方法です。

次に制度が充実しているかも確認しましょう。とくに介護や育児に関する制度が豊富かどうかなど、あなたの理想とするライフワークバランスを実現できそうかチェックしておきましょう。

さらに希望する業種・職種で、定時に上がれるか、休日出勤の有無、有給の取りやすさなどが変わってきます。

例えばメーカーは休日日数が平均的に多めになっているので、もしも現在の希望職種では実現できなさそうと思ったら、一度希望条件を変えてみるのも一つの手です。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。

現在では30代の転職は決して難しいことではありません。重要なのは「自分に合った転職活動をできるかどうか」です。

働きながら充実した転職活動を行うのはとても難しいので、今回ご紹介したような転職におけるポイントや、転職エージェントを活用して今後の人生設計に役立つ転職を実現してください。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.