転職活動で転職エージェントを使わない場合の注意点・デメリットの全て

転職エージェント

転職活動で転職エージェントを使わない場合の注意点・デメリットの全て

更新日:

「今の仕事が向いてないかもしれない」「今の仕事がつらい」「仕事を急かす上司がうざい」など今の仕事に対して悩みがある方も多いのではないでしょうか。

「どの転職サイトが信用できるのかわからない」と感じている人もいることでしょう。

これから転職活動を始める方には、ぜひ費用がかからない「転職エージェントを使う」という選択をおすすめします。

転職サイトだけでも希望するジョブホッピングができると思われるかもしれませんが、転職エージェントには、サイトを利用するだけでは得られないメリットがたくさんあるのです。

転職エージェントを使わないと得られない情報や恩恵を手に入れ、より充実した転職活動を行いましょう。

今回は転職活動において転職エージェントを使うメリットや使わない場合のデメリット、注意点についてご紹介します。

  • この記事を書いた人

高木 なぎさ(たかぎ なぎさ)

高校卒業から美容業界 → 飲食 → IT企業にすべて未経験で異業種転職に成功。その経験から得意とする面接スキルやあらゆる転職エージェントを調べつくした知識を記事にまとめています。

転職エージェントを使うメリット・使わないデメリットとは!?

転職エージェントと転職サイトの性質の違いから、転職エージェントでのみ得られるメリットをお伝えします。

転職エージェントの1番の強みはサポート体制

転職エージェントと転職サイトの最も大きな違いは、転職者への個別対応があるかどうかです。

転職エージェントは、基本的に転職希望者1人に1人以上のアドバイザーが付きます。アドバイザーは業界の動向や内情に詳しい方が多く、転職希望者の能力や希望に沿った企業がどこなのかをよく理解されています。

また、利用者がより円滑に採用まで進めるよう、さまざまな手段を講じてくれます。転職希望者に面接対策を行うなど、転職に必要な知識、ノウハウを一通り提供してくれるのです。

さらに、企業とも事前に打ち合わせを行ってくれますので、実際の面接時にもより採用率が上がる傾向にあります。

転職活動が終わった後も、不定期で面談などを行ってくれるエージェントも多いです。職場内で感じたことなどを相談できるのも、心強いサポート体制です。

転職エージェントには良質な求人が多い

転職サイトは、非常に多くの求人を掲載してくれています。

しかしながら、転職先企業の質はピンからキリまであり、必ずしもいい転職先に巡り合えるとは限りません。

一方の転職エージェントは、扱っている企業数は転職サイトよりも減りますが、その分、質の高い厳選された募集が多いという特徴があります。

上記のとおり、アドバイザーが仲介役として入ってくれるため、明らかに条件の悪い求人をあらかじめ排除してくれるのです。

数が少なくとも質が高いほうが、より効率のいい転職活動ができます。

特別なスキルがある場合は非公開求人も

転職エージェントには数多くの「非公開求人」というものがあります。

非公開求人は、文字通り求職者が通常では知ることのできない求人情報です。

これは、転職エージェントから求職者に対し、「こういう仕事もある」というように情報を提示してもらえるというシステムです。

こうした特別な求人は、業界経験が長い人や、特定の資格を持っている人などにのみ公開されるケースが多いようです。

自分の強みとしてアピールできるポイントがある方は、転職サービスを利用することで、ワンランク上の職に就くことができる可能性が高まります。

自分で直接応募するのと転職サービスを利用するのはどちらが有利?

求人雑誌や地域のハローワークなど、自分で直接応募する方法はさまざまあります。

これらの媒体は、今住んでいる地域に特化した求人情報が集められている、というところがポイントです。その分、求人数はあまり多くなく、求人の質も平均してそこまで高いものであるとは言えません。

また、転職サービスを利用することで得られる適切な自己分析などが難しいため、人によっては何度も面接で落とされてしまい、なかなか転職先が決まらない、ということにも繋がります。

そうなると、焦りやイライラが溜まり、一層企業側にネガティブな印象を与えてしまうような状態に陥るため、悪循環が生まれることもあるのです。

自分で情報を探して応募するよりも転職サービス(転職サイト、転職エージェント)を使うことのメリットは、さまざまな情報を並べて確認することができる点です。

転職エージェントの場合は、さらにアドバイザーが付いて転職支援活動も行ってくれます。

もし今住んでいる地域に限定して求職する、という場合であれば直接応募も悪くないかもしれません。

しかし、首都圏に住んでいる方や転職に合わせて引っ越してもいいという方は、転職サービスを使ったほうが、より良い情報が得られるでしょう。

転職は情報の質と量が非常に重要になりますので、転職サービスを利用したほうが有利になりやすいといえます。

転職サービスを使う・使わないはどうやって判断したらいい?

求人雑誌やハローワークなどの媒体は、基本的に地域に密着した転職活動を行うのに向いています。

そのため、首都圏以外の特定の地域で働くことを前提にしている場合は、転職サービスを使わずとも、希望の職が見つかる場合があります。

ですが、これらの1媒体から得られる情報の総合的な質、量は転職サービスには勝てません。

転職サイトを使うことをおすすめしたいのは、これから転職を始めたいと思っているものの、転職に対するビジョンは具体的でなく、「どんな求人があるのか見てみたい」というような方です。

転職エージェントは求人の質が高くなりますが、個別のキャリアアドバイザーが付きます。

そのため、「ちょっと転職を考えようかな」というような状況で使うと、想像した以上の高頻度で連絡が来ることになります。

転職サイトは掲載求人数が非常に多いため、地域や職種による給与や待遇などの傾向を大まかに掴むことができ、転職を具体的に考えていくための一助になります。

そのまま気に入った求人があれば、転職を行うのもいいでしょう。

転職を本気で考えている方には、やはり転職エージェントがおすすめです。

具体的な転職サポートがほかの手段に比べて充実しているため、希望するような転職活動が期待できます。

勤務地域にこだわりがない方や首都圏在住の方で転職を本気で考えているなら、ぜひ転職エージェントに登録しましょう。

高いスキルを持っている方なども、転職エージェントの非公開求人を狙うことで、大幅に待遇を改善できる可能性が高まります。

年収交渉・求人数・面接対策などサポートが充実している転職エージェント3選

転職エージェントと一口に言っても、多く存在しており、どこに登録すればいいのかわからない、ということになりがちです。
ここでは、おすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

転職エージェント業界No.1の実績を誇るリクルートエージェント。全世代をカバーしていて、転職エージェントの平均的なサービスの質を把握する意味でも登録をおすすめします。

求人数が多く、企業側からの信頼も厚いので内定率が高い・年収交渉が得意と言われています。

リクルートエージェントのリアルな口コミと評判!転職業界トップの実績とは?

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか? また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したい ...

続きを見る

doda

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

転職サイトとしても有名なdodaですが、転職エージェントもかなり充実しています。

職務経歴書などの作成テクニックは高い評価を得ており、非公開を含めて10万件以上の求人、というのも魅力的です。

ただし、専門的な職業に対する深い知識がある、というわけではないようなので、業界を絞ったハイクラスな転職にはあまり向かないかもしれません。

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

マイナビAGENT(マイナビエージェント)

マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。
若年層、中小企業に強みのあるのがリクルートAGENTの特徴です。

転職サポートなどの手厚さや、マイナビAGENT独自の求人なども存在しているというメリットがあります。

その一方で、年収アップやランクアップを目指すような転職への使い勝手はあまり良くないと言えます。

第二新卒でこれまでに経験していない職種を経験したい、というような場合などは、幅広くサポートを受けながらの転職が可能となるので、おすすめできます。

転職活動でよくある失敗事例

転職には、残念ながら失敗例もあります。

人生を左右するような大きな決断でもありますので、同じミスを起こさないよう、気を付けましょう。

転職サービスの選択ミス

上記で挙げたように、転職サービスはそれぞれに強みとなる職種や年代層が異なります。

社会人経験が浅く特別なスキルのない方が、BIZREACHのようなハイクラス転職エージェントを利用して職を求めるのは、かなり難しいでしょう。

同様に、十分な経歴と知識があるのにもかかわらず、若年層に強みのあるマイナビAGENTのようなサービスを利用しても、マッチする職は見つかりにくいのです。

自身の持つスキルと、転職サービスの持つ強みが合致するようなサービスに登録することで、より効率的な転職が可能となります。

転職サービスを厳選しすぎる

転職サービスは「どれか1つしか選んではいけない」というものではありません。

もちろん、1つのサービスで全てを網羅できているのであればそれに越したことはないのですが、扱っている求人の内容も違いますし、アドバイザーによっても質は大きく変わります。

転職サービスは、自分に合っていると思ったものを複数登録しておいて、その中からより良い情報を選んでいく、という形にしたほうが、希望通りの転職が実現しやすくなります。

また、1つしか転職サービスに登録していない場合、「結局この転職先がいいのかどうか」ということを検討することも難しくなります。

自身とアドバイザー以外の、第三の目を持つためにも、複数のアドバイザーと意見を交換できる状態にしておくのが望ましいでしょう。

なんとなくアドバイザーの言うとおりに決めてしまう

アドバイザーも仕事ですので、転職エージェントとして、転職者をマッチングしていかなくてはいけません。

そのため、中には「誰でもいいから転職させられればいい(営業成果を上げられればいい)」というような人もいます。

自分の本当の要望や意見を言わずに「なんとなく」で転職先を決めてしまうと、理想の勤務形態とかけ離れてしまい、結果としてまた転職をしなくてはいけないような事態に陥る、ということもあるのです。

ポジティブな意味でのジョブホッピングであればいいのですが、あらかじめわかっていたはずの待遇への不満などから転職をするのであれば、時間の無駄です。

あらかじめ伝えておくべき要望は伝えておき、気に食わない事項がある場合はその内容を伝えて交渉していきましょう。

採用されたくて無理をしてしまう

能力的にできないことをできるように伝えてしまうと、転職先で与えられる仕事の難易度が上がります。

転職者の中には実際に高いスキルを持っている人も多いので、受け入れ先も面接時には転職者の発言を信じるほかありませんので、こうしたごまかしは双方の不幸を招きます。

転職したいと焦ってしまい、給与や待遇など希望より低い条件で承諾してしまう場合についても、後々の不満、さらなる転職の原因になります。

自分をよく見せたいという気持ちはわかりますが、正直にスキルと待遇面の希望を伝えることで、より満足のいく転職を目指しましょう。

転職エージェントのメリットを最大限に活用し、スムーズに転職を成功させよう!

真剣に転職を考えるのであれば、やはり転職エージェントを利用するのが最も望ましいと言えます。

転職エージェントも、サービスによって強みや特徴が異なりますので、それぞれのニーズに合ったサービスに登録することが大切です。

エージェントサービスのメリットを最大限に活用することで、スムーズに転職を成功させましょう。

 

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.