みんな知りたい!地方でのかしこい転職エージェントを利用した転職活動の方法は?

転職エージェント

みんな知りたい!地方でのかしこい転職エージェントを利用した転職活動の方法は?

更新日:

転職希望者
私は住んでいる所が田舎ですが本当に転職サービスは利用できますか?

転職希望者
これから田舎の実家にUターンですが転職サービスはもう使えませんよね?

上記は、私が面談を担当し、転職希望者から聞いた、地方出身の転職希望者の悩みです。

実は、この悩みは、かしこく転職活動をおこなうことで解決します。

ですが、転職希望者の中のイメージとして、転職エージェントなどの転職サービスは、東京や、政令指定都市などの情報ばかりが集まっているので、使うことができないイメージを持っている転職希望者が多いように感じています。

地方は確かに、大企業の本社がないことから、選考のたびに、地方から本社がある都市まで通う必要があるなど、転職活動には不便に感じる点があるでしょう。

しかし、かしこく転職活動をおこなうことで、転職活動の成功を掴むことが可能です。

今回は、地方でのかしこい転職活動の秘訣について、私がいつも転職希望者へお伝えしている方法を元にお伝えいたします。

地方で転職活動をおこなう人や、田舎で転職活動をおこなう人はぜひ、参考にしてください。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

田舎で就職するときのかしこい情報収集の仕方

転職希望者
田舎ですが地元で就職したいと考えています

都会での生活に疲れた人がUターンして地元に帰る場合や、地元で就職を当初より希望する場合は、田舎で就職をすることも十分考えられます。

実際に、上記のような相談を、私も転職希望者から受けた経験もあります。

田舎で就職するときに、周りと差をつけるような情報収集の方法はどのようなものがあるのでしょうか。

まず、たいていの場合は、田舎での就職は、若者が都会へ出て行ってしまうために、後継者不足の職場が多くあります。

しかし、ほとんどが縁故採用の形式をとっていたりして、情報を出していないので、なかなか見つけにくいものです。

さらに最近は、農業や工場でも、外国人研修生を招いて、外国人研修生の研修を手伝うと同時に、研修生が働くことによって、労働力が足りてしまい、中途採用をおこなわずに済んでいるという事例もあります。

そこでまずは、田舎で就職したいと希望を抱く前に、田舎にどれくらいの就職先があるのかを調べる必要があります。

地元に住んでいる親族などに、中途採用の募集がないのか聞き込みをしてみることや、中途採用募集を張り紙のみで募集している職場などを探して少し町を歩くのも良いかもしれません。さらに、ネットサーフィンで、転職サイトや、企業ホームページなどで、募集を探していきましょう。

そうやって、自分自身である程度情報を集めたうえで、条件の良い職場のみ割り出すことがかしこい情報収集です。

張り紙などを見て、突発的に応募することも、縁という意味では、良いことかもしれません。

しかし、応募後に、条件などが非常に劣っている職場だったので後悔をしてしまったなんてよくある話です。

そこで、事前に情報さえ集めておけば、田舎での求人の相場が自分で分かってくるはずです。

そこで、条件の良い職場のみ割り出したうえで応募していくことがかしこい情報収集でしょう。

 

求人数が多い大手総合転職エージェントを使うべき理由

転職エージェントは田舎では使えない。このようなイメージを抱いている人も多い気がしています。

実際はそんなことありません。求人数が多い、大手総合転職エージェントであれば、十分に田舎でも使うべきです。

転職エージェントを利用するうえで、まず障害となるのが、カウンセリングでしょう。

直接、カウンセリングの場所に出向くには距離がありすぎる場合があります。

しかし、大手総合転職エージェントの多くは、電話面談をおこなっています。

直接出向いたうえで、転職についてのカウンセリングを受けることにこしたことはありません。

ですが、電話でおこなってくれたうえで、その後の求人情報の紹介を、電話でも、メールでも、継続でおこなってくれるので、直接出向くことにこだわりを持っていなくても大丈夫です。

さらに、大手総合転職エージェントのエージェントは、転職についてのプロです。

就職を希望するエリアで力になれない場合には、たいていの大手総合転職エージェントは、社内ネットワークを活用したうえで、求人を探したり、希望するエリアでの転職についての、的確なアドバイスをもらうことも可能です。

このようなメリットがあるので、大手総合転職エージェントは求人数が多いこともあり、十分に使うべきメリットが揃っているのです。

 

地方に拠点数の多い転職エージェントランキング

転職希望者
地方に拠点数が多い転職エージェントが、1番求人数を持っているのでしょうか?

上記は、地方で転職希望者から受けた、転職相談のうちの一部ですが、転職エージェントが持っている求人数の多さと、拠点数の多さは、残念ながら全くもって関係がありません。

ですが、自分の住んでいる地域に拠点があるのか、ないのかでは、通いやすさという点では違いがあるので、拠点数が多い転職エージェントは、利用しやすさを感じることでしょう。

そこで、転職エージェントを利用する際の参考になるように、地方に拠点数が多い大手総合転職エージェントのトップ3をランキング形式でご紹介しますので、是非参考にしてください。

1位 パソナキャリア

【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報サイト

1位は、私も意外でしたが、パソナキャリアです。

パソナキャリアは76の支店を持っており、全ての拠点で転職支援のサービスを展開しています。

つまり、地方でも最も利用しやすい転職エージェントは、パソナキャリアでしょう。

転職エージェントのパソナキャリアとは!?どんな人におすすめ?特徴や評判をご紹介

転職希望者パソナキャリアって評判良いって聞いたけど本当? 転職希望者パソナキャリアは使えるって聞きました! ここ最近本当に、転職エージェントの話をすると、パソナキャリアについて逆質問を受ける機会が増え ...

続きを見る

 

2位 リクルートエージェント

2位は、大きく差が開いて16拠点のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、地方でも大都市ばかりに拠点が集まってしまっている印象ですが、求人所持数は、業界内で圧倒的1位の実績を持っているので、拠点まで、遠くても、出向いて面談をおこなう価値はある転職エージェントではあります。

リクルートエージェントのリアルな口コミと評判!転職業界トップの実績とは?

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか? また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したい ...

続きを見る

 

3位 doda

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト3位は10拠点を持っているdodaです。

3位で10拠点ということからも分かるように、意外と地方には、大手総合転職エージェントは進出してきていません。

ただ、dodaにしかり、リクルートエージェントもそうですが、グループとして、他の転職サービスを運営しているので、求人を持っている場所が豊富とも言えるでしょう。

doda転職エージェントってどんなもの?どんなことが相談できるの?

転職希望者dodaってよく聞くけど、どうなんでしょうか? 転職希望者転職エージェントってdodaのことでしょうか? 最近、転職相談を受けに来る転職希望者に、転職エージェントの話をすると、上記のように言 ...

続きを見る

 

併用して登録するべき!全国おすすめの地方特化型転職エージェント

転職エージェントは、大手だけではなく、地方に特化している転職エージェントも存在しています。

あまり名は知られてはいませんが、実際のところ、地方特化型だけあって、その転職エージェントのみしか持っていない情報などを持っています。

そこで、併用して登録するべき、全国の地方特化型転職エージェントをご紹介いたしますので、ぜひ、併用で使用しましょう。

リージョナルキャリア

リージョナルキャリアは、全国展開している転職エージェントではありますが、展開している地域特化型の転職エージェントとして、展開地域での転職サービスを展開しています。

全国23都市で転職エージェントとして地方に特化しているので、併用がおすすめの転職エージェントです。

 

キャプラ転職エージェント

キャプラ転職エージェントは、中四国特化型の転職エージェントとなります。

しっかりと地域に密着した求人も掲載されているので、どこかの県だけが厳かになっているようなことはありません。

ただし、岡山、広島、香川、愛媛の4県のみの対応となっているので中四国とは言えど、注意が必要です。

 

人材情報センター

北陸の富山、石川、福井に特化している転職エージェントの人材情報センターは、この3県のみだと、大手転職エージェントには所持されていないような求人情報を所持しているので、北陸での利用の場合は、人材情報センターが出している情報は、強いものがあるでしょう。

 

全国の平均年収からみる地方求人の給料事情

地方は、政令指定都市になっている地方でさえ、最低賃金とリンクするように、東京などとは、給料の額がかなり変わってきています。

特に、東京が、全体の平均年収が448万円にも関わらず、沖縄県の平均が、343万円である数字を見ると、同じ日本であるにも関わらず、約100万円以上も住んでいる土地が違うだけで差が生まれてしまいます。(dodaエージェントサービス調べ)

地方の求人は、もちろん、生活に都市部よりも経費がかからないので、人件費も抑えられている側面もありますが、基本的にUターンなどでの転職を考えている人にとっては、手取りの給料が下がることを覚悟しておかないとならないなど、給料面からもそれなりに厳しい現実があります。

ですが、都内で働いてUターンをする人に言えますが、転職エージェントは特に、地方企業には、都内でのキャリアを強調して求人探しをおこなってくれます。

なので、都内ではあり得ないような、キャリアアップの可能性も十分に考えられるので、参照サイトの全体の平均額の給料よりも、多く給料がもらえたうえでのキャリアアップがおこなえる可能性は十分にあるので、給料が下がる可能性ある地方への転職は、悲観する点ばかりではありません。

参照サイト:転職サービスdoda
URL:https://doda.jp/guide/heikin/area/

 

転職エージェントで希望の求人が見つからないときは

では、転職エージェントを利用しても理想とする希望の求人が見つからない場合はどうすればいいのでしょうか。

その場合は、諦める必要はありません。まずは、自分で転職サイトなどを巡って、自らで転職先を探す作業からおこなっていきましょう。

そのうえで、ハローワークなどにも通っておき、生活に限度を感じる場合は、ハローワークで給付金の申請をする。または、契約社員などで、一時的にどこかに勤めながら、時間に融通をきかせたうえで、ハローワークなどを利用しましょう。

転職エージェントに用意される求人も、世の中に他の転職サービスを通して出ている求人も、タイミングによっては、自分が希望するような求人がない場合も、もちろんあります。

しかし、それはあくまでタイミングの問題だと捉えるべきです。

例えば、転職エージェントを、今まで使っていた転職エージェントから、他の転職エージェントに変えるだけで状況が全く変わる人も見てきました。

さらに、転職エージェントの利用から、ハローワークに変えて状況が変わった人も、転職サイトで理想の求人を見つけた人も見てきました。

いずれの転職希望者も、良い求人がないことで、困っていたうえで、立ち止まらずに、他の方法を積極的に探した結果が良い方向に向かうことで転職を成功させていきました。

転職エージェントで希望の求人が見つからない時には、積極的に、今までとは違う手段をとりましょう。

 

さまざまな転職支援サービスを使って地方での転職を成功させよう!

転職支援のサービスは転職エージェントだけではなく、ハローワークや、転職サイト。その他にも様々なものが出てきており、乱立の様相も見せているので、日々新しいものが出てきています。

そんな転職支援サービスを利用することは、転職が成功するための近道に必ずなります。

転職の成功は、地方だから難しい。そんな時代はとうに過ぎているのです。転職支援サービスを使って、地方での転職を成功に導いて、転職をおこなうことで、人生の成功を掴みましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.