IT

20代未経験からIT業界に転職を確実に成功させる方法

it転職20代未経験
転職希望者
「未経験からのプログラマー・システムエンジニア(SE)に転職はできるの?」
「IT業界未経験でにIT企業に正社員で転職するのは厳しいのでしょうか?」
転職希望者

20代のIT未経験の人で、そんな悩みを持っている人は多いと思います。

今後伸びていくIT業界に転職したいけど、今までIT無関係の仕事、未経験の自分がそんなことできるわけがないと、諦めてしまいそうになりますよね。

20代なら諦めるにはあまりにも早すぎます。

実は、IT業界まったくの未経験でも、20代なら転職成功率はかなり高く正社員としての求人も多いです。

とはいえ、未経験からIT業界へ転職するのか、イメージしずらいのではないでしょうか。

そこで今回は、20代IT業界未経験者が転職する具体的な方法をご紹介します。

20代ならではの未経験ながらIT転職を目指す方法を「順序よくステップアップしていく転職方法」から「ITを勉強してから転職する方法」などを紹介していますので、あなたにあった方法がきっと見つけられるでしょう。

  • この記事を書いた人

転職案内人masanokisetsu
(30代半ば/O型)

人材系企業勤務10年(うち4年は管理職として勤務)の転職・人材市場の専門家。
年間約480名の求職者と面談をし、10年で約1200名以上の就職をサポートする。
長い業界経験から得た
・人材市場の最新動向
・スムーズな転職を実現するための有益な情報
・欲しい人材になるためのポイント
・転職エージェントの裏事情
などなどを発信しています。

未経験でも20代ならIT転職の成功率が高い理由

20代なら未経験でも成功率は高い

結論からいうと、IT業界への転職は未経験者であっても20代なら求人も多く転職成功率は高いです。

なぜ20代のIT業界への転職が、未経験者であっても成功率が高いのかお話します。

IT業界は売り手市場

転職エージェントの「doda」が2019年9月9日に発表した「転職求人倍率レポート」によると、全体の求人倍率が2.79倍に対して、IT・通信業界はなんと8.33倍!

約3倍近い求人倍率になっており、他の業界と比べても飛び抜けて高くなっています。

求人数としてもとても多く、多くの企業がITエンジニア・プログラマーを必要としていることが分かります。

その中でも20代を将来有望なエンジニア人材として確保するために企業は積極的に未経験者であっても求人採用を進めているのです。

20代は習得が早い

IT業界でこれほどにまで求人倍率が高い理由としては、ITエンジニア・プログラマー職で必要となるプログラミングの勉強は敷居が高く、スキルを身に付けようとしても挫折してしまう人も多いから。

年齢を重ねから勉強しようと思っても、記憶力や集中力の衰えには逆らえず、なかなか手が出せなくなってしまうのです。

しかし20代なら記憶力も集中力もあるため、未経験でもスキル習熟が可能と判断され、多くの企業が採用したがるのです。

いわゆる20代の若さゆえのポテンシャル採用というものですね。

マサチューセッツ工科大学(MIT)認知科学研究者のジョシュア・ハーツホーン(Joshua Hartshorne)氏は「ほぼどの年齢においても、ある能力については向上が、ある能力については低下が見られる」と発表しています。

それは、18歳前後で総合的な情報処理能力と記憶力がピーク、22歳で名前を記憶する能力のピークになるというもの。

集中力のピークは43歳前後まで続きますが、新しいことを覚えるといった記憶に関する能力は22歳をがピークで下がり続けるため、プログラミングなど新しいことを習得するには20代までが最適だということが分かります。

20代と30代で求められるスキルが違う

転職の際、20代で求められるスキルと30代以降で求められるスキルというのも違ってきます。

それは30代以降で求められるスキルには、IT業界で求められるプログラミング能力以外にも、マネジメント経験や資格が求められてくるからです。

IT業界では20代のうちに出世する人も多く、30代は中間層に位置づけられます。

そのため30代以降の人に求められるのは、「プログラミングができる」「システムエンジニア(SE)として活躍していた」だけでではなく、「専門性の知識力が高い(スペシャリスト)」「業務の中核を担う即戦力として活躍できるか」「チームや部署を率いたマネジメント経験があるか」といった高いレベルの経験と実績・資格が求められるのです。

併せて30代未経験となると正社員としての採用も難しくなり、年収面でも下がってしまうという傾向にあります。
逆に20代なら年収面でも上がる可能性があり、正社員としての求人もあり、将来的なエンジニアとしての経験も積むことができ有利なのです。

そのため、未経験で転職を考えているのなら20代のうちにエンジニア・プログラマーとしての経験を積み、資格を取得していくことをおすすめします。

 

IT業界の業種・職種と仕事内容

IT業界の業種・職種と仕事内容

IT業界の職種と言うと「プログラマー」や「システムエンジニア(SE)」などが思い浮かぶのではないでしょうか。
しかしIT業界だからといって、全員が「プログラマー」「エンジニア」という訳ではありません。さまざまな業種・職種があり仕事内容も大きく違います。

ただ単にIT企業に入りたいといって転職がうまくいったとしても、異なる業種を選んだことで後々に「失敗した…」と思わないためにも、IT業界はどのような業種・業種があるか知っておきましょう。

そこでこの章では、IT業界の業種・職種について詳細にご紹介します。

ハードウエア業界

ハードウェアとは、目に見える機械や設備、装置などを指していいます。

テレビやパソコン、スマートフォンはもちろん、電子レンジや冷蔵庫もハードウェアです。

職種としては、組込みシステムエンジニアといわれる、家電製品や機器に組み込むシステムの開発を行う仕事があります。

例えば、洗濯機などの家電製品の中にも「マイコン」と呼ばれる小型のコンピューターが搭載されています。

そのコンピューターに、「水が一定量に達したら○○分間洗濯槽を回転させる」「このモーターは毎分○○回転させる」などの指示をプログラミングによって行います。

そういった機器に対しての制御を行うのが「組込みシステムエンジニア」の仕事です。

ソフトウエア業界

ソフトウェアとは、コンピューターなどのハードウェアを動かしたり制御したりするためのプログラムのこと。

職種としては「プログラマー」「システムエンジニア(SE)」「ネットワークエンジニア」の3つに分かれます。

プログラマーは、コンピューターを動かすプログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアをつくる仕事。

基本的には、システムエンジニア(SE)が設計したシステムに対してプログラミング作業を行います。

システムエンジニア(SE)は、システムの設計・開発・テストといったシステム開発の全般に関わる仕事。

「システムを通じて何を実現するのか」という要件定義から、システム全体図を記した仕様書の作成など、システム全体を監督します。

ネットワークエンジニアは、企業などにおいてネットワークの構築や運用、保守を行うのが主な仕事。

セキュリティ構築やネットワーク利用者のトラブル対応なども行います。

情報処理サービス業界

情報処理サービスとは、企業に新しくシステムなどの導入を行うときに、必要となる様々なサービスを提供していく仕事。

企業の業務や課題に対して、業務効率化や問題解決のためのコンサルティングを行ったりもします。

職種としては、「セールスエンジニア」「ITコンサルタント」があります。

ITコンサルタントは、企業の経営や業務の問題点を見定め、解決のための対策案を提示し企業を改善に導いていくのが仕事。

クライアントの解決したい課題や目的をヒアリングしたうえで、最短で解決策を導き出すことが求められます。

セールスエンジニアは、いわゆる営業職。

クライアントに対して自社の製品やサービスを売り込み、顧客の潜在的ニーズや課題に対して有効な提案を行います。

もちろんエンジニアと名が付きますので、提案だけでなく技術的な作業もセールスエンジニアには求められます。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、大きく2つに大別されます。

それは「Webサイトの制作する仕事」「Web広告など企業向けにサービスを提供する仕事」「ショッピングサイトやSNSなど個人向けサービスを展開する仕事」です。

職種としては、「Webデザイナー」「Webディレクター」があります。

Webデザイナーは、Webサイトのページ全体のデザインからコンテンツデザインを行うのが仕事。

HTMLやCSSなど、デザイナーならではのサイトを作るうえでのスキルは必須です。

Webディレクターの仕事は、Webサイトの制作進行を指揮していく仕事。

Webサイトの制作時には、クライアントからの要求を明確にしたり、サイト制作に関わるデザイナーやエンジニアなど関わる全ての人を統括して進行管理や品質管理をしたりすることが主な業務です。

ここまでの内容で、IT業界にはどのような職種があるのかが、イメージしていただけたでしょうか。

次の章では、いよいよ20代の未経験者がどのようにすればIT業界に転職できるのか?を具体的に見ていきましょう。

主な方法は4つです。1つずつ詳しくご説明していきましょう。

 

方法① 未経験から転職しやすい職種からステップアップ転職をする

未経験から転職しやすい職種からステップアップ転職をする

未経験でIT業界に転職する場合、まったくゼロから転職するより「転職しやすい職種」というものが存在します。

未経験からIT業界へ転職を失敗せずにスムーズにするなら、就職しやすい職種を狙って選考を受けるのがおすすめ。

どういった職種が転職しやすいのか、紹介していきます。

ITコンサルタントへの転職

どの企業でも必要とされるのは営業職です。

現職が営業職の場合は、それがIT業界未経験でも問題はありません。

ある程度のレベルでのIT知識やスキルは当然求められますが、転職の際、営業で培った経験や実績があるのであれば、未経験でもほぼ問題なく採用されるでしょう。

よって営業職からIT業界の「ITコンサルタント」として働くことができます。

IT業界未経験でも、現職で培った営業力は、企業への提案ができる人として重宝されるでしょう。

マーケティング職への転職

マーケティング職も、IT業界の中では未経験からでも転職しやすい職種といえます。

IT業界のマーケティング職はWebからの集客はもちろん、それに限らずテレビなどのメディアを使ったマーケティングなども行っています。

クライアントだけでなく、自社のマーケティングを行う企業も多いため、数値分析など数字に強い人が採用されやすい傾向があります。

未経験であってもマーケティング職への転職は十分可能ですが、20代はまだチャンスがあります。一度営業職であるITコンサルタントに転職する。そして、実績を積んでからマーケティング職へ転職するのも失敗しない選択肢です。

人事や広報・経理への転職

IT業界のなかでも、人事や広報・経理などのバックオフィス的な業務はITのことが分からなくても、その職種の専門的な知識や経験があれば入社できます。

もちろん最低限のIT業界の知識は必要となりますが、ITコンサルタントやマーケティング、エンジニアのように高いレベルでの技術的な知識は必要ありません。

特に人事の場合は、未経験でも採用されることも多く、営業職などから人事への配置転換をしている企業もあります。

また、広報の知識や経験を活かして、マーケティング職へ転職するといったこともあるようです。

このように未経験でもIT業界に飛び込むことで、ゆくゆくはIT系の職種に就きやすくもなります。

そしてIT企業に入社すれば周囲には高い技術のエンジニアがわんさかいるでしょう。そのエンジニアたちを目の前でいつもみることができるので、どのようなスキルを身に付ければIT系の職種で活躍できるのかがイメージしやすくなります。

また、社内の人間関係ができれば、エンジニアの人から直接プログラミング技術を教えてもらうえる可能性もあります。

未経験ですのでIT系職種は難しくても、IT業界に身を置くという意味では、このような転職の方法もありです。20代ならそこから配置転換などでIT系職種を目指すことも可能です。

 

方法② スクールで勉強してみる

スクールで勉強してみる

未経験でIT業界に入ることが不安な人も多いため、スクールで勉強してから転職するという方法も非常に有効です。

IT職種の中でも、特にスキルが求められるプログラマーやエンジニア、デザイナーはスクールでスキルを身につけてから転職する人も多いようです。

スクールは、実際に通う学校だけではなく、自宅で学べるオンラインスクールもあります。

ここでは、IT業界の転職で有利になるスクールについて紹介します。

スクールで勉強するメリット

スクールに通って勉強することのメリットは、企業で実際に働いたときに実践で使えるノウハウを得ることができる点です。

IT企業によっても、使っているパソコンのOSがWindowsやMacが指定されている場合もありますし、プログラミング言語もさまざま。

スクールでは「多くの企業で使われているプログラミング言語」から、「自身がスキルとして取得したいプログラミング言語」など、さまざまなプログラミング言語の科目が用意されており自分の学びたい科目を選ぶことができます。

また、言語や知識を学ぶだけでなく、IT業界のトレンドや求められるセンスなども磨くことができるでしょう。

スクールのメリットやデメリット、料金や学習時間は?

スクールを検討する際に知っておきたいのは料金や学習時間です。

社会人は大学のようにお金も時間もかけられないため、なるべく費用は安く時間も早くすませたいもの。

オンラインスクールと通学制スクールでどれくらいの料金や学習時間になるのかそれぞれ紹介します。

オンラインスクール

オンラインスクールのIT技術を学ぶ一番のメリットは、時間と場所の制限がないことです。

インターネットが繋がっている環境でパソコンが使えるところなら“いつでもどこでも”学ぶことができます。

また、料金が安いこともメリットのひとつ。

オンラインスクールの基本的な一つの科目を習得する期間は2か月が一般的で、料金の相場は18万円〜25万円ぐらいが平均価格となっています。

デメリットとしては、誰かに強要されるわけでも通学するわけでもないため、勉強に対するモチベーションが続かないこと。

また、誰かに直接教えてもらえるわけではないため、リアルタイムで質問などもしづらく、未経験者は最初の段階でつまずく人も少なくありません。

理解するまでに多くの時間がかかってしまうことが、オンラインスクールでITスキルを学ぶデメリットとしてあげられるでしょう。

通学制スクール

通学制スクールの一番のメリットは、プロのエンジニアやWebデザイナーに直接プログラミングを教えてもらうことができる点です。

書籍やネットでは、学べない仕事におけるリアルなノウハウなどを学ぶこともできます。

未経験者の場合、「どこで間違えたのか」「何を理解していないのか」をイチから丁寧に説明してくれますので、理解のスピードが格段に早くなるのが大きなメリットです。

また、同じように未経験からIT業界を目指す仲間に出会えることで、同じ目標をもって頑張っている仲間がいるのは、刺激的で勉強を続けるモチベーションを保つという意味でメリットでしょう。

デメリットとしては、スクールに合わせたスケジュールを組むことと場所選びが必要であり、時間と場所に制約があるため、仕事が終わるのが遅い人や急に残業が入る人が多い人は通うのが難しくなる可能性があるという点がデメリットでしょう。

費用は1か月15万円から6か月で40万円など様々で、スクールや通う頻度によって大きく変わりますので、自分の通える地域から探して比較してみるといいでしょう。

 

方法③ 研修がある企業を探す

研修がある企業を探す

スクールに通う時間もお金もない、という方は未経験者向け研修を行っている会社もありますので、そちらに転職をすることもおすすめの方法です。企業によっては未経験者向け研修は20代までという限定的な求人もあります。
その点でも20代は有利です。

IT業界では基本的にはOJT(On-The-Job Training)が盛んに行われています。

最初に基礎となる知識を身に着けたあと、実際にエンジニアとしてオペレーション業務を担当しながら更なるスキルアップのために研修を受けていくことができる制度です。

企業によっては、最初の数週間・数ヶ月はエンジニア研修期間を設けているところもあります。場合によっては研修期間ののちに正社員雇用いう形もあります。

ではIT企業による研修におけるメリットとデメリットについてお話します。

研修のメリットとデメリット

未経験者にとって研修を用意している企業は安心ができますし、研修がない企業には不安に思ってしまう人もいるでしょう。

しかし未経験でもエンジニア職やプログラマー職として、その企業で必要になるスキルの研修をイチから勉強ができるため、何を学べばいいのか分からないといったこともなくなります。

企業によってはその企業の業務特化したプログラミング言語もあり即戦力となるためのエンジニア研修としてメリットといえます。

しかし、エンジニア職やプログラマー職は経験者でも常に勉強会に参加し、トレンドのキャッチアップすることが欠かせません。

研修のみで満足してしまう人が多く出てしまう未経験者が多いのは研修によるデメリットといえます。

また、企業で行う研修は基本的に「その企業で行う業務で主に用いるプログラム言語の研修」であるため、覚えることの最低限の内容であることがほとんどです。

そこからまた別のIT企業へ転職をしようとした際、他の企業では研修してきたプログラム言語未使用場合もあます。そのため研修だけで安心せずに自ら学んでいく姿勢が重要になります。

 

方法④ 勉強したことがある20代におすすめの転職エージェント

勉強したことがある20代におすすめの転職エージェント

すでにスクールなどでIT業界に求められるスキルを身つけている人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

ではなぜ転職エージェントを利用した方がいいのか、転職エージェントを利用するメリットや、おすすめの転職エージェントについてお話します。

なぜ勉強したことがある人は転職エージェントがおすすめなのか

転職エージェントの強みの一つとして、推薦書というものがあります。

推薦書とは、企業へ提出する履歴書や職務経歴書といった書類のほかに、転職エージェントを通して応募した場合のみ提出される書類。

そこには転職者に関する情報などが第三者視点で記載されており、この推薦書によって転職エージェントがあなたを求人企業に推薦をしてくれるのです。

未経験でも「プログラミングなどの勉強をした人」「ITパスポートなどの資格を取った人」は、推薦書に記載してもらうことができるので、同じ未経験者であっても大きくアピールができます。

また転職エージェントは、転職者の適正や経験にあった求人企業を紹介してくれるため、合格する率も高くなります。

さらに、IT未経験者では難しい、年収などの条件面の交渉も代わりに行ってくれることもおすすめする理由の1つです。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するメリットはなんといっても手厚いサポートです。

未経験であるがゆえの不安も、転職のプロが相談にのってくれるのでとても心強く、自信をもつことができます。

具体的にどんなサポートがあるのか、項目ごとにまとめました。

ポイント

  • 担当者となるキャリアコンサルタントが、転職者の適正や経験を見て希望にあった求人企業を紹介してくれる
  • 転職サイトやハローワークに載っていない非公開の求人情報を多く抱えていてその中からも紹介してもらえる
  • 今後のキャリア相談や履歴書の添削、面接対策など転職の成功に導くサポートをしてくれる
  • 年収などの条件面の交渉や入社に関する質問や相談など、企業との間に入ってコミュニケーションを取ってくれる
  • 求人募集からでは分からない、企業の内部事情を知ることができる

なんといっても嬉しいのは、これらのサービスが全て無料で受けられること。

未転職者が企業に入社できるよう二人三脚でサポートしてくれる転職エージェントの存在はIT未経験者にとって、とても頼れる大きな存在になるのです。

20代未経験者におすすめのIT業界転職エージェント

20代未経験者におすすめのIT業界転職エージェント

転職エージェントといっても規模の大きなところから小さなところまで多種多様です。

大手だからといって「とりあえず登録」というのは避けなければいけません。

大手の転職エージェントでも業界の得手不得手もあり、求人数が少ないところや、担当者の質が悪いところもあるからです。

そこでこの章では、IT業界に特化した、企業や転職者からも評判のいいおすすめ転職エージェントを紹介します。

20代におすすめの転職エージェント① レバテックキャリア

レバテック

IT業界に特化した大手の転職エージェントです。

転職者からの満足度が一番高く、知識豊富なキャリアコンサルタントが多く、安心して依頼ができます。

エンジニアやクリエイター職で首都圏や関西、福岡などの大都市に強い転職エージェントです。

 

20代におすすめの転職エージェント② マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

IT業界で働いていたキャリアコンサルタントが多く、IT業界の転職に必要な基礎知識や面接対策、スキルに合わせた企業の紹介など、細かいところまでサポートが行き届いた転職エージェントです。

ここに登録している求人企業もベンチャー企業から大手まで幅広いため、多くの企業の中から選ぶことができます。

 

20代におすすめの転職エージェント③ ワークポート

ワークポート

15年以上もIT専門で転職支援をしている転職エージェントです。

長年蓄積したノウハウと企業との深いパイプから、企業の信頼も厚くキャリアコンサルタントの質も高いのが特徴です。

IT業界未経験者に対するサポートもとても丁寧に行っていることで有名で、20代未経験の多くの人がこのワークポートから転職を成功させています。

 

まとめ

まとめ

20代の未経験者であっても、IT業界へ転職可能なことがお分かりいただけたでしょうか。

また、20代の未経験での転職を成功させるための方法についても具体的にイメージができたのではありませんか。

20代未経験からIT業界への転職を成功には

成功の秘訣

  • 未経験者から転職しやすい職種をねらうこと
  • ITのスキルを学ぶためのスクールの活用
  • IT業界に特化した転職エージェントを利用する

以上のことが有効です。

その中で、共通していえる重要なこと、それは未経験で転職をするなら20代のうちに行動することです。

本文中にもお伝えさせていただきましたが、30代以降で未経験者を採用する企業はとても少ないのが現状です。

IT業界が求人するにあたり未経験者の正社員採用はポテンシャルを期待値がおおきく、学習能力の高い20代のうちに採用したいというのが企業側の本音。

あなたが20代でIT業界に転職したいと考えているなら、ここで紹介した内容をもとに今すぐ行動に移しましょう!

IT業界に20代で転職して、高い年収と安定した失敗しない人生を手に入れてくださいね。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.