IT

30代未経験でもIT転職できる人の特徴と成功の秘訣

この記事を読まれているほとんどの人は現在30代でIT業界未経験で、IT企業への転職を考えている人でしょう。

転職希望者
「未経験で年齢も30代だし、スキルや経験がないととてもIT転職は難しいのでは?」

「なんとなく30代での未経験業種のIT企業への転職ハードルは高そう」
転職希望者

30代でIT業界の経験がなく、IT企業へ転職をしようとしている人は、おそらくこのような悩みを抱えているでしょう。

確かに一般的には30代がIT業界へ未経験で転職するのはなかなかハードルが高くなるのは事実。

20代であれば別ですが、この年代になると経験が求められることは少なくないからです。

しかし、未経験でも絶対に転職できないわけではありません。

転職に有利になる「プラスα」の必要な条件や要素がいくつかあり、それがあると転職はしやすくなります。

そこでこの記事では、30代の未経験者でもIT業界へ転職できる人の特徴や、どうすれば実際に転職していけるのか、その秘訣などをご紹介していきます。

  • この記事を書いた人

転職案内人masanokisetsu
(30代半ば/O型)

人材系企業勤務10年(うち4年は管理職として勤務)の転職・人材市場の専門家。
年間約480名の求職者と面談をし、10年で約1200名以上の就職をサポートする。
長い業界経験から得た
・人材市場の最新動向
・スムーズな転職を実現するための有益な情報
・欲しい人材になるためのポイント
・転職エージェントの裏事情
などなどを発信しています。

30代でIT業界を目指すのは年齢的に難しいのが現状

30代でIT業界を目指すのは年齢的に難しいのが現状

ポテンシャル採用が可能な20代と比較して、30代がIT業界へ転職することは、年齢的に厳しい面があるのは確かです。

経験があれば話は別ですが、未経験となると尚のこと厳しいのが現実。

まずは、なぜ30代でIT転職するのが厳しいのか、その背景を理解しておきましょう。

IT業界は35歳でも高齢!?

一般的な企業であれば、30代はまだまだ働き盛りであり、年齢的にも比較的若い部類に入るのは想像できるでしょう。

しかし、IT業界となると、途端に話は変わってしまいます。

というのも、IT業界では35歳くらいで定年と言われてしまうこともあるから。

IT業界、とりわけエンジニアやプログラマーといった職種は、体力を必要とするものではありません。

にも関わらず、なぜ35歳くらいでも定年と言われてしまうのか?

その理由は、その職種の特徴にあります。

ITは集中力と知的体力が必要な職種

IT業界が35歳定年と言われてしまう背景は、記憶力集中力の必要な職種だから。

エンジニアやプログラマーなどの職種は、とにかく莫大な集中力を必要とします。

そして定型的な仕事というよりは、常に考えることも多く知的体力も必要です。

また、これらの職種は覚えることが多く技術の進歩も早いので、一般的な職種に比べ、必要な集中力や知的体力がどうしても求められてきます。

一方で30歳を過ぎると、一般的に知的体力や集中力は低下してきます。

残念なことではありますが20代の人材と比べると、見劣りしてしまうのは避けられません。

30代未経験でのIT転職が難しいのは、年齢的に知的体力や集中力が衰えてくる傾向にあることが、その背景にあります。

 

未経験転職のデメリット

未経験転職のデメリット

これはIT業界に限ったことではありませんが、未経験で転職するにもやはりデメリットがあります。

ここでは、未経験で転職した場合、具体的にどのようなデメリットがあるのかをご紹介していきます。

年収が下がる

一般的に30代が未経験でIT系に転職した場合、年収は下がる傾向にあります。

その理由は、「30代は現職である程度の給与を得ているはずだが、未経験での転職だと一からのスタートになる」から。

未経験の場合、専門的なスキルや経験が乏しいので、企業側がその教育コストも見込んでそれに見合った給料設定をしています。

経験がある人はそれなりのポジションや仕事内容を確保できる傾向にありますが、そうでない場合、一般社員から始めなければいけないので年収は下がりがち。

この点はIT業界に限ったことではありませんが、とくに30代の未経験者がIT転職を目指す場合は、ある意味仕方ないと受け入れたほうがいいでしょう。

正社員では雇用されにくい

また未経験でIT転職をする場合、正社員で雇用されにくいのも事実。

30代は一般的に20代に比べ記憶力や集中力などが低下していると考えられているため、正社員で雇用してしまうと、能力不足で仕事ができなかった場合に簡単に解雇できないことが理由の1つ。

このことから、正規雇用を希望している人にとっては、思うような転職ができなくなってしまう可能性があります。

未経験でIT転職をしようとすると「非正規の求人しかない」「アルバイトなら可能」などの限定的な条件であれば募集していることはあるでしょう。

中には、「正社員登用あり」という始めは非正規であっても、入社後に何かしらの形で正社員になれる可能性はあります。

とはいえ、20代の転職と比べて、正社員でのIT転職は不利な戦いを余儀なくされる可能性が高いのはデメリットになるでしょう。

 

とはいえエンジニアやプログラマー・SEなどは人材不足

とはいえエンジニアやプログラマー・SEなどは人材不足

ここまで見てきたように、30代未経験者のIT業界への転職が厳しいことはお分かりいただけたと思います。

しかし、まだチャンスがなくなったわけではありません。

IT業界は市場の伸びが非常に高く将来性がある一方で、エンジニアやプログラマー・SEといった職種は、基本的に人材不足になりがち。

そのため、30代での未経験での転職のチャンスも残されているのです。

人材不足になりがちなIT業界の背景と、その理由などを見ていきましょう。

専門性が高く、進化のスピードも速い

多くの人は「エンジニア」「プログラマー」「SE」と聞くと、かなり専門的な職種というイメージを持つでしょう。

実際その通りでこれらの職種はかなり専門性が高く、普通に生活している中では触れることのない特殊な仕事です。

そのため求められているスキルや経験も、一定基準以上でなければならいことも決して少なくありません。

具体的には…

  • プログラミングの経験がある
  • IT関連の資格を持っている
  • HTMLやCSS、SEOなどの知識がある
  • その他ITのあらゆる知識にも精通している

上記の様な、その業界にいなければ身に付けられないようなスキルや知識が豊富にある人材を求めるというもの。

そして、IT技術そのものの進化スピードが速いことも人材不足の理由の1つ。

現在、IT技術は格段に進化していっており、そのスピードは目を見張るものがあります。

新しく学習しても、次々にそれが更新されていってどんどん進化していくので、その変化に追いついていけなくなるのです。

このような背景もエンジニアやプログラマー、SEといった職種が人材不足になる要因となっています。

IT系職種の人材不足は賃金も関係している

IT系職種が人材不足な理由には、賃金も関係しています。

仕事量や労働時間の割には低賃金

IT業界の賃金は一般的には高水準ではありますが、そのハードさの割には賃金が低い傾向があります。

IT系の職種は、その専門性の高さから仕事内容が難しく様々な知識も必要とする場面が多いことだったり、そもそも人材不足であるため1人が担う業務量が多かったりして大変な仕事。

そのため、残業になりがちだったり、休みも少なかったりということもあります。

しかしその大変さが適正に給料に反映されているかというと、決してそういうわけでもありません。

業界の悪しき慣習ですが、仕事が終わらないからと残業してもそれがサービス残業で給料が出なかったり、休日出勤しても無給だったりすることも。

そのため、大変さの割には低賃金と感じる人も多くいるようです。

IT業界は年功序列よりも実力主義

年功序列というわけではありません。

勤続年数が短くても実力がある人は稼げますし、長く勤めていてもIT業界の変化や市場に対応できない人は、それに見合う給料しかもらえないのです。

要は、賃金が実力に比例しがちな業界とも言えるので、単にIT業界にいれば高い賃金が保証されるわけではないということです。

このような背景からIT系の職種を選択する人が少なくなり、結果として人材不足になるのでしょう。

IT職種の転職求人倍率は7倍超え

2019年9月のデータでは、IT・通信職種における転職求人倍率は「7.85倍」という高水準。

これはつまり、7人~8人の求人に対して1人しか応募がないという状況です。

圧倒的に人材が不足していることが分かりますよね。

これは求人数に対して応募者が少ないということですが、裏を返せば「採用されやすい」狙い目の職種ということ。

このことからも経験者だけを採用しようとしていたのでは追いつかず、未経験にも門戸が開かれている職種という根拠になるでしょう。

参考 : 転職求人倍率-DODA

人材不足のエンジニアやプログラマー、SEは未経験でも狙える

このように、エンジニアやプログラマーといった職種は人材不足になる傾向が強いため、IT業界において未経験転職を考えるなら、まだチャンスが残されていると言えます。

人材不足の業界は、何とかして人材を採用しようとします。

経験者であればそれに越したことは無いのですが、それを待っているといつまでたっても人材を採用することができません。

そのため、企業側も未経験OKとせざるを得なくなり、年齢も20代だけでは無くて30代でも可能にするなど、徐々にハードルを下げて何とか採用しようとするわけです。

そのため、基本的には難しい30代の未経験者であっても、まだ転職できるチャンスがあるというわけです。

 

大手は未経験採用していないので中小企業がおすすめ

大手の企業となると、基本的に経験がある人を積極的に採用しようとするものです。

なぜなら、大手企業はやはり資金力があるため、多少コストや手間をかけても経験者を採用することが可能だから。

例えば、

  • 給与を高めに設定する
  • 転職エージェントの紹介料を高くする
  • 募集広告費をかける

といった、中小企業ではなかなかできない方法でなんとか経験者を採用しようとします。

経験者もどうせ転職するなら給与が高くて、かつ安定した大企業に転職したいですよね。

大企業のこうした背景から、ITに未経験で転職するなら中小企業がおすすめです。

では、具体的にどのような点で中小企業がおすすめなのか?、30代未経験のIT転職で中小企業への転職がおすすめな理由をご紹介します。

中小企業なら未経験でもちゃんと研修をしてくれる

大企業の場合、その資金力から経験者を採用できるケースが多いため、比較的教育や研修などにはあまり時間や労力を割く必要がありません。

そのため、研修制度やノウハウが構築されていない傾向があります。

反面、中小企業では経験者では採用できないところが大半なので、教育や研修の体制をしっかりと構築していて、時間も割いてくれるところが多いです。

また中小企業の場合、教育コストをかけても助成金によって回収しやすいのもメリット。

キャリア形成促進助成金といった助成金を利用することで、未経験を採用してもコストが補填されるため、教育体制を整えることができるわけです。

このような背景から、IT業界へ未経験で転職するなら中企業がおすすめです。

 

30代経験なくてもIT企業が採用するのはこんな人

30代経験なくてもIT企業が採用するのはこんな人

30代で未経験転職ができる人には、「プラスα」の特徴があります。

未経験であってもその「プラスα」があれば、未経験転職に優位に働いていきます。

この章では、その「プラスα」が何なのかを5つご紹介していきます。

その1

スクールに通っていて成果物を持っている人材

経験はなくても、どんな人材になりたいかを明確に持っていて、そのためにスクールなどでIT関係の勉強をし、何かしらの成果物を作った経験のある人は採用されやすくなります。

成果物とは、自身でプログラミングをして作成したアプリや、Webサービスなどのこと。

成果物自体が実績となり、それがスキルの証明にもなります。

ポイント

  • どんな技術を身に付けて、どんな人材になりたいかが明確
  • IT系のスクールに通っている、または情報系の大学を出ている
  • 自分で作った成果物がある

このような要素がそろった人材であれば、30代未経験でも転職に成功する可能性は充分にあるでしょう。

その2

英語が堪能な人材

意外とIT業界では英語が重要視される側面があります。

というのも、IT業界の最新情報は英語のドキュメントであることがほとんどだから。

また、ITは国境の壁がなく、様々な国籍の人と一緒に仕事をすることもめずらしくないため 、やりとりをする際に英会話が必要になることもあります。

こうした理由からも、英語が重宝されることが多くあるので、英語が堪能であることは大きなプラスαになります。

特に、英語を使った業務経験がある人は大きなアドバンテージになるでしょう。

IT業界が未経験の人であっても、留学経験や英語系の学校を出ていたり、業務上で英語を多く使った経験があったりする人は、IT業界への転職は有利になるはずです。

その3

活かせる経験がある人材

IT業界へ未経験で転職する場合、「全く関係のない職種や業界で働いていたから、活かせるスキルも経験もない」と考えていませんか?

実は、そんなことはありません。

30代ともなると、いろいろな社会経験を積んできているもの。

それがITとは直接関係ないものであっても、それ以外に活かせる場面はきっとあります。

仕事はITの知識やスキルだけがあれば成り立つものではありません。

ITに関連することは重要ですが、マネジメントや、日本語力、コミュニケーション力など、あらゆるスキルや経験が複合的に絡み合って、初めてスムーズな業務遂行ができます。

よって、前職やこれまでの人生で得た経験のなかで、活かせるものをみつけてアピールできれば、未経験の30代であっても企業からは魅力的な人材に映るでしょう。

その4

学ぼうとする意欲が高い人材

未経験の30代がIT転職するときに特に必要なのは、勉強しようとする意欲。

前述のとおり、IT業界は進歩が早く、覚えることが多い業界です。

とくに30代の未経験者は、20代よりも将来的に勤務してもらえる期間が短いため早い段階での業務習得を求められます。

また一般的に記憶力や集中力が低下しているため、学ぶ意欲が無いとついてこれないと思われてしまう可能性も。

そのため、常に仕事に関連するあらゆることを能動的に学んでいく必要があるのです。

例えば…

  • ITのスクールに通っていて、新しい技術を習得しようとしている
  • IT関連の本を読むなど、独学でも勉強している

積極的に学習する姿勢があれば、採用にもプラスに働くはず。

面接などでは、学ぶ意欲があることを、その根拠も添えてアピールしていきましょう。

 

その5

素直な人材

何かを初めて学ぶときには素直さが最も大切。

30代にもなると、独自の価値観や仕事のやり方が固まっている人も多いのではありませんか

しかし企業側からすると、未経験者を一から教えていくのに、その人が独自のやり方にこだわっている人・教えたことを素直に受け入れてくれない人には、余計な労力がかかります。

例えば、今まで教えていた立場だったのが教えられる側になった場合、相手が年下ということもあり得ますが、プライドが高い人は特に注意が必要です。

面接などで、「年下から教わるのは嫌だ」なんて発言をするのはもってのほか。

30代であっても未経験で転職しようとしている以上、相手の年齢など関係なく、「教えてもらっている」という心構えと、何事も素直に吸収するという意識を持つことが大切。

ましてや、ただでさえ教わらなければいけないことの多いIT業界においては、よりこの素直さが重要視されるでしょう。

このように、30代の未経験者のIT転職では、素直であることが、企業側が求める人材の特徴となってくるでしょう

 

成功の秘訣は転職エージェントのサポート

成功の秘訣は転職エージェントのサポート

30代の人がIT業界へ未経験で転職するには、転職エージェントのサポートが必要不可欠と言えます。

自分の力だけで求人を探したり、選考を受けたりしても、なかなか思うようにいかないことがほとんど。

まして、難易度の高い30代未経験のIT転職となればなおさらでしょう。

少しでも成功率を高めたいなら、転職のプロである転職エージェントの力を借りるのが賢明です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 希望や経験を踏まえて、自分に合った求人を紹介してくれる
  • 面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削などのサポートがある
  • 紹介先企業とのパイプがあり、強くプッシュしてくれる
  • 面接日や入社日などの面倒な調整をしてくれる
  • 場合によっては、給与などの待遇の交渉もしてくれる

上記の様に、転職エージェントはとても便利です。

この記事では、30代未経験者がIT転職をする際に、利用するべきおすすめの転職エージェントを3つご紹介していきます。

  • レバテックキャリア
  • TECH::EXPERT(テック・エキスパート)
  • ギークリー

これらの転職エージェントに関して、それぞれ特徴をご紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界に特化した転職エージェントで、内定率も高め。

IT転職を考えるのなら、ぜひとも登録しておきたいエージェントの1つです。

主な特徴

  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 企業別に対策してくれるので、内定率が上がる
  • その人の意向や適性に合った求人を紹介してくれる

といったことが挙げられます。

選べる職種も豊富にあり、求人数は4000件を超えているためたくさんの選択肢の中から自分の希望に合った求人を選ぶことが可能。

また企業別に職務経歴書などの書類も作成や面接対策もしてくれたりと、30代の未経験者が転職するときでも、かなり心強いエージェントであることは間違いないでしょう。

TECH::EXPERT(テック・エキスパート)

TECH_EXPERT

TECH::EXPERT(テック・エキスパート)は、IT系の転職エージェントですが、少し特殊です。

どこが特殊かというと、講座と転職エージェントのサービスがセットになっている点。

エージェントの持つIT講座を受講し、それから転職サポートを受けることができるというものです。

このエージェントが扱う「転職コース」というものを利用すると、未経験からでもエンジニアスキルを身に着けた上で転職することが可能になります。

エンジニア学習講座の特典

  • 学習効率を意識した教材で、比較的短時間でスキルを習得できる
  • エンジニア転職できなければ受講料全額返金

といった、エンジニア転職を考える人には嬉しい特典もあります。

講座学習後はプロの転職コンサルタントによるサポートが受けられます。

主な特徴

  • 一般には公開されていない限定求人を紹介してくれる
  • 転職成功率も99%という驚くべき数字を持っている

など、30代未経験でエンジニアへの転職を考える人にとっては、初期費用はかかりますがかなり成功確率が高いエージェントといえるでしょう。

Geekly(ギークリー)

Geekly

Geekly(ギークリー)は、ITやWEB、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

主な特徴

  • 求人数がなんと「10000件」を超えており、選択肢も豊富
  • 専属のコンサルタントが企業とのマッチングノウハウを駆使しサポートしてくれる
  • 1次面接が確約されている求人からメールが来る

この転職エージェントの最大の特徴は、面接が確約されていること。

登録するだけで、マッチングした企業から1次面接が確約されるメールが送られてきます。

書類選考で落とされがちな30代未経験者にとっては、ありがたいサービスです。

応募するかどうかは自由ですが、何と言っても面接機会が相対的に多くできるため、内定獲得の確率が高まるのは大きなメリットになるでしょう。

また、求人数も10000件を超えており、選択肢が豊富なのも嬉しいところ。

30代の未経験者がIT業界の転職を考える上で、登録しておきたい転職エージェントです。

 

まとめ

まとめ

ここまで30代がIT業界に未経験で転職することに関して、難しさや成功している人の特徴などを見てきました。

これまでの内容をまとめると、

  • 一般論として30代でIT業界への転職は、年齢的に厳しい側面が強い
  • 経験がないとそもそも正社員雇用すらままならないことも多々ある
  • 一方で、IT系は人材不足な業界・職種であり、チャンスは残されている
  • 未経験ならプラスαが必要(何かしらの成果物がある、英語が堪能である、前職で活かせる経験があるなど)
  • 転職するなら大手ではなく中小企業がおすすめ
  • 未経験からIT業界へ転職するなら、エージェントの力を借るのがマスト

ということが分かりました。

IT業界は成長産業でもあり、人気も高まってきているのは事実です。

しかし、専門性が高く、年齢や経験の有無が重要視されることから、30代での未経験者の転職先としてはハードルが高いということが言えます。

しかし、この記事に書いてあることを参考にしていただければ、30代の未経験者であってもIT業界へ転職することは可能。

IT業界への思いをあきらめることなく、1つ1つやるべきことをやっていき、ぜひ転職を成功させてくださいね。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.