使えない転職エージェントの特徴と対処方を伝授!使えるエージェントの見つけ方も紹介!

転職エージェント

使えない転職エージェントの特徴と対処方を伝授!使えるエージェントの見つけ方も紹介!

投稿日:

転職希望者
転職エージェントって結局何もしてくれないから使えない…

これは私が転職希望者に、転職エージェントを勧めると実際に転職希望者から言われた言葉です。

しかし実際には、転職エージェントはかなり有効なサービスなので、転職エージェントを使うとかなりのキャリアアップも狙えます。

何もしてくれないし使えないのが転職エージェント。いったいなぜこのようなサービスとの認識になったのでしょうか。

この記事では、使えない転職エージェントの特徴と対処法を紹介し、使えるエージェントの見つけ方を紹介し有効な利用方法を紹介します。ぜひ、転職活動の際に参考にしてください。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

使えない転職エージェントの特徴

転職エージェントとは、転職希望者と中途採用を希望している企業のマッチングサービスのようなもので、エージェントが転職希望者と企業側の要望を照らし合わせたうえで、転職希望者には転職先を、企業には人材を紹介するサービスです。

使えるエージェントと使えないエージェント。どこかに違いはあるはずです。いったいどんな違いでしょうか。

応募先や希望とする職種の専門知識がない

業種特化型の転職エージェントなどは、応募先や希望する職種の専門知識が全くないような担当者が出てきてしまう確率が高いので、あなたにとって使えない転職エージェントとなります。

転職エージェントは、全ての職種に満遍なく対応している訳ではありません。

これは転職エージェントの仕組みが大きく関係しています。

解説

転職エージェントは、転職希望者には無料で利用してもらう代わりに、採用が成功した時点で、企業側へ成功報酬を求める仕組みです。

つまり、転職エージェントの傾向として、今までの実績をもとに自分達が成功報酬を得やすい職種や、人気のある職種を対象に転職者を積極的に斡旋する傾向にあります。

つまりは、専門性を生み出していくような傾向になってしまい、転職エージェントごとに得意業種や不得意業種が生まれ、得意業種ばかりに転職エージェントが特化してしまい、不得意な業種を希望する転職希望者の職種の専門知識が全くないような担当者が出てきてしまうのです。

 

希望条件に合わない求人を紹介してくる

自分が提案した希望条件と全く違う条件ばかりを提案してくる転職エージェントは、残念ながらあなたにとって使えない転職エージェントです。

解説

転職エージェントは乱立していることから、転職希望者からの信頼獲得に力を入れています。信頼の獲得。つまりは登録者の増加です。

登録者が増加することで、転職エージェントの信頼にもつながります。

なので、転職エージェントは登録者が一度登録してもらった転職希望者を手放すわけにはいきません。

そのため、不得意とする業種や、希望月収を持っている転職希望者でも、登録をされた以上、紹介できる仕事が無いにも関わらず、仕事を紹介しているという事情が、自分が提案した希望条件と全く違う条件ばかりを提案してくる転職エージェントにはあります。

 

連絡が遅い・来ない

連絡が遅い場合や、連絡が来ない場合は使えない転職エージェントと判断するべきです。

残念ながら、連絡が遅い場合や来ない場合は、転職エージェント側としても重要な人材と自分を捉えられていない証です。

解説

転職エージェントはあくまであなたに転職してもらうことで報酬を得ているので、あなたが動かなければ転職エージェントの利益にはなりませんが、連絡が遅い場合や来ないということは、あなたでは報酬を得られる見込みがないと判断されて、対応が後回しにされているということでしょう。

 

連絡が電話やメールのみ

会える範囲にも関わらず、連絡が電話やメールのみという場合も残念ながらあなたにとって使えない転職エージェントです。

解説

優秀な転職エージェントはあなたの希望を叶えてくれるために、会える範囲なら面談を、会えないならビデオ通話のような形を申し入れてくるはずです。

会える範囲にも関わらず電話やメールのみで全てが終わるような転職エージェントは使えないと判断するべきです。

 

態度が悪い

態度が悪いと感じたら使えない転職エージェントです。

あなたと担当者が信頼関係を築かなければ、あなたの希望にマッチする企業と出会うことは難しくなる一方です。

解説

態度が悪いということは、あなたとの信頼関係を築く気がないということになります。

信頼できない人に転職活動の支援を任せるわけにはいかないでしょう。

つまりは、態度が悪いと感じた瞬間に使えない転職エージェントと判断するべきです。

 

内定が出たら強引に進めようと説得してくる

内定が出たら強引に進めようとする場合は、自社の利益ばかりを優先する転職エージェントと判断できるので、使えない転職エージェントです。

信頼関係さえあれば、面談等で内定が出た企業が、あなたにとって、どんな位置付けなのかは担当者も理解しているはずです。

解説

信頼関係さえあれば、あなたの希望を元にその内定をどうするのかを判断をするはずです。

転職エージェントは企業側から採用に成功した際に成功報酬をもらっています。

この成功報酬のことばかりしか考えていない転職エージェントが、内定が出たら強引に進めようとする転職エージェントです。

 

求人をたくさん応募させようとする

求人を厳選することなく、求人をたくさん応募させる転職エージェントは使えないでしょう。

本当に優秀な転職エージェントは、あなたの希望を細かに面談等で聞き出すので、その希望に当てはまる求人は多くないことを理解しているはずです。

解説

求人を応募することで数を稼いで希望の転職先を見つけるのではなく、一件の求人を希望とマッチングするのかを見極めて数を絞って応募するのが一般的です。

求人をたくさん応募させようとするエージェントはそのため、使えない転職エージェントと判断できます。

 

相談しても意見をあまり聞かず、自分の意見を押し付けてくる

転職エージェントを通して見つける求人はあなたの今後の道筋です。

納得がいかなければ当然ながらあなたから意見を出すことも多いでしょう。

その意見をしっかり聞くのが優秀な転職エージェントであり、意見をあまり聞かず、自分の意見を押し付けてくるエージェントは使えないエージェントと言えます。

解説

転職エージェントは、大前提として、企業も転職希望者も双方が希望する形で転職先を見つけるためのサービスです。

あなたの意見は希望を叶えるためのヒントになるはずです。

その意見を聞かずに、担当者側の意見を押し付けると、残念ながらあなたの希望を叶えるための行動ができない担当者の転職エージェントです。

つまり、相談しても意見をあまり聞かず、自分の意見を押し付けてくる転職エージェントは、使えない転職エージェントとなります。

 

職務経歴書・履歴書の添削や面接対策をしてくれない

近年の転職エージェントは、サービスが充実しているので、職務経歴書・履歴書の添削や面接対策などは当たり前のように行われるようになってきました。

しかし、一部転職エージェントはこういった支援を行なっていません。

解説

職務経歴書・履歴書の添削や面接対策などを行なっている他の転職エージェント利用者とあなたが選考の時点で差がついてしまっては元も子もないので、残念ながら、職務経歴書・履歴書の添削や面接対策などを行なっていない転職エージェントは使えない転職エージェントとなります。

他の転職エージェントへ切り替えましょう。

 

あなたが転職エージェントを使えないと感じる理由

「利用者側が自分に適切な転職エージェントを判断する」

これは私が、口が酸っぱくなるほどに転職希望者へ伝えていることです。

転職エージェントを使えないと感じる理由。それは、あなたと転職エージェントのミスマッチにあります。

転職エージェントは乱立してきており、転職エージェントごとに特色が色濃く出てきました。

職種に特色を持たせたり、サービス内容に特色を持たせたりすることで差別化を図っています。

その特色は、転職エージェントごとの強みとなっており、その転職エージェントが利用される理由となっています。

残念ながら転職エージェントはその強みが色濃く出過ぎてしまっているのが現状であり、強み以外の部分が弱みとなっているのも現状です。

転職エージェントは正しく利用すれば、最高な転職支援サービスですが、近年は利用者側で特色を元に自分で適切な転職エージェントを選ぶ必要が出てきました。

転職エージェントの強みと弱みをうまく利用できなければ、転職エージェントが使えないと感じる元です。

使えない転職エージェントが担当になってしまった時の対処方法

転職希望者
担当者が全然仕事をしてくれません。

こういったネガティブな意見を聞くこともしばしばですが、転職エージェントを利用するにあたって残念ながら唯一事前に判断がつかないのが転職エージェント側の担当者です。

残念ながら使えない転職エージェントが担当になってしまうことはあります。

そのために、転職エージェントが担当になってしまった時の対処方法をお伝えいたします。

担当を変更してもらう

転職エージェント側に申し入れ担当者を変更してもらいましょう。

人間は相性というものもあります。相性が合う。

つまりあなたと連携が取れる担当者が担当になれば、あなたにとって最悪な状況も最高な状況に変わります。

転職エージェントは担当者によって左右されるサービスでもあるので、妥協せずに、すぐに担当の変更は申し出ましょう。

 

複数のエージェントに登録して相談してみる

複数のエージェントに登録して相談してみましょう。転職エージェントによっては、相談員の質に限りがあります。

創立間もない転職エージェントだった場合には、選択肢が限られている場合もあります。

そういったことを防ぐためにも、転職エージェントは複数登録しておきましょう。

複数登録をしておくことによって、担当の変更が申し出ずらい場合には、嫌な担当がいる転職エージェントを退会できる余裕もできます。

そして、一つの場所に絞るわけではないので、求人情報も有益なものの数が増えます。転職エージェントは兼用していきましょう。

 

失敗したくない人におすすめの転職エージェント

失敗したくない人におすすめの転職エージェントは、定番のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、リクルートが運営をしている転職エージェントであり、求人数の多さと、求人内容の質が群を抜いているため、多くの人に平均的に成果が出やすいサイトなので失敗したくない人にはおすすめです。

おすすめの転職エージェント。それは本来であれば個人の希望によって個人個人によって変わります。

しかし、リクルートエージェントは、どんな希望を持った人でも、他のエージェントと併用する人も使ってみるだけの価値があります。

リクルートエージェントのリアルな口コミと評判!転職業界トップの実績とは?

「転職エージェントを利用するなら、まずリクルートエージェントに登録すると良い」と言われていますが、具体的にどのような点がおすすめなのでしょうか? また、良い部分だけでなく、注意点も知った上で活用したい ...

続きを見る

 

エージェントに相談する上で注意したいポイント

転職エージェントに転職について相談する上で注意したいポイントは、自分の希望を明確に具体的に持つことです。

転職エージェントは、他人に自分の希望に沿ったものを提案してもらうサービスです。

担当者に相談する際に、自分の希望を叶えてもらうために、具体的に希望を話ができなければ、他人に決めてもらった転職先に転職するという形になってしまいます。

自分の希望は自分だけが分かるもので、その希望を叶えることによって、キャリアアップにもつながります。相談するうえで、自分の意見は必ず明確に持っていましょう。

 

エージェントが合わないと感じたらすぐに行動し、長期化する前に転職を成功させよう!

転職エージェントは、自分が利用するべき転職エージェントを利用し、担当者といい関係が築けた場合には、キャリアアップにつながることや、抱いていた希望を叶えられるなど、とても転職に有効なツールとなります。

ただし、担当者との相性や転職エージェント自体との相性が合わない場合も十分に考えられるので、合わないと感じたら、すぐに行動をとって、有効に使えるツールへ自分で切り替えていき、転職エージェントをうまく利用し、転職活動を成功へ導きましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.