土日に転職活動は可能?おすすめの転職エージェントと活用のコツを徹底解説

転職エージェント

土日に転職活動は可能?おすすめの転職エージェントと活用のコツを徹底解説

更新日:

転職希望者
転職活動をしたいけどなかなか時間がとれません。
転職希望者
転職を妨げる最大の理由は現職が休みをくれないような職場だからなんです…。

最近は世の中で働き方改革と呼ばれて、労働者の労働環境を整えようとの動きを見せるようになってきています。

しかし、私の元に転職相談へやって来る転職希望者は、その動きと逆行するように、上記のような相談が増加傾向にあります。

私は、土日でもある程度対応していたので、このような声を聞くことができました。

こういった人達は、本当に悩みが深く、現職が嫌になって転職を希望している人達がほとんどです。

しかし、転職エージェントなどの転職サービスが、土日に稼働していないと最初から考えているので、現職で我慢をしているということになっています。

私は、このような転職希望者へ向けて、逆に転職エージェントを利用するようにおすすめをします。

なぜ土日ぐらいしか時間がとれない人に対して、転職活動の方法として、転職エージェントをおすすめしているのでしょうか。

今回は、転職活動が土日でも活動可能なのかを、転職エージェントを利用した場合で考察していきます。

転職活動が土日しかできないような人は是非参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

転職エージェントは土日でも対応してくれるの!?

結論から言えば、転職エージェントは土日に対応してくれています。

すでに退職済みの人も、現職で働きながら転職活動をおこなう人も、何らかの事情を持っているので、転職活動へ使える時間が限られている人は同様にいるはずです。

そういった人にとって、転職エージェントとの面談に取られる時間が問題になることを転職エージェントは十分に理解しています。

転職エージェント側が、転職希望者専用に求人を用意できるようにするためには、転職エージェントとの面談が必要です。

この面談は、カウンセリングを伴うので、1時間程度は所要時間に余裕を見ておく必要があります。

現職で働きながら転職活動をおこなう転職希望者からすると、1時間を自分のために使うことは難しいでしょう。

そこで転職エージェントは、転職エージェントと転職希望者が、必ず面談を実施したうえで、求人紹介をおこなうためにも、土日にも対応しています。

さらに、面談へおもむくことですら困難な人に対してや、営業時間外でしか対応できないような人のために、一部転職エージェントでは電話面談も活用しています。

転職エージェントは、あなたの希望の転職先への転職を、転職エージェントがコンサルタントとなって叶えることが仕事になるので、あなたの希望条件や、転職活動の状況などは、担当者になったエージェントが絶対に知っておきたい情報の1つです。

希望の転職先への転職を叶えるためにも、面談で得られるあなたの情報は転職エージェントにとって、重要な求人探しの手がかりとなります。

その手がかりを得るために、転職エージェントと転職希望者が面談をおこなう必要があるわけです。

つまり、転職エージェントは、自分達が転職希望者の要望に応えるために土日や夜遅い時間の電話面談に対応してくれているわけです。

 

土日や平日の夜に利用できる評判の良い転職エージェント3選!

転職希望者
土日に利用できる転職エージェントってどこがありますか?

転職希望者
平日は夜しか開けることができないのですがそれでも転職エージェントと面談は可能でしょうか?

上記は、最近私が受けた転職相談で、土日や平日の夜しか時間がとれないような、多忙な転職希望者から受けた相談の一部です。

多忙な人ほど、1時間程度の時間がかかる面談に向かう時間や、模擬面接などの転職サポートを受けるために転職エージェントまで出向くことは、難しいものがあります。

現在の多くの転職エージェントの営業時間は、土曜日は比較的多くの転職エージェントが営業しており、その中のさらに一部転職エージェントのみが、日曜日も営業しています。

ただ、いずれにせよ、土曜日も、日曜日も、平日よりも早く営業が終わってしまう傾向にあります。

そして、平日の夜となると、一部転職エージェントのみが、夜遅くまで営業しており、基本的には18時から19時ぐらいまでの営業との転職エージェントが多くなります。

ですが、これは便宜上だけであり、営業時間に関係なく対応してくれる場合があります。

実は、平日の夜遅くや、土曜日や日曜日なども、担当となったエージェントの裁量次第で営業時間外の電話面談での対応をおこなってくれる可能性があります。

なので、エージェントによっての裁量次第な部分もあります。

無理だと分かっていても、自分の面談希望の時間を伝えてみることが大切です。場合によっては対応してもらえる場合もあります。

土曜日も、日曜日も、ましてや祝日ですらも利用できる転職エージェント。平日も夜遅くまで対応してくれる転職エージェント。

これらが存在していることが分かってさえしまえば、忙しい人でも、転職エージェントを利用できることは、お分りいただけたことでしょう。

どうせ転職エージェントを利用するなら、評判が良い転職エージェントを利用したいものです。

そこで、このような相談を受けた時に、私が転職希望者に紹介している転職エージェントを3つご紹介いたします。ぜひ、評判の良い転職エージェントを利用して、キャリアアップを狙っていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人所持数が業界ナンバー1の転職エージェントであり、転職エージェントの最大手です。

その圧倒的に他の転職エージェントよりも所持している求人を武器に、口コミや評判が良い転職エージェントです。

さらにリクルートが運営しているという点も追い風となっています。

そんなリクルートエージェントですが、基本的に営業は、月曜から日曜まで通しでやっています。

平日は19時30分までの営業で、土曜日は18時、日曜日は17時までの営業時間となっています。

リクルートエージェントでエージェントをやっている知人が言っていましたが、実際には、フレックスタイム制での勤務形態を取っているので、最終受付時間を過ぎたとしても、場合によっては電話対応をやっているということです。

さらに、リクルートエージェントのホームページの方にも、「土日祝日や夜遅くでも調整する」との明記があったので、土日や、平日の夜遅くにでも、面談を実際におこなっている証拠ですね。

そんなリクルートエージェントは、業界最大手であり、時間の調整も融通がきくことから、実は私が1番率先しておすすめしている転職エージェントです。

詳しくはコチラ

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、平日の夜遅くにでも面談など対応してくれる転職エージェントです。

日曜日こそ営業していませんが、平日は20時30分まで、土曜日は17時30分まで営業しています。

土曜日も営業しており、平日も20時30分までという比較的夜遅くまで営業していることから、リクルートエージェントの次におすすめするのは、マイナビエージェントにしています。

働き盛りである20代などは特に、遅い時間まで働いていることが多く、マイナビエージェント自体も、20代からの満足率がかなり高いことを売りにしていることから、20代の多忙な転職希望者には、必ずマイナビエージェントをおすすめしています。

詳しくはコチラ

 

パソナキャリア

パソナキャリアは、主に、土日も忙しく、平日の夜遅くしか面談などの時間が取れないという転職希望者へ紹介しています。

パソナキャリアは、平日は夜21時過ぎまでどこの支社も必ず開けています。

つまり、対面での面談が21時からでも受けることが可能な転職エージェントです。

さらに、パソナキャリアは、かなり手厚くサポートをしてくれることで評判が高い転職エージェントなので、忙しい人にでも電話面談などで柔軟に都合に合わせた対応してくれることは想像に容易いので、平日の夜遅くに利用できるオススメの転職エージェントとして、パソナキャリアをご紹介しています。

詳しくはコチラ

 

知っておきたい!賢くエージェントを使い倒すコツ


転職エージェントとの面談で全く見当違いな求人を紹介されるばかりです

転職エージェントはすごいサービスですが、どう使えばいいのかわかりません

この記事を見ている人の中には、転職エージェントに対して、上記のようなイメージを抱いていないでしょうか。

これは、実際に私が相談を受けた人達の発言の一部ではありますが、おそらく、同じようなイメージを持っている人も多いはずです。

転職エージェントは、効果的に利用するために、覚えておきたいコツがいくつもあります。

ですが、このような転職エージェントに対してマイナスイメージを持っている転職希望者は、このコツをうまく理解できていないので、転職エージェントをうまく利用することができていない人が多いように思います。

コツは本当に簡単なことで、難しくはありません。

転職エージェントは、本来であるならば、コツさえ掴めば、これ以上なく、転職をサポートしてくれるサービスのはずです。

そこで、転職エージェントを利用する際のコツをお伝えします。

これから転職エージェントを利用する人も、転職エージェントにマイナスなイメージばかり持つ人も必読です。

プロへキャリア相談

転職エージェントのエージェントは、転職のプロです。転職についてのことは詳しく熟知しています。

では、そんなプロに面談で相談しているにも関わらず、転職エージェントから紹介される求人が目的外の求人ばかりになってしまうようなことがあるのか。

それは、せっかくの転職のプロであるエージェントに面談でキャリア相談をしていないからです。

キャリアをどう積んでいきたいのか。これは、転職希望者本人以外はわかりません。

たいていの求人のミスマッチは、面談の際にキャリア相談をしていないがゆえの、転職先への考え方のずれが、エージェントと転職希望者で起こることが原因で引き起こります。

しっかりと転職のプロへキャリア相談をおこなったうえで求人を紹介してもらうようにしましょう。

求人紹介

転職エージェントがおこなう求人紹介は、転職エージェントが転職希望者を面談にて、カウンセリングの後におこなわれます。

つまり、求人紹介もプロの目線で転職希望者へマッチする求人を選んでくれるということなので、面談が非常に重要になります。

面談でカウンセリングの際に、どんな求人を紹介してほしいのかを包み隠さずにすべて希望を伝えましょう。

応募書類への添削

転職エージェントのエージェントは、求人紹介のプロというわけではなく、転職のプロです。

つまり、転職についてのノウハウもアドバイスしてもらうことができます。

そこで、積極的に転職ノウハウを伝授してもらうべきなのが、応募書類です。

多くの転職エージェントのエージェントは、応募書類の添削をおこなってくれます。

応募書類を添削対応してもらうことで、応募書類の書き方を学ぶこともできます。しかし、エージェントに添削をしてもらうこと。これが1番のメリットというわけではありません。

1番のメリットは、提出する相手である、応募先の求める人材を知っているので、求める人物像に寄せた応募書類へと添削して変えてくれることです。

要は、書類審査で落とされないようにしてくれるのです。

応募書類の添削は、書類審査で落ちないための対策の必ずおこなうことの1つ。このように考えて、応募書類の添削をエージェントにお願いしましょう。

条件交渉

転職エージェントは、内定後などに、年収や入社日などの条件を交渉してくれることでのサポートもおこなってくれます。

年収や、入社日などの条件を自分で交渉するのは、言いづらい面もあるので、難しいことです。

そこで、第3者であるエージェントに代わりに条件交渉してもらうことで、より、自分の理想の形での転職がおこなえるようになります。

自分がある程度譲歩することも必要ですが、少しは欲張って、条件を交渉してみるのも手です。

面接対策

転職エージェントの転職ノウハウの伝授は、面接でもおこなわれており、模擬面接などを通して面接対策をおこなってくれます。

面接対策も、求める人物像に寄せた面接での回答を教えてもらえるので、面接で人物像として、応募先に好印象を与えるための練習なので、ぜひ利用しないと損です。

 

休日に転職活動をするメリットとは?

転職希望者
転職活動は休日よりも平日に行うべきだと言われました

誰がそんなことを言ったのかと言いたいところではありますが、これは実際に私が転職希望者から受けた相談です。

はっきりと宣言しますが、休日に転職活動をおこなうことが悪いことではありません。むしろ、休日におこなうことでのメリットもあるのです。

平日に有給を取得しにくい人でも時間・日程調整しやすい

残念ながら、働き方改革が叫ばれている日本の現状では、有給が平日に使える企業がまだまだ少ないのが現状です。そのため、平日に有給を取得しにくい人はまだまだ多くいます。

そんな人でも、休日に転職活動をすると、時間や日程を平日の夜遅くや、外回りの合間を縫ってなどにする必要がないので、ゆったりと転職活動をすることができます。

時間に余裕を持たせると、自分の行動にもゆとりができるので、自ずと面談などの際に落ち着くことができます。

無理に転職活動を平日にやるなら、休日に転職活動をやっていきましょう。

現職の仕事を続けながらゆっくり転職活動ができる

現職の仕事を辞めることができない場合や、辞めたら生活が苦しいので、辞めた後に転職活動はできないという人もいるでしょう。

そこで、休日に転職活動をおこなうと、現職の仕事を続けながらでも転職活動が可能です。

現職の仕事の合間を縫って転職活動をおこなうと片手間になるようなイメージがあるかもしれません。

しかし、そこは転職エージェントなどのサービスをうまく利用して、休日に転職活動をおこなえば、活動量を補えます。

じっくりと相談ができる

休日に転職活動をおこなえば、自分さえ予定を作らなければ、時間にはかなりゆとりを持てます。

そこで、じっくりとエージェントとキャリア相談をおこなうこともできるので、平日に無理に活動するなら、休日に活動するべきです。

相談はとても大事です。自分の今後を決める相談も多々出てくるので、時間にはゆとりを持ってじっくりとおこないたいものです。

 

 

休日に利用できるエージェントを見つけ、転職活動を効率よく進めよう!

休日に利用できる転職エージェントは、ここで紹介した転職エージェント以外にも存在しています。

つまり、休日でも多くの転職エージェントは利用できるものだと断言しても良いぐらいかもしれません。

休日も利用できる、自分と相性が良い転職エージェントを利用して転職を効率よく進めていきましょう。

転職成功の後には、明るい未来がみえるかもしれません。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.