ホワイト企業に転職したいあなたに!社会人に人気の働きやすい会社、評判・口コミ・評価とランキングベスト3!

転職お役立ちコラム

ホワイト企業に転職したいあなたに!優良企業のランキングや見分け方・転職のコツを徹底解説

更新日:

転職希望者
前の企業がブラックで同じようなことはもう経験したくないです!

転職希望者
ブラック企業に入らないことが希望です…。

最近、転職希望者が、ホワイト企業と呼ばれるような、優良企業を見分ける方法やコツを求めるようになってきました。

上記は、私の元に転職相談へやってくる転職希望者から、特に最近言われる相談です。

転職希望者の意識に変化がおきて、賃金よりもホワイトな職場を求めている傾向になっているということの現れです。

現に、賃金をどれだけ上げても、労働環境が過酷では、人が集まらないのが、最近の転職業界の求人です。

働き方改革が浸透してきた近年において、ホワイト企業へ転職したいという希望を持っている人が増えてきたことが要因でしょう。

そこで、この記事で、ホワイト企業と呼ばれるような、優良企業を見分ける方法と、コツをご紹介し、さらに、優良企業もランキング付けをして紹介していきます。

ホワイト企業へ転職したい人。優良企業の見分け方を知りたい人などは、ぜひ参考にして、転職を成功させていきましょう。

 

社会人に人気の働きやすい会社ランキングベスト3!

ホワイト企業とはどのような企業だと考えるでしょうか。

便宜上は様々な説明されて、現在では、「ホワイトマーク」と呼ばれる、厚生労働省がホワイト企業と、安全衛生優良企業認定し、お墨付きで公表してくれる制度も存在しています。

形として、厚生労働省がこのような認定をおこない、様々な基準もありますが、結局のところ、自分が「ホワイトだ」とさえ言いきれば、その人にとってはホワイト企業となります。

それゆえに、ホワイト企業は、人それぞれに違いますし、定義があいまいだと私は考えています。

あいまいゆえに、簡単に言いきってしまえば、結局のところ、ホワイト企業は、誰にでも働きやすい職場環境が用意できる会社のことをホワイト企業と指すのが共通の考え方ではないでしょうか。

「社会人にとって働きやすい会社」

このように聞けば、誰しもがホワイト企業なのだろうと感じることでしょう。

では、社会人に現在人気を博している働きやすい会社はどのような会社があるのでしょうか。

わかりやすく説明できるように、人気度も加味したうえで、どちらかといえば、働きやすさをメインとしたランキング付けをしてご紹介いたします。

全国的知名度がなくとも、地方では絶大な人気を博している会社も様々にあるので、参考にしていきましょう。

 

1位 株式会社サタケ

私が知りゆる企業の中で、最も社会人に働きやすく、広島県内で絶大な人気を博している会社を人気度ではなく、社会人にとっての働きやすさで1位とします。広島の株式会社サタケです。

まず、株式会社サタケは、挑戦的な働き方改革をいくつもおこなっており、年々それが増えていっています。

株式会社サタケは、ノー残業デーがあります。一般的なノー残業デーは週1のみの実施がほとんどでしょ。かつて、株式会社サタケもそうでした。しかし、それは進化しています。

今は、オールノー残業デーです。つまり、毎日残業無しです。

さらに、2017年から期間限定で週休3日を導入していますが、将来的には週休3日を通年でおこなうとの考えで試験的におこなわれています。

週休3日を考えられるのは訳があります。

実は、株式会社サタケは毎日の残業を禁止しただけで、業績をあげることに成功している事例を持っています。

現在の株式会社サタケの働いている知人いわく、終わりが決まっているので、まるで毎日締め切りに向けて仕事をするような形なので、効率を考えるようになったとのことでした。

さらに、株式会社サタケは、働き方だけでは終わりません。奨学金の一部を会社負担で返還することや、社内に保育所を設置し、子供一緒に出社し、ランチは子供と食べて、残業がないので、同じ時間に子供を社内の保育所から連れて帰ることができます。

これがまさに、誰しもが羨むような、社会人にとって働きやすい職場と言えるホワイト企業の取り組みでしょう。

どう考えても、女性であっても、定年間近の社員でも働きやすいに決まっています。地方でもこのような取り組みがあるのです。

 

2位 ブラザー工業株式会社

ブラザー工業株式会社は、育児や介護をしながらでも働けるように、働き方に多様な選択肢を用意している会社です。

まず、最近は多くの企業がおこなっているフレックスタイム制度ですが、ブラザー工業株式会社もおこなっています。

コアタイムが9時30分から14時までとなっているうえで、20時以降は残業が届出制となっています。

これだけだとよくある話ですが、そのうえで、ブラザー工業株式会社は多様な働き方を許可しています。

まずは、在宅勤務です。育児や、介護などをおこなっている社員には、終日の在宅勤務の許可か、一部の在宅勤務の制度を用意しています。

つまり、急用で子供を学校に迎えに行った後でも、熱で子供が学校を休んで家にいなければいけない場合でも、在宅での仕事を可能にしています。

そのうえで、さらに、育児や介護はイレギュラーな事態が多いので、フレックスタイム制度のコアタイムを外すことや、短時間勤務の許可などもおこなっています。

ブラザー工業株式会社へ入社すると、介護や育児を理由に退職する必要はありません。

つまり、結婚や、出産。親の介護をしていても、働きやすいので、社会人にとって働きやすくなっています。

 

3位 大京グループ

大京グループは、多様な働き方を社員に用意することで、社会人にとって働きやすい環境を整えています。

大樹グループの出社時間は、時差出勤制度が定められているので、あらかじめ定められた時間内であれば、自分で選択して、自分の出勤時間を決めることができます。もっとも遅い出社時間だと、13時からの出社が可能です。

さらに、様々な突発事態に備えるために、許可さえあれば、出勤と退勤の時間を自分で決めることも可能です。

そのうえでさらに、午前午後の半休や、1時間単位の時間休も許可しています。

つまり、自分で考えた働き方を実行する権利を社員が持っていると言っても過言ではないでしょう。

大京グループの知人に聞けば、この制度は、もちろん仕事なので、あまり無理な要望はできないですが、たいがいの要望は許可されるとのことなので、プライベートを基軸に働き方を考えることができます。

 

そもそもホワイト企業とブラック企業との違いや見分け方とは?

転職希望者
いざ入社したらブラック企業だったなんてことは避けたいです!

転職希望者
ホワイト企業って確実に求人の時点で見分ける方法はありますか?

皆さんの中にもこのような疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。

私の元へ来ている転職希望者も、たいていの働き方を重視する転職希望者が似たような要望を持っています。

ブラック企業とホワイト企業の違いや見分け方。これがわかれば苦労はないですよね。

とはいえ、実は見分けるのは簡単です。

皆さんがしっかりと、ホワイト企業とブラック企業の違いさえ知っておけば、見分けることは簡単にできてしまいます。

見分けるコツは、ホワイト企業とブラック企業の違いを知っておくことです。

では、細かにブラック企業とホワイト企業との違いを見ていきますので参考にしてください。

 

休日編

休日数と、休日を取ることができる制度で、ブラック企業とホワイト企業との違いは明確に現れます。

まず、休日で見分けるには段階で判断していきます。

休日数120日以上がホワイト企業の最低ラインです。

それ以下だと、休みが他社より少ないと感じてしまいます。

そして、さらに優良企業となると、中には10日間連続での休日の取得を義務としてつけている会社もあります。

そういった有給取得の制度が用意されている会社だと、あらかじめ用意されている休暇にプラスで有給休暇の取得となるので、実質は休日数が130日以上になることもあります。

ブラック企業は、休日数110日ぐらいを前後しています。110日となると、土日は隔週で出勤となっている場合が多いので、有給休暇取得は、この土日に充てられているので、100%との取得率になっているなんて裏側もあります。

休みが少ないのは社会人にとっての不満の元ですので、休日数と有給取得の制度は確認しましょう。すぐにブラック企業かホワイト企業か判別できます。

 

残業編

残業は、ノー残業デーの有無などの明確な残業に対しての制度の有無と、残業時間を公表しているのかで調べましょう。

給与に予め残業代が付けられる見込み残業手当は、残業の温床となります。

ある転職希望者の話では、今時に、ハンコで出勤のみを計算し、時間外手当を見込み残業として払っていることを良いことに計算をしないというようなブラック企業に出くわしたなんて事例もあります。

そんな事は、残業時間を公表し、残業に対しての制度を用意しておけば起こる訳はありません。ここでブラック企業とホワイト企業の差が出てきます。

 

年収編

ホワイト企業とブラック企業では、年収に大きく差が出るわけではありません。

むしろ、ブラック企業でも、年収が高い企業はあります。

どこで判別するのかというと、月給です。

年収の額が高いブラック企業は、ボーナスで補填し、月給が低いなんてことがしばしばです。

ボーナスは会社の業績等によっては支払わない場合があるものなので、毎年必ず支払われるものではありません。

月給の低さは、もろに生活レベルに影響するので、月給が低く、ボーナスが高い企業には注意するべきです。

もちろん、他の制度が充実していれば、一概に月給が低く、ボーナスが高い場合でもブラック企業だとは言えません。

 

福利厚生編

福利厚生は、最も顕著にブラック企業とホワイト企業の違いが出てきます。

あまりにも顕著に違いが出るので、最も簡単に判断ができるのです。判別方法は、福利厚生の多さです。

福利厚生が一般的なものだけしか用意されていない場合は、ブラック企業の可能性は高いと言えます。

福利厚生に奨学金補填制度なんてあったら、ホワイト企業と感じる人は多いのではないでしょうか。

 

女性の働きやすさ編

女性に働きやすい制度が作られているのかでブラック企業とホワイト企業は判別できます。

たいていのブラック企業は、子供の発熱の際などは、急遽休みを取るようになっても、有給にならないなどで、柔軟な対応ができません。

ところがホワイト企業の場合には、子育てや、介護などをおこないながら仕事ができる制度の用意や、復職に対しての柔軟な姿勢をアピールするなどの姿勢を見せています。

女性に優しい会社はホワイト企業と言っても過言ではありません。

 

優良企業への転職を失敗しない方法とは!?

転職をどうせおこなうなら、優良企業へ誰しもが転職を成功させたいものです。

しかし、世の中には、残念ながら、入社後に優良企業ではなかったことを入社した企業へ感じてしまい、早期退職している人もいます。

優良企業への転職を失敗しない方法は、自分が、優良企業だと感じる理由を、人事の人柄などの理由に作るのではなく、会社の制度などの具体的な理由を自分で持つことに成功への方法が隠されています。どんな方法があるのでしょうか。

転職支援サービスを活用し相談してみる

転職はやはり自分1人でおこなうには限界があるので、転職支援サービスを積極的に使いましょう。

転職のプロに転職活動の相談をすれば、プロからすれば、自分たちが持っている情報と求人情報から得られる情報を見比べさえすれば、優良企業かどうかの判別は容易いことです。

自分の希望とする職種・業種をある程度絞っておく

職種や業種によっては、夜勤が多くなるような勤務形態の制限はやむを得ない場合があります。

そこにもしも、不満を感じて優良企業ではないと感じてしまったのであれば、それは単なるミスマッチです。

ある程度自分が希望する職種や業種は自分で調べておいたうえで絞っておけば、そのようなことは防ぐことができます。

 

おすすめの転職支援サービス2選!

ホワイト企業と呼ばれるような優良企業は、自分達が働き方改革などを通して、従業員へ選択肢を与えたりするような姿勢は、たいてい自社のメリットとなるので、自ら発信しています。

その情報を掴んだうえで転職活動をすることが、ホワイト企業へ近づく最短ルートです。

そこで、情報を収集するうえでおすすめの転職支援サービスを2つ紹介しますので、ぜひ利用し、ホワイト企業への転職を成功させましょう。

転職サイト

転職サイトは、ハローワークのように、求人が一括で掲載されるサイトです。

求人情報が詳細に応募ページに掲載されているので、自分で、福利厚生や休日数などから、優良なのかを判断することができます。

さらに、検索機能を使って、福利厚生などの詳しい条件を絞ったうえでの求人検索も可能なので、情報収集の手段としてはうってつけです。

おすすめの転職サイト 人気・評判ランキング!

転職サイト(転職エージェント)について、それぞれ評判をしっかりチェックすることは、転職を成功させるうえで欠かせないことだと言えます。 しかし転職サイトの評価や口コミ、評判は、場所によってまちまちなもの ...

続きを見る

転職エージェント

転職エージェントは、自分の代わりに求人情報を転職のプロである転職エージェントが求人情報を探してくれるサービスです。

つまりは、ホワイト企業を探すことをプロにやってもらえるサービスです。

情報収集力が2倍になるので、転職サイトで自分も求人を探しながら、転職エージェントのエージェントに求人を探してもらいましょう。

【転職エージェントランキング】職種・目的別におすすめの登録先を徹底比較!

転職エージェントは各エージェントの強みに違いがあるため、特徴を比較してあなたの転職目的に合った転職エージェントを選ぶことが大切です。 このページでは、実際に転職エージェントに登録して転職活動を行った私 ...

続きを見る

 

ホワイト企業転職を成功させる第一歩はエージェントへの相談から!

結局のところ、ホワイト企業への転職を成功させるためには、いかに事前に情報を掴んでおくかが重要となります。

自分がホワイト企業とブラック企業を見分けられる力がついている人ならば、何も困ることはありませんが、多くの人は、ホワイト企業とブラック企業を見分けられているのかがわからないはずです。

そこで、転職のプロである、転職エージェントを利用することがホワイト企業転職を成功させる第一歩となるでしょう。

本当のホワイト企業をプロが見つけだしてくれる。こう考えれば、転職エージェントがいかにホワイト企業をsガスことに味方になってくれるのかが分かるのではないでしょうか。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.