本当に幸せになれる転職のやり方!成功への最も効率のよい転職方法をご紹介!

転職お役立ちコラム

本当に幸せになれる転職のやり方!成功への最も効率のよい転職方法をご紹介!

更新日:

転職希望者
初めての転職ですが、やり方を教えて欲しい!
転職希望者
在職中に転職活動を始めても仕事には支障が出ないでしょうか
転職希望者
30代ですが在職中のブラック企業から転職したいです

上記のような相談が最近は増えてきています。

以前の考えは、若い人のみが転職をおこなうものとの考えが一般的でした。

ですが、終身雇用の時代は終わりを迎えました。

そこで、本当に幸せになるために、辛い職場で我慢するのではなく、我慢するぐらいなら転職を考えるように世の中の流れが変わったので、20代から40代以上の人までもが、昔とは変わって転職を目指すようになりました。

そして、その流れを後押しするかのように、在職していても、ハローワークに行かずとも転職ができるやり方が増えてきました。

ですが、やり方の選択肢が広すぎて、成功したと感じられるような、転職のやり方もわからないでしょう。そこで今回は、成功への最も効率のよい転職のやり方をご紹介いたします。

ぜひ、効率よく転職活動のやり方を知って、本当に幸せな環境を掴みましょう。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

成功の条件とは?どんなやり方が失敗?

「転職活動は初めてですが失敗したくはないです」

「転職に成功するやり方で成功を掴みたいですがどのように転職すれば良いでしょうか」

転職活動を初めて経験するような転職希望者から、本当によく相談されるのが、上記のような、「失敗はしたくない」という相談や、「成功を掴みたい」という相談です。

この記事を読んでいる皆さんも同じようなことを考えた経験はあるのではないでしょうか。

転職の成功と失敗。まずは考えて欲しいのは、転職を初めて経験する転職希望者ばかりが成功と失敗について相談してくるのはなぜかという点です。

成功と思うことができるやり方や条件と、失敗と思えるやり方や条件とはどのようなものでしょうか

この質問を私の元に訪れる転職希望者によく投げかけるのですが、たいていは、転職初心者が答えることができない質問です。

なぜかと言えば、たいていの転職経験者は、明確に自分が成功と考えられる条件があるのですが、転職初心者は漠然としてしまっていることが原因です。

転職経験者は、業界の平均的な年収を下回る企業で働いていれば、平均的な年収を上回るような企業に行きたいなどの考えを明確に持っています。

ここが転職初心者との大きな差です。

この例えで言うならば、失敗と思える転職の条件も明確であり、業界の平均的な年収を下回る企業への転職であれば失敗です。

そして、転職のやり方としては、希望年収を超える求人を得ることができるやり方が成功と思える転職ですので、この場合は、年収交渉をおこなってくれる転職エージェントです。それを転職経験者は本能的に理解をしています。

つまり、転職を成功させるやり方は、明確に自分が成功と考えられる条件にそったやり方をおこなう人です。

成功と思うことができるやり方や条件。これは結局のところ、どのような会社で、どのような条件で働くことを希望しているのかを明確に言える人が取る行動が、すべて成功と思えるやり方や条件につながっています。

つまり、成功のやり方や条件は人それぞれとなるのです。

ですが、成功を叶えるためには、自分が考える成功をそのまま入社後に叶えるための行動をとっていることには違いがありません。

成功が年収であれば、年収交渉を。休日数を増やすのであれば休日数の確認を。キャリアアップを目指すなら、事前に転職エージェントなどを利用して情報収集を。やり方は様々です。

ですが、一貫しているのは、明確に自分が成功と考えられる条件にそったやり方をとっているということです。

実際に、今まで転職を成功させたと自信を持って言っている転職希望者は、転職先への要望を叶えたうえで、その要望を叶えるための行動をとっていました。

 

最も効率のよい成功への流れをご紹介

「明確に自分が成功と考えられる条件にそったやり方が人それぞれなら効率のよい成功への流れはどのようになるのでしょうか」

私が、自分が明確に自分が成功と考えられる条件にそったやり方が人それぞれだと説明をすれば、たいていは、効率を考えている転職希望者は、そのための近道はどういった方法があるかを聞いてきます。

転職活動において、一般的に効率のよい方法を紹介いたしますが、近道なんてないと断言をする転職専門家も中にはいます。

私としては、近道は、転職活動において、効率のよい流れという意味では存在していると考えています。

そこで、まずは、私の考える最も効率のよい転職成功への流れをご紹介します。これ、実は、皆さんにおすすめできる方法となっているのでぜひ参考にしてください。

よくある効率のよいやり方や、転職活動を成功させるためのポイントとして言われるのが、希望の企業から内定を得るための準備として、新卒の就活でよく言われるような、自己分析をおこなうことがおすすめです。

自己分析をおこなったうえでの最も効率のよい転職成功への流れは以下のステップです。

 

転職サイトやハローワークなどで求人情報を検索する

まずは情報収拾からのスタートです。求人を見ることでどんな求人が現在は多いのか。

希望の求人はどのようなものなのかを自分の中でまとめましょう。

また、この時に、退職し、転職活動をするのか、在職中に転職活動をおこなうのか。

ある程度スケジュールを想定しながら自分の転職活動のやり方を決めておくといいでしょう。

 

気になる求人にランク付けし、自分が転職先に求める条件を明確にする

Excelなどで表を作り、気になる求人をランク付けしていきましょう。

また、この時に自分が気になる求人の特徴を割り出しておくと、今後求人を探すための有益な情報となるのでおすすめのやり方です。

 

自分史(ポートレート)を作り自分の希望のキャリアをまとめる

面接などで自己アピールをしなければなりません。

さらに、転職となると、新卒の面接とは面接のやり方もガラッと変わります。

転職は、未経験の業種であっても、即戦力になることができるとのアピールをしていく必要があるので、アピールポイントとしては、過去の自分の経歴となります。

1度この時点でまとめておくと、選考に進んだ際に、面接で自己アピールすることに苦戦しないでしょう。

また、この際に自己分析をおこなっておくことで転職活動の今後のやり方や、今後の求人選びに変更が生じる可能性もあるので、この時点で自己分析もおこなっておきましょう。

 

ランク付けした求人のランク上位から複数同時に選考に進む

効率のよいやり方としては、スケジュールが重ならないようにスケジュールをうまくずらし、同時進行で複数企業の選考に進むやり方がおすすめです。スケジュール管理が大変になるやり方ではありますが、様々な企業から複数内定をもらうと、自分の今後の仕事の選択肢が増えるので、内定辞退をすることを前提に様々な企業からの内定を狙うやり方でいきましょう。

 

複数同時に選考に進んでもうまくいかな場合は転職エージェントへ

同時進行に進めていてもなかなか転職がうまくいかない場合には、転職エージェントに指導してもらうやり方に変えましょう。

一旦第3者の意見を聞いておくことで違うやり方をおすすめされる可能性もあります。

また、面越指導や、応募書類の添削指導もあるので、どこか問題があれば、それも同時に指導してもらえます。無料なので、ぜひ積極的に利用したいところです。

 

上記の効率のよいやり方でやることだけでは、効率のよい転職とはなりません。

さらに、正社員として何がやっていきたいのか。面接や応募書類提出など、苦手な点はどこなのか。

いつまでに転職を成功させたいのかスケジュールは組んでいるのか。

このようなことを考えたうえで、行動すれば効率のよい成功への近道となりおすすめです。

 

活動の期間は?

「転職活動は期間を定めてやり方を考えていったほうがいいでしょうか」

転職活動は、期間を定めてやったらいいのかわからない。このような声をよく聞きます。

これに関しては、やり方よりは、考え方次第なところがあります。

時期的に、希望の求人が少ない場合には、在職中でゆっくり求人を探しながら転職成功を目指していけば良いですし、失敗を恐れずに、退路を断つために退職をすると言う考え方でも良いでしょう

ただ、転職活動には、効率のよいやり方をアドバイスしてくれる転職のプロが在籍している、転職エージェントがいます。

1度、活動の期間を見直す前に、相談してみるのもよいやり方かもしれません。

 

会社を辞める時期

「会社は辞めたほうが転職の際はよいのでしょうか」

転職を初めて経験する人などは特に、面接などで時間が取られるので、会社に在籍しながら転職活動をおこなわない方が良いのではないかと考えている人が多いように感じます。

確かに、やり方としては、面接にすぐに行けるスケジューリングができるため、会社を辞めて転職活動をおこなうやり方をとった方が、転職活動自体はやりやすくなるでしょう。

ただ、公務員の人や、有給が残り少ない人など、様々な事情の人もいるとは思うので、無理に会社を辞めたうえで転職活動をおこなうやり方をとる必要はありません。

面接のスケジュールを選考の際に話す時に、在職中である旨を伝えれば、何らかの対策はとってもらえるので、無理に会社を退職するのは辞めましょう。

そして、内定が決まった後に、在職中の会社を辞めるスケジュールは、内定先との相談をおこないましょう。

ここは、交渉次第で動かすことができる部分なので、無理に在職中の会社に迷惑をかけるスケジュールを組むやり方での退職も避けておきましょう。

サービスによってやり方が変わる

転職活動のやり方は、転職サービスによって様々に変わります。

例えば、ハローワークや転職サイトなどのサービスは、自分で基本的に全てを決めて動くやり方ですし、転職エージェントは、エージェント側の担当者と、転職活動のやり方を話しあいながら決めていきます。

自分に合ったやり方を採用している転職サービスを選ぶことが、転職活動が成功する近道でもあるので、自分なりのやり方に近い転職活動をおこなうことができる転職サービスを選びましょう。

 

おすすめの転職サポートサービス

私がオススメしている転職サポートサービスは転職エージェントです。転職活動の大きな味方となります。

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトとは違い、スカウトのような形式で、転職希望者に適切な求人を紹介している面もあります。

そのために、カウンセリングをおこなって、転職希望者のことを知っていかなければなりません。

その、カウンセリングこそまさに転職エージェントが、効率のよい成功への流れとなると考えているのですが、自己分析として一般的にやるべきと言われているようなことを、カウンセリングで転職のプロが代わりに分析してくれます。

さらに、自分が明確に転職を成功と考えられる条件が見つからない場合には、それですらアドバイスをくれます。

さらに、成功と考えられる条件が叶うように、担当エージェントが動いてくれます。

つまり、転職活動の効率のよい成功へのやり方として転職エージェントを選ぶことは、世の中で一般的に言われている最も効率のよい成功への道へ、転職のプロが導いてくれるということになるのです。非常に心強いサービスですね。

 

理想の就職先に転職しよう!

全て転職活動の際に自己分析を自分でおこなうのはなかなかに難しく、そもそもどのように分析したら良いのかわからないものです。

そこで転職エージェントの登場です。

私は、結果的に上記のすべてのステップを踏むのは、実質すべては難しいのではないのかと考えていますので、効率のよい成功への流れは、転職エージェントを1度は利用することだとも考えています。

理想の仕事や、理想の転職のやり方。様々な人に、それぞれの転職のやり方や、それぞれの理想があります。

その理想に近づくためには、自分なりに1番効率のよい転職活動のやり方を見つけて行くことが大事です。

自分なりの転職活動のやり方を見つけて転職活動を成功させていきましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.