夢の海外転職!その方法とは?おすすめの転職エージェントをご紹介

転職お役立ちコラム

夢の海外転職!その方法とは?おすすめの転職エージェントをご紹介

更新日:

転職希望者
営業として海外に転職して力を試したいです

転職希望者
IT エンジニアとして海外駐在を経験してみたいです

近年のグローバル化の影響でしょう。世界がどんどん狭くなってきているので、最近はこのような、海外駐在しながら仕事をしてみたいとの希望を転職希望者が持つようになってきました。

英語にそこまで自信がないような海外渡航ですら未経験の人や、家族全員で海外に行きたいとの希望を持っている女性の力強い転職希望者まで中にはいました。

近年は確かに、新卒採用ではなくとも、海外勤務の求人が増えてきています。

今後も、外資系企業の日本参入なども、今以上に見込まれているので、グローバルな求人は増えていく見込みです。

そこで、今回は、海外で働くために転職を希望しているという人達に向けて、方法や、おすすめできる転職エージェントなどをご紹介いたします。

海外駐在での転職を希望しているけれどどのようにすればいいのかわからない人などは、ぜひこの記事を参考にして、海外へ羽ばたいていきましょう。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

海外に転職する方法

「アジア圏の国かアメリカでの海外勤務がしたいのですが方法が分かりません」
「シンガポールやベトナムに行って仕事がしたいのですが、どうやって海外で勤務するのか分かりません」

転職希望者の中には、このように特定の国への海外転職を希望する人もいます。

ですが、多くの私の元にやってくる転職希望者は、この国々に限らず、そもそも海外に転職するにはどのような方法があるのか。求人の募集がかかっているのかということを知らないうちに夢として海外への転職を描いている人もいます。

海外への勤務は大手企業へ勤めている人だけができる特権というわけではなく、意外と求人は多くあるものです。

そこで、まずは、海外へ駐在しながら働くための転職方法をおさらいしておきます。

駐在員として海外へ行く

まずは、日本国内の企業で、海外拠点へ駐在員として派遣される方法です。

転職をして、日本である程度働いた後に海外拠点への転勤命令を受けるような形です。

現在の日本の企業は、海外に工場を持っていたり、海外に拠点を持っている企業が多くあります。

このような企業への転職を果たすと、すぐに海外駐在での仕事というのはなかなかありませんが、転職後何年か経過すると、可能性としてはあるでしょう。

その可能性を待っている間に英語などを勉強しておくと考える人には、駐在員として海外へいける企業へ転職することをまずはおすすめします。

ただ、まれに転職した直後に海外への派遣が決まることもあります。

英語が喋れたり、事前に特別な資格を持っている場合などは、転職してから間もない時間でも駐在員として派遣される可能性はあるようです。

 

日本企業の海外拠点での採用へ応募する

海外拠点で働くことを前提に日本で募集されている求人に応募し転職する方法もあります。

海外での自社製品の営業や、エンジニアとして海外でのプラットフォーム作りなど、どうしても長期にわたっての海外勤務が必要な仕事もあります。

海外で出来るだけ長く勤務したいという場合には、日本企業の海外拠点での採用へ応募することがおすすめです。

このような求人は、意外と多く存在していますので、海外への転職を考えている人には、基本的にこちらの方法が一般的となっているでしょう。

ただ、日本企業の海外拠点での採用で転職を目指す場合には、海外での新規開拓などの、新事業所開設にともなった募集などが多いので、即戦力のような、英語があらかじめできたり、過去のキャリアに光るものがある人などが優先される傾向の求人が多いでしょう。

ただし、例外的に、中小企業などが、現地に住んでいる日本人向けに、事務などを応募していることがあるので、こういった求人だと、比較的に採用されやすいでしょう。

 

海外での現地企業の採用へ応募する

海外へ転職することで極論といえば、現地の求人へ応募することです。

現地では様々な求人があるでしょう。営業から、ITエンジニア。日本語学校の教師など様々です。

そんな求人をネット上などから探して応募するのもいいでしょう。

現地採用は、力さえあれば、グローバルな人員を求めている企業はあるので、必ず内定を得ることができます。

英語などがある程度できないと、面接を超えることが難しく、年収などの木になる面も不確定ではありますが、自分で応募して転職を目指してみるのも1つの方法でしょう。

 

求人を探すならどのサービス?

「海外転職を目指すならどういった転職サービスを利用したらいいでしょうか」

駐在員として海外へ行く場合でも、日本企業の海外拠点での採用へ応募する場合でも、海外での現地企業の採用へ応募する場合でも、求人を探すなら、現状は、海外への転職を援助しているサービスを利用することが日本からの転職だと主な方法となっています。

私はその中でも、転職エージェントが、海外転職求人を探す中でも1番のおすすめできるサービスだと考えています。

転職エージェントがなぜおすすめなのでしょうか。

海外へ転職する際に、未経験の転職希望者はとくに、どこに求人の募集が出ているのかがわからないとの相談が、私の元を訪れる転職希望者からよく寄せられます。

そういったときに、必ずおすすめするのが転職エージェントですが、転職エージェントは、海外転職特化型のJACリクルートメントのような、海外への転職に特化している転職エージェントがいくつも存在していることがおすすめしている理由です。

転職エージェントは、面談で、カウンセリングをおこなったうえで、転職相談にのってくれる転職のプロである、エージェントが存在している転職サービスです。

ということは、海外特化型の転職エージェントは、転職のプロが海外に特化しているということになります。

そのため、転職の際に、例えば、子供の幼稚園はどうしたらいいのかという些細なことから、年収などの相談もおこなうことが可能です。

さらに、現地企業との年収の交渉や、ビザの問題なども、転職エージェントがサポートをしてくれるので、まさに、海外の転職についての手続きなどをすべて相談できる、海外転職を目指す人にとっては、強力なサポートツールなのです。

 

相談するならおすすめの転職エージェント


「海外への転職で転職エージェントが有効なのは分かりましたが、どこに相談すれば良いのかが分かりません」

転職エージェントは、年々特化型の転職エージェントが増え続けており、海外転職に特化している転職エージェントも、徐々に増えつつあります。

そして、日本企業の海外進出も増えてきているので、求人も徐々に増えてきています。そんな中で、海外転職を相談するならおすすめの転職エージェントとしては、JACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメントは、海外への転職が得意な転職エージェントであり、また、JACリクルートメント自体も、ロンドン発祥の外資系企業となっています。

私がJACリクルートメントをおすすめする点としては、まさに、外資系転職エージェントであるということが1番の要因です。

JACリクルートメントは、日本を含めて計11カ国の海外拠点を保有しており、イギリスなどにも拠点がありますが、主にアジアに拠点が集まっています。

さらに、エージェントが、求人を集めてくることも担当していることから、相談したエージェントが、直接スカウトのような形で転職希望者を紹介するようなこともあります。

グローバルに活躍している転職エージェントの中では、JACリクルートメントは、日本国内に拠点がある程度あることもおすすめしている理由の1つです。

このような点で、私は、相談をするなら、JACリクルートメントをおすすめしてはいますが、JACリクルートメントを含めた海外転職特化型の転職エージェントは、グローバルに活躍できる人材を求めていますが、いわゆる、ハイキャリア向けの転職エージェントとなっています。

そのため、第2新卒のような、キャリアをあまり積めていない人にとっては、相談をしても、求人が紹介されないなどの、デメリットがあることをしっかりと意識しておかなければなりません。

グローバルな転職にはJACリクルートメントがおすすめ!特徴や口コミ・評判を合わせてご紹介!

転職希望者海外でも働いてみたいけど、そんな人に用意されている転職エージェントってあるの? 転職希望者グローバルに特化した求人の紹介以外は要りません! 私は、グローバルに仕事をしたいと考える転職希望者に ...

続きを見る

 

英語のレベルはどれくらい必要?

「海外転職の求人に英語のレベルはどれぐらい必要でしょうか」
「英語を喋ることができなくても求人募集に応募しても良いでしょうか」

現代の世界では、共通言語のように英語が扱われていますが、海外への転職を考えた際に、英語のレベルに不安を抱えている転職希望者も多いように感じます。

海外への転職で求められる英語のレベルは、日常会話レベルは最低限であり、ビジネス英語だけでは物足りないと考えましょう。

海外で仕事をおこなう際には、同僚とのコミュニケーションがとれる英語のレベルが必要になります。

さらに、ITエンジニアなどの専門職のような業種では、こちらがシステムエンジニアをSEと表現するような、日本では当たり前のように使われている言葉が、国によっては、伝わらない可能性や、違う表現を使う場合もあります。

つまり、海外へ転職すると、日常会話をする必要も、その国での用語の表現方法も覚える必要があります。

そのため、ビジネス英会話レベルの英語も、日常会話レベルの英語も海外で働くには必要です。

つまりは、英語をレベルで考えるのではなく、喋ることができるにこしたことはないということです。

海外へ転職したいなら、英語は、かなりの高いレベルで必須だと考えましょう。

 

どんな職種が多い?

「ITエンジニアとして海外への転職を考えていますが仕事はあるでしょうか」
「英語を活用して営業で海外で活躍したいと考えていますが仕事はありますか」

自分のキャリアや英語をいかすため考えている転職希望者から、どんな職種の求人が多いのかと聞かれることがあります。

しかし、特段多くの求人がどれかの業種に突出して多いわけではありません。

ここは日本と同じように考えて欲しいのですが、求人が多い時期には、多い職種もありますが、海外でも、様々なビジネスが展開されていますので、平均的に海外でも、多くの業種の募集がされています。

なので、どの業種が特段多いとかそういったことはないのです。

ただ、しいて言えば、日本も海外も変わりませんが、グローバル化の波にともない、スマートフォンなどの普及も重なって、IT系の業種の需要が世界的に大きなものとなっています。

なので、ここも日本と同じですが、IT系の業種は募集が多いように感じています。

 

おすすめの国はどこ?

「どこかおすすめの国などはあるのでしょうか」

結構な割合で、転職希望者から聞かれる質問が、おすすめの国はあるのかということです。

転職希望者は、海外に行きたいとの希望だけ持って、どこか特定の国への希望を持っていないという場合も多くあります。

そこで答えるのは、一般的には、アジア圏の国々ということになるでしょうが、私は、あなたの好きな国がおすすめとアドバイスすることにしています。

現在、日本人が働いている求人が多い場所としては、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイ、中国。それからアメリカなどです。

ただ、どこの国でも、おすすめというくくりで話をできるほど、ビジネスにおいての違いは、海外と括ってしまうのであれば、ありません。

したがって、私は、転職希望者が好きになっている国に転職できるように、転職エージェントにお願いしてみることをおすすめしています。

 

夢の海外勤務を手に入れよう!

海外で勤務をすることに夢を抱いている人は多くいます。

しかしながら、海外への転職を考えて実行する人はそれほどには多くはありません。

つまり、海外で暮らしながらの仕事を選んで転職するということは、周りにない良いキャリアを積むことにもつながり、今後の人生にも非常に役に立つ経験となります。

夢を叶えることは、なかなかできるものではありません。

ですが、海外への勤務となると、転職希望者側が一歩踏み出せば叶えられる夢へとなります。

一歩踏み出して、海外への転職を叶えて、人生を180度好転させていきましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.