転職サイトとハローワークどちらがおすすめか?徹底比較!

転職サイト

転職サイトとハローワークどちらがおすすめか?徹底比較!

投稿日:

転職希望者
今までなら仕事を探すならハローワークでしたが転職サイトも興味ありますがどんなメリットがあるのでしょうか
転職希望者
メリットが大きいのは転職サイトとハローワークどちらでしょうか

私の元に転職相談へやってくる転職希望者から、転職サイトとハローワークを比較してどちらが良いのかと相談されることがあります。

確かに、ハローワークも転職サイトも、一見似たようなサービスです。

ただ、ハローワークと転職サイトは、採用までの流れの違いなどが大きくあるので、それぞれに全く違う特徴を持った別のサービスです。

なので、ハローワークも転職サイトも、それぞれの良いところと悪いところがあるので、私が「どちらが良いのか」と上記のように相談を受けた際には、併用をすれば効果が出る場合もあるので、ハローワークと転職サイトは、その人次第で判断が変わると答えています。

では、ハローワークと転職サイトで悩んだ時はどのようにすれば良いのでしょうか。今回は、ハローワークと転職サイトについて比較して、有効な活用方法をお伝えいたします。ぜひハローワークと転職サイトの利用で迷っている人は参考にしてください。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

転職サイトの良いところ、悪いところ

「転職サイトの良い評判を見ましたがどのようなメリットがあるのでしょうか」

転職サイトは、一見すると、無料で求人が探せて評判も良いので、良いところばかりが見受けられているので、悪いところがあまり目立たないようになっています。

今回はハロワークとの比較検討をしなければならないので、まずは良いところと悪いところをお伝えしていきます。

良いところ

転職サイトの良いところは、全国中の求人情報を、条件や、地域で絞ったうえで検索をするだけで求人情報が見ることができるなどの自分である程度自由に転職活動ができるサービスだということです。

気にいった求人があれば、サイト上から求人へ応募することも可能です。

Web上に情報が掲載されており、24時間の間で、気になった企業の求人へ自分の好きなタイミングで応募できることはかなりの強みです。

さらに、機能としてスカウトサービスといった、企業側からの逆オファーを備えていたり、転職サイトによっては、業種特化型の仕組みを持っているなど、転職サービスとしての、公共機関が運営しているハローワークには取り揃えていない機能を多数取り揃えています。

 

 悪いところ

転職サイトの悪いところも、もちろんあります。

転職サイトの悪いところは、ハローワークや、転職エージェントとは違い、担当者が在籍して自分を指導してくれるようなサービスではないため、自分で全ての転職活動を進める必要があるということです。

第二新卒などの初めての転職を経験するような人は、この点で言うと、面接にどのように臨めばいいのかや、給料面で自分の希望を叶えたいなどの、転職活動に関する悩みを持った際に相談できないという点は悪いところになるでしょう。

 

ハローワークの良い所、悪い所

「ハローワークの良い評判をあまり見ないのですが何か悪いところがあるのでしょうか」

私が最近転職希望者に感じているのは、転職サイトや、転職エージェントなどで求人情報をネットで検索することに慣れているので、ハローワークのサービスに物足りなさを感じている人が多いということです。

実際に上記の質問は、直近の転職相談の際に、転職希望者から私に受けた質問なのですが、聞いていくと、どうやら、スカウトサービスや、転職エージェントの求人紹介システムのような仕組みがあまり無いのでハローワークがおすすめできないという内容の評判を見ての質問だったようです。

本当にハローワークの求人紹介システムは悪いのでしょうか。

そこで、転職サイトと比較するには、本当にハローワークが悪いところばかりなのかをしっかりと掘っておかなければならないので、ハロワークの良いところと悪いところをまとめていきます。

 

良いところ

ハローワークの何よりもの良いところは、厚生労働省が運営をしている行政機関だということです。

転職サイトが民間企業によって運営されているので、スカウトシステムなどの機能で転職希望者をサポートしていますが、行政機関であるハローワークは、利用すると、早期就職手当や、失業保険の受給など、給付金制度を利用することができます。

さらに、転職のサポートとして、職業訓練を受けることもできます。そして、職業訓練を受ければ、さらに給付金も増えるなど、失業中でも、経済的に援助を受けながら、転職先を探すことができます。

 

悪いところ

ハローワークの悪いところは、瞬発性が無いところです。

ハローワークはまず、利用したいハローワークに出向く必要があり、さらに営業時間が、だいたい17時までと、営業時間があるゆえに、実質は、利用制限が設けられてしまっています。

さらに、応募ごとに求人票を窓口に提出するなど、転職サイトが、直接企業へ応募できるシステムとなっている点とは違い、一旦は、ハローワークを挟んでの企業へ応募が伝えられるというシステムとなっています。

つまり、間にハローワークが入っている分、手間と時間がかかるのです。この点が融通きかないので、悪い評判がハローワークへ向けてはちらほら見受けられます。

 

転職サイトとハローワークの求人の質の違い

「転職サイトとハローワークって求人に質の違いがあるようなことはありますか?」

転職サイトと、ハローワークの違いで、様々な部分を気にする転職希望者がいますが、1番違いとして気にしている人が多いのは、求人の質の違いです。

転職相談中に、ハローワークと転職サイトを比較するような話になった時には、必ずと言って良いほど気にしている転職希望者がほとんどです。

実際には求人の質に違いはあるのでしょうか。

まず、求人の質を比べる前に、ハローワークに集まる求人と転職サイトに集まる求人がどのように集まっているのかをまとめます。

ハローワークに求人を掲載するには、企業側が、ハローワークに申請さえすれば無料で掲載することが可能です。

そしてその求人は、あくまで求人を掲載するという形式になるので、転職希望者を募るだけではなく、新卒での採用なども見込む形にもなります。

つまり、ハローワークに出している求人は、大企業から中小企業まで、幅広い企業が就職をしてもらうことを目的に求人を出しています。

対して、転職サイトは、求人を掲載するために、転職サイト側に掲載料を支払う必要があります。

そして、あくまで掲載先は、転職サイトとなるので、転職希望者へのアプローチとなるのが基本です。

転職サイトに求人を出す場合には、企業側も費用を支払うものとなるので、費用対効果が見込めなければ、転職サイトを利用しないでしょう。

そのため、転職サイトに集まっている求人は、転職サイトに費用対効果を見込んでいるような、転職サイト経由で就職した人が良い人材だったなど、企業側が転職サイトにメリットを感じている企業ばかりが求人を掲載しています。

 

実は、転職サイトとハローワークの求人の質の違いは、この求人を掲載するための方法の違いから明確に現れてしまっています。

ハローワークは、行政機関なので、申請すれば、どんな企業でも無料で掲載できるようにしています。

つまり、求人の質の向上自体に重きを置かず、あくまで、転職希望者へは就職先を紹介する。企業には転職希望者を紹介することだけに主眼が置かれて、全ての人に平等の姿勢が置かれています。

そのため、ブラック企業と呼ばれるような企業でさえも利用できてしまいます。

ですが、転職サイトは、自分達の採用における、年収などの条件や、どのようなことをやっているのかを紹介などをしたうえで、掲載料を支払ってまで転職サイトを利用している企業ばかりなので、年収面の条件が低い企業などは、転職希望者が現れず、掲載料だけ支払うだけになるので、自然と、口コミが悪く評判が低いような企業は転職サイトから離れていくので、淘汰されていきます。

つまり、構造の仕組みから言えば、転職サイトの方が質のいい求人が集まりやすいと言えるのが現状です。

 

応募方法の違い

応募方法の違いにも、転職サイトと、ハローワークの違いは顕著に現れています。

この点でも、転職サイトの方が優れています。

まず、転職サイトの応募方法から説明すると、転職サイトは、応募もいたって簡単で、求人を募集している企業を転職サイト内で検索をして、応募したいと思えば、その企業の転職サイト内の専用ページから応募まで進みます。

これで応募が完了するので、24時間いつでも応募することが可能です。

対してハローワークの応募は、ハローワークにて営業時間内に、求人検索端末や、相談員への相談などで、目的の求人を見つけたら、求人票を窓口に提出し、その場で応募先企業への対応がとられ、面接などの日程が決まるという流れになります。

応募するまでに、足を運んで、わざわざ書面を提出しなければいけない手間があることを考えると、転職サイトの方が気軽に利用できると言えるでしょう。

 

募集内容の違い

「転職サイトに掲載されている求人がハローワークでは募集内容が異なっていました」

基本的に、募集内容の違いはハローワークと転職サイトで大まかに捉え方などが変わることはありません。

ただ、企業によっては、ハローワークと転職サイトを共に利用している場合だと、掲載内容に相違がある場合もあります。

それは、転職サイトの特性と、ハローワークの特性を考えて、求人が集まりやすいように掲載内容を故意に変えているという可能性などがあります。

ただ、転職サイトであっても、ハローワークであっても、求人に掲載されている内容が約束されているというわけではないので、しっかりと事前に企業側にコンタクトをとって説明してもらうのがベストでしょう

。聞きにくいでしょうが、失礼なことを聞いているわけではないので、そこは積極性を出しておきましょう。

 

検索のしやすさ

求人の検索がわかりやすいのも転職サイトとなります。

ハローワークは、求人情報検索専用端末をハローワークで利用したり、ネット上から、求人を検索することができるのですが、いずれも、少しわかりにくいものとなっています。

ですが、転職サイトは、業種特化型のサイトが用意されていたり、多くの業種を取り扱うようなサイトでも、詳細検索が容易にできるなど、非常に簡単に利用できるように作られています。転職サイトが多くの情報を得るためには、検索の面ではおすすめでしょう。

 

同じ求人が転職サイトとハローワークで掲載されていた場合どっちを利用すべき?

「転職サイトとハローワークで同じ求人が掲載されていたのですが、どちらを利用すればいいでしょうか」

多くの場合よくあるパターンが、ハローワークと転職サイトで、全く同内容の求人が掲載されていた場合、どちらでの応募がメリットがあるのかという質問です。

私はその場合は、ハローワークではなく、瞬発性がある転職サイトをおすすめしています。

転職サイトは、サイト内のメッセージ機能でメールのようなやりとりを企業側とできるなど、転職希望者に手軽に利用できます。

ハローワークに出向くのであれば、ネットで全てを完結させるという点では、ハローワークよりも転職サイトの利用がおすすめでしょう。

 

転職のプロの手を借りたいなら転職エージェントを登録しよう

「転職を自分だけでやるには不安があります」

「転職サイトやハローワークを利用しているうちにどこに応募すればいいのかわからなくなってしまいました」

ハローワークや転職サイトは、どちらも、自分の力で求人を探していく必要があるサービスになるので、自分がどこに転職したいのかなどといったことを、明確な指針立てなければ、上記のような悩みを抱えることになってしまいます。

そういった場合には、転職のプロが助言をしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトとは違って、転職エージェント側が、求人を紹介してくれたり、面接指導や、応募書類の添削などもおこなってくれるサービスです。

いざ、転職先選びに困った場合には、プロに相談してみるのも1つの手です。

転職エージェントとは?利用方法やメリットを詳しく解説!

転職希望者転職の際に有効なサービスって転職エージェントは紹介されていましたけど本当ですか? インターネットを使って転職活動を行うことが当たり前となっている現代において、転職エージェントを利用することは ...

続きを見る

 

あなたにピッタリのサービスで転職を成功させよう!

転職サイトとハローワークを主に紹介してきましたが、ハローワークも転職サイトも、もっと言えば、どのような転職サービスも、メリットもデメリットも当然ながら持ち合わせています。

そんなメリットもデメリットも全てを理解したうえで、どのサービスがいいのかを選んでいくことで、転職に力強い味方に転職サービスがなり変わってくれます。

転職サイトと、ハローワークだけではなく、様々な転職サービスを見比べてみるのもあなたにピッタリのサービスで転職を成功させることにつながります。

自分にあった転職サービスを見つけて転職を成功させていきましょう。

 

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.