転職でおすすめの業界とは?業界の選び方をご紹介!

転職お役立ちコラム

転職でおすすめの業界とは?業界選びのコツをご紹介!

投稿日:

転職でおすすめの業界とは?業界選びのコツをご紹介!

転職希望者
現職の休日が少ないので業界を変えて休日を多くしたいですが業界を選ぶことに悩んでいます

転職希望者
転職する業界を変えることで年収を上げたいですがどの業界を選べばいいでしょうか

最近の転職希望者は、上記のように、業種を変えることを検討する転職希望者が増えています。

これは、終身雇用が終わりを迎えてきている現在の日本で、転職に負の意識を感じていた以前とは変わり、仕事をあえて変えることで、人生を良い方向に変えていくと考えているような転職希望者が増えてきたことが要因です。

そんな流れは、求人を出す企業側も加味してきているので、専門職であるSEやWebエンジニアなどの業界で、未経験歓迎の求人を出す業界が増えてきました。

このような流れから、現代の転職は、未経験の業界へのチャレンジが容易になったので、今の自分の待遇を良いものにするために、転職先の業界を見直していく動きを見せている転職希望者も増えています。

そこで、今回は、職するならどのように業界を選ぶべきなのかをお伝えいたします。

業界を変えて、環境を整えたい人などは是非参考にしていきましょう。

  • この記事を書いた人

上田 勝利(うえだ かつとし)

新卒採用や中途採用、アルバイト採用などの採用媒体を専門に取り扱う中小企業に、営業として新卒で入社。
実際に企業側から、実際の応募者の動きに対して質問をいただき、アドバイスをさせて頂く経験も多くあったことから、企業がどういったことを求職者へ求めているのかなどは熟知しております。
このサイトではこれまで私が培った経験をみなさまに配信しております。

今転職するならおすすめの業界は?

G:\マイドライブ\00_社内通知\70_プロジェクト\01_ベース・プロジェクト\03_オウンドメディア事業プロジェクト\05_画像\074_転職エージェント・口コミ

転職希望者
転職するならおすすめの業界はどこ?

上記のような質問を転職希望者からかなり質問をされることがあります。

政府の働き方改革などで、働きやすさに転職希望者も注目しているので、自分が働きやすさを求めて業界の移動などを考える人も多いのでこのような質問が多いのでしょう。

そこで、まずは、転職するならおすすめしたい業界を、転職者の希望が多い別に

  • 年収が高い業界
  • 今後年収が上がる期待がある業界
  • ワークライフバランスが整えられる業界

をご紹介いたします。業界を決め切れていない人は是非参考にしましょう。

年収が高い業界

電気、ガス、水道などの公共インフラ業界がおすすめ

インフラは供給源が人間の生活と直結しているので、会社自体が無くなる可能性がありません。

また、インフラの自由化も進められているので、電気やガスで各会社が競い合っています。

そこで、インフラを整備している業者同士で優秀な人材の確保ですら競い合っているので、年収も上がっていきます。

 

今後年収が上がる期待がある業界

IT業界がおすすめ

IT業界は、世の中のIT関連の発達につれて、人材の確保を必要としています。

その中で、年々人材不足が深刻化してきているので、専門のスキルが必要なIT業界のエンジニアなどは、年収が高まってくるでしょう。

 

ワークライフバランスが整えられる業界

IT業界と自動車業界がおすすめ

 IT業界 は、ヤフー株式会社に代表されるように、テレワークで自宅で仕事ができる企業が増えており、週休3日制を導入する企業なども増えてきています。

IT業界は、パソコン1台あれば仕事ができるエンジニアなどが多いことから、テレワークの導入などに積極的なので、自宅で介護や子育てをしながらでも、仕事ができます。

 自動車業界 は、ダイハツ工業株式会社や、ホンダ技研工業株式会社(Honda)が公表しているように、有給の取得率が90%以上を超えている企業が多くあります。

有給休暇もバリエーションを揃えられており、半日休暇など、柔軟に有給休暇を取得できる制度が作られているので、有給休暇も取りやすいでしょう。

私の知人もとある某大手車メーカーですが、つい最近1週間有給休暇を取得して1人旅に出かけていましたので、そのことからも実感しています。

 

希望をかなえられそうな業種の選び方

希望をかなえられそうな業種の選び方

転職希望者
休日が少ない業界は嫌だ

転職希望者
有給休暇が取得しやすい業界に行きたい

転職を考える多くの人は、少なからず何かしらの不満を現職に持っていることが多く、の不満を解消してくれる業界に転職を希望するパターンがほとんどの人の転職パターンです。

仕事に対する希望として、福利厚生や、年収や、休日。こういったものに希望を持つ人が多いですが、希望の内容は人それぞれです。

まずは、興味がある職種や業種をピックアップしておき、勤務形態などの内容を、転職サイトの職種一覧から求人を調べて、自分の希望を叶えてくれるかを分析しておきましょう。

このように分析していくと、感じることがあるでしょう。

それは、業種や職種で、ある程度の仕事の大枠の形はできあがっているということです。

その大枠が自分に当てはまるのかを確認することが、自分の希望を叶えてくれるかを診断し、業界を分析していくことにつながります。

 

業界や職種によって成功のタイミングがある!

転職希望者
アパレル業界で洋服のデザインをすることに憧れがあるのですぐにでも転職したいです

転職希望者
音楽業界にチャレンジしてみたいと希望を持っています

基本的に業界や業種によっての成功のタイミングは、求人募集がその業界や職種の求人が多く出る時期となります。

なので基本的には、その時期に合わせた転職活動を考えることが転職成功を掴むきっかけとなります。

ですが、その判断したタイミングが失敗している転職希望者が多いと感じています。

音楽業界や、アパレル業界などに実は憧れを持っているような転職希望者が、その気持ちを我慢して、金融や広告などの他の業界で営業おこなうなど、希望業界とは全く違う業界で働いているということは、よくあります。

そのような転職希望者は、勢いだけで自身が判断したタイミングで成功すると判断して、希望業界への転職ができるように転職活動に向かっていく傾向にあります。

業界によっておすすめの求人が出るタイミングは職種などで様々です。

音楽業界を例に見ていきましょう。

音楽業界の例

音楽業界で専門職に就くためには、キャリアが必要となるので、レコーディングエンジニアなどの職種だと、業界の時期や流れに関係がありません

つまり、ほとんどの音楽業界の専門職は、縁故採用となっています。

なので、ほとんどの音楽業界への未経験での転職希望者は、営業職として音楽業界に採用されていますので、未経験の転職希望者が、音楽業界に転職するには営業職が基本となります。

そこで、現在の音楽業界の未経験者歓迎の求人が出るタイミングの予測ができるのは、営業職が求められやすい時期の、企業の期末である、9月3月ということになるでしょう。

上記の音楽業界の例のように、業界や職種の動向を調べたうえで行動していかなければ、そもそもが未経験者歓迎の求人が出てこないということもありえます。

なので、気持ちだけで動くような危ない転職活動は避けるべきなのです。

業界や職種の動向を調べたうえで、行動に理由が説明できる転職活動をおこなっていきましょう。

 

悩むなら転職エージェントのカウンセリング

転職エージェントとは

転職希望者
自分1人では転職先の業界を決めかねてしまいます

未経験の業界に志望する場合に面接が不安です
転職希望者

転職希望者
自分におすすめの業界があれば教えて欲しいです

上記のような悩みは、転職希望者からよく聞かれる悩みとなっています。

このような悩みを持つ転職希望者には、転職エージェントの利用をおすすめしています。

世の中のすべての転職希望者が、自分が希望を持っていない業界をすべて知り尽くしたうえで、自分で適切な判断をこなせるというわけではありません

さらに、自分の希望しているような条件を満たした企業が存在している業界を自力で見つけ出せているわけでもありません

そこで、転職のプロが転職活動をサポートしてくれたうえで、おすすめの業界なども紹介してくれる転職エージェントに頼ることをおすすめしています。

転職エージェントは、担当エージェントが、転職に関してのコンサルタントとして、転職希望者の希望条件に近い求人を出している企業を紹介し、さらに、面接指導や、提出書類の添削などのアドバイスもおこなってくれます。

そのうえで、転職活動の悩み相談も受け付けてくれるので、転職に関しての悩みがあれば、頼って損はない存在です。

転職を機に働く業界を変えたいけれど自分の希望の業界がない場合などは、様々な不安も出てくるでしょう。

そのような場合や、自力で転職活動ができない場合には、転職エージェントを利用することも1つの手段となります。

 

おすすめの転職エージェントランキングトップ3

転職希望者
転職エージェントはどれを選べばいいでしょうか

転職エージェントは転職に関してのプロですが、近年は様々な企業が転職エージェントへ参入し、乱立の様相を見せてしまっています。

そこで上記のような質問を持っている転職希望者が多く存在してしまっています。

転職エージェントは、本来は望の業種や業界によって使い分けるのが1番の利用方法です。

しかし、あまりにも乱立しているので、自分では探せないという人もいると思います。

そこで、どのような転職希望者にもおすすめできるような、総合型と呼ばれる、多くの種類を取り扱っている転職エージェントをランキング形式でトップ3を厳選してご紹介いたします。

ここで出てくる転職エージェントはすべてを併用しても効果が出てくると思いますので、ぜひ参考にしてください。

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

1位はリクルートエージェントです。リクルートエージェントは、転職エージェントの中で、最も求人数を持っている転職エージェントとなります。

所持している求人数が多いので、業界内で紹介できる求人の数も豊富に用意されているという事になります。

つまり、希望の業界がある転職希望者にも、相談したうえで未経験の業界に転職を希望する転職希望者にも、対応できる力を持っている転職エージェントです。

 

2位 マイナビエージェント

マイナビエージェント2位はマイナビエージェントです。リクルートと共に、人材業界の大手ですが、マイナビエージェントは、総合型に形式をとりつつも、実質は20代後半から30代前半を対象にしているような転職エージェントとなっています。

マイナビエージェントの特徴として、第2新卒のような、転職未経験者が多いので、そのような転職希望者に対応できるように、担当者が親切に対応しているという点があります。

実際に、イナビエージェントの利用者から担当者が親切だったとの評価が多くあるので、未経験の業界に転職する場合に、第2新卒の転職希望者が多い点を考慮し、当者の対応に定評があるマイナビエージェントを大手という点も考慮して2位としました。

 

3位 パソナキャリア

パソナキャリア3位はパソナキャリアです。パソナキャリアは、派遣事業にて築いてきた様々な企業との関係を駆使して、正社員の紹介をおこなうようになった転職エージェントです。

そのため、他の企業が持っていないような独占の非公開求人を持っていることも多いので、パソナキャリアへ登録すると、思わぬ業界の求人を紹介されることがありますが、世の中の評価としても、キャリアアップをつかみ取ったなどの声が多いので、信頼ができる転職エージェントでしょう。

全国に比較的に拠点があり、本当の意味で総合的に、年齢を問わずに様々な企業を紹介しているので、総合型の転職エージェントとして評価して3位とさせていただきました。

 

自分の希望を明確にした行動で成功に導こう!

自分の希望を明確にした行動で成功に導こう!
転職に失敗を感じるのは、自分が納得できない転職をおこなってしまった時です。

逆に言えば、自分が納得をした転職を掴めば転職は成功だと言えます。

難しいように見えますが、自分が納得するような転職を掴むことは難しいわけではありません

納得できる転職を目指すために、転職エージェントを利用することや、自分が希望している業界を明確にしておいて分析したうえで行動をとるなどで、あらかじめ失敗を避ける行動をとって成功への確率を上げることができます。

結局のところ、納得した転職をおこなえば転職は成功なので、転職の成功を決めるのはあなた次第です。

転職を成功させるために、自分の希望を明確にした行動で転職を成功に導いていきましょう。

Copyright© 転職エージェントおすすめ.jp〜転職サイト比較ランキング〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.